<< 僕をを作ってきた作家達・8 遠くなり近くなる水音のひとり >>
作る暮らし
b0156116_21193248.jpg
蛙の輪唱が随分と威勢良くなってきました。

気付けば、周辺の田んぼに水が引かれ始めています。

麦が黄金色を通り越して赤々となびく今時期、その隣では田植えが近付いているようで。


岐阜県のブランド米「ハツシモ」は秋も深まり初霜が降りる頃、ようやく刈り穫るという晩生種。
他から遅れることひと月ほど。
今日寄った農協の直売所脇では苗がぎっしりとスタンバイしていました。






ここしばらく米作りを始めとした農業ルポのような本を読んでいるので、リン酸やら窒素やら、ミニマムアクセスなんだかんだ‥

頭でっかちになって、よろしくない。

それでも
ふと顔を上げると田畑や農家さんの生活が目の前に広がっているこの環境に身を置くと、
なにはともあれ知りたい、という思いが。


知れば知るほど
手でものを作ることってなんであれ同じなんだと再認する。

食物、でさえも。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-06-08 22:00 | その他 | Comments(0)
<< 僕をを作ってきた作家達・8 遠くなり近くなる水音のひとり >>