<< 春色益子陶器市 期待は気体のように、 >>
意外と音楽好きなのです。
b0156116_2225993.jpg
わあ4月。
毎日がびゅんびゅん過ぎる。


ついさっきラジオから荒井由実の「卒業写真」が流れていた。
この時期さして珍しくないのだけれど、
いつもなら聴き流すのだけれど、

ふと気を緩めた隙に、ひっぱられて、のみ込まれて
平静に聴いてはいられなかった。


  話しかけるように ゆれる柳の下を
 通った道さえ今はもう電車から見るだけ

 あの頃の生き方を あなたは忘れないで
 あなたは私の 青春そのもの

 人ごみに流されて 変わってゆく私を
 あなたはときどき 遠くでしかっって


 あなたは私の 青春そのもの




あの頃の自分の生き方が正解だったかは、今もって分からないけれど
あの頃の全部を青い春としていっしょくたに抱えたまま、この先もいきたい。



先日ひとまわり年上の人の車に乗せてもらった時、HDプレイヤーの中に松田聖子をみつけて
それを一通りかけてもらいながら喋ったこと。

松田聖子や荒井由実、山口百恵。松山千春にはっぴいえんど、さだまさし。
70〜80年代の音楽って本当にいい。
今でこそ細かにジャンリングされてしまうのだろう、いわゆる歌謡曲。

ゆるいくくりだったからこそ、言葉や形などなど外からのアプローチに始まることなく
内から溢れるにまかせて生まれ出た音楽。
そんなところだろうか。


そうでなければ、どうしてこうもあの頃の曲に惹かれるのだろう。


日々ラジオをにぎわす最近の音楽の大半は、恐ろしくぺらぺらです。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-04-02 22:48 | 聴く | Comments(0)
<< 春色益子陶器市 期待は気体のように、 >>