<< しんしんしんしん 「ギャラリーくれい」にてグルー... >>
黙して語らず。
b0156116_21451025.jpg

 我が家の目の前に広がる田んぼ。


今日は昼前から瀬戸のギャラリーへ仕事に出ていて、
ちょうどとっぷり日の暮れた頃帰宅。
駐車する時、ふとヘッドライトに照らされた朽ち葉色が目に入った。
その上には明るいお月さん。


朝から、冷え込みは今年一番とかで、
岐阜でもちらちら小雪が舞っていた日中。
雪は止んで、沈む間際に陽さえ差していたものの、今晩はしっかり冷えています。

工房の温度計はストーブ焚いても軽く10℃下回っている。

でも、なんだかやっぱり冬は好きだよなあ
と、毎年この時期思い直す。

体は縮こまるし、霜焼けは両手両足ひどいし、
なによりものの乾きがぐっと遅くなって、仕事の作業効率が上がらないから、
フラストレーションが溜まる。

けれど、今日のように街へ出たり、そうでなくても庭で作業中ふいと気を緩めた時
肌よりももう少し内側で感じる、空気の静かさ。
澄みよう。
とてもとても心地よい。

とりわけ夜。

春はごそごそとにぎやかで、夏はむんむんと落ち着きない。
秋は秋で、静かにはなるけれどどこかお疲れ気味。
あえなく落ち入る沈黙だろうか。

その一方
冬には、内にこもった静かさ、というか
「自ら押し黙って、じっと耐える空気」がある。

口は真一文字に結んで、拳は固く握られている。
腹には力がこめられていて、足の裏は地面をがっちり踏み締めている。

無駄口叩くことなく、ひたむきに自分をまっとうしようとしている、
そんな像を勝手に描いてしまう。
冬。


どちらかと云えば、ああだこうだとまず口から先にでて語りたがってしまう僕は、
そういう寡黙さに憧れる。
そうでありたいと願う。

潔さ。




そんなことを、
冬の夜空に思うのです。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-01-11 22:43 | 考える | Comments(0)
<< しんしんしんしん 「ギャラリーくれい」にてグルー... >>