<< 意外と音楽好きなのです。 僕を作ってきた作家達・6 >>
期待は気体のように、
ここしばらくなんだかとても忙しい。
とはいえ、そのわりに結果が出てきていないので正直しんどくもあるのだけど
そこへの結びつきを焦って求めないで、じっと辛抱辛抱。
そんなとき、忙しくしている内容に自分が納得できていること、それだけがほとんど唯一の支え。

大丈夫大丈夫  
と唱える。


今日は旧くからの友人であり、文字どおり同志のAが我が家に来てくれた。
彼とはいつ会っても、互いに尽くせないくらいの語りたい“思い”があるからか、ひたすら喋り続けることができて
今日も夕方から延々と。

もちろん立場もアプローチも違うのだけど、ここ数年来見ている方向は同じようで
岐阜へ来て以降、ともすれば忘れがちだった僕の中の危機感を掘り出して、交換しあえたことは
タイミングとしてもとても有り難かった。



傷付くのを恐れてあえて“期待”しないのでなくて、
存分に期待して、それを推進力に変えていく。

ただただ期を待つだけでは、あたりまえに明日は来て
そうしてまた、ただただ待つ今日が過ごされるだけ。

期待はそれ自身形にはならないけれど、形あるものを動かすための風にはなるわけで

あとは、どんな形をどちらへ動かすか、それさえ明確に意識できればきっと‥

と期待して。




‥思いは尽きません。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-03-21 00:50 | 考える | Comments(0)
<< 意外と音楽好きなのです。 僕を作ってきた作家達・6 >>