<< 縁 なぜ隠す? >>
僕を作ってきた作家たち・9
b0156116_21452882.jpgやっと、部屋の床がべたつくような
梅雨らしい濃い湿気が室内にも充満するようになりました。

特に好きではないのだけれど、こうでなくちゃと。





僕が影響を受けてきた作家。
今回はこれまでとはちょこっと違う域での話。

現在の自分の基盤がいびつながらもできつつあった、
そんな頃。


とりたてて“師”を持ってこなかった僕にとって、あえてそう呼ぶとしたら
次の二人を迷わずあげたい。


中崎透(現代美術)
卯野和宏(絵画)


ともに大学の先輩。
とはいえ僕が入った時すでにどちらも院生。
歳だって相応に離れていた。

それでもひょんな縁で懇意にしてもらい、
飯に行くのはもちろん、炬燵囲んで鍋つついたり。
時には夜通しでプロジェクトを手伝ったり、
はたまた酒を挟んでの議論に付き合ってもらったり。


かたや、あらゆるメディアを横断的に使って社会に切り込む現代美術を。
かたや、ごくパーソナルな事柄を具象に託す丹念な油絵を。
傍目には対極にいるこの二人。

でも当時の僕にしてみれば、
形式との距離のおき方
そしてなにより、揺るぎない「作家」という姿勢において
二人は等しく仰ぎ見る“師”だった。


作るもののみならず、彼らの人となりにじかに関われたあの数年は
思い返すとそれはもう贅沢な時間だったと思う。


ともするといまだ
二人の間を振り子して、あるいは二人に引き裂かれるようにして
僕はあるのかもしれない。




そして嬉しいのは、
二人共にそれぞれの方向でたゆまず走り続けていて
変わらぬ背中を見せてくれていること。

透さんは遊戯室Nadegata Instant Party等々、場所を変え形を変え精力的に動き続けているし
卯野さんは明後日から渋谷東急百貨店で個展だそうで、その多忙がうかがえる。



あらためて、我が身の恵まれた出会いに感謝です。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-06-30 23:13 | 作る | Comments(0)
<< 縁 なぜ隠す? >>