<< 間 再会 >>
b0156116_20355195.jpg茄子の味噌炒め。
うちの定番。

茄子の高値が続いていたので、ひさびさに。



数年前、とあるひとから「味噌、すきだね」と言われて初めて自覚したのですが、
どうもひとよりずっと味噌に惹かれるようです。

確かに、
我が家の食卓では汁物にはもちろん、炒め物に煮物にカレーに、調味料としてたびたび登場します。

とりわけ赤味噌。
生まれも育ちも尾張三河のなごや人ですから。


信州や京都なんかのとは違い、100%豆味噌。
見た目も味もお世辞にも上品とは言い難いのですが、あの甘味と塩味と酸味の絶妙なバランス。
その重層感といったら‥


進学・転勤などなど、愛知を離れるなごや人は基本まず実家から味噌を送ってもらうのです。
いわゆる赤出し味噌と、つけたりかけたりソースタイプの赤味噌。



思い出してみれば、料理に興味を持ち始めたと記憶する小学校中学年頃、
母方の祖母が近所の仲間と毎年作っていた自家製味噌に惚れ込んで
おそらくはせがんだのだろう、写真入りの詳細なレシピを送ってもらってまでしてたっけ。

そのレシピはいまだ活かされていないのだけれど、
実は今年その味噌作りを夢見て、まず大豆を育て始めたのです。


これまでなんども「作ろう」と心に決めながら、大豆の高騰に阻まれてきたわけで
それこそいつ実を結ぶかは分からない遠き道のりだろうとも、いっそ始めから自分の手で、と。

農業のほんの隅っこに手を貸してきたこれまでの経験上、さほど困難な作物ではないな
という判断の上。




にしても本当に、先人達の食における工夫の積み重ねには頭が下がります。

味噌。
それひとつとっても、この全国的な多様性。



米・塩・味噌・醤油・酒。
このあたりにちゃんと気遣える食生活を。
目下の願い。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-05-26 21:31 | 食べる | Comments(4)
Commented by 龍の住人 at 2009-05-27 09:51 x
ウチも大豆をやるつもりが、
いつも枝豆で食べつくしてしまいます
美味いんだな~これが・・・
Commented by aji-kyuu at 2009-05-27 21:51
どうもどうも。

我が家は食い手が一人なんで、食べ尽くすなんて‥

と言いながら、
ダイズって虫が付きやすいじゃないですか。
で、早くもひと畝激しくやられているんですよ。

穫れるのかなあ。
Commented by n107 at 2009-05-28 19:13 x
我が家は昨晩、お茄子と豚肉のお味噌いためでした。
今日のお昼も残り物で(笑)
何年か前までは母がお味噌を作っていました。
私も一度だけ作ってみましたが多分麹菌をすって
じんましんが一瞬でました。でそれっきりです。
母がつくったものの方が美味しかったし・・・(笑)
お味噌は広く深いですね。
Commented by aji-kyuu at 2009-05-29 20:05
本当に茄子と味噌の相性は抜群ですよね。

祖母の味噌は豆がやや形を残していて、酸味が強め。
中華料理の豆鼓にどこか近しい味がして、
僕は麻婆豆腐によく使いました。

底知れない魅力に、あわや深入りしてしまいそうです。
<< 間 再会 >>