<< 補足 戴きました。 >>
お金の使い方
b0156116_20453333.jpg
スーパーで見つけたまるまると太ったイワシ。

ちょうど食欲も停滞気味のこの頃なので
酢で煮て、冷やして、畑の恵みたちと合わせてみました。





赤土+白化粧+長石釉  片口碗



ずっと以前から、思いはすれど上手く言葉に結べなかった事柄があったのだけれど、
先日読んでいた本にピタリくる文言に出逢った。



かねてから“安い”ものを選ぶことにすんなり飲み下せない違和感を覚えていた。

“安い”の裏側にある諸々を考えると、申し訳なさが首をもたげる。


とある本の中で
「経済で買う」か「思想で買う」か
そう問われた時、僕は即答した。

経済的余裕を得た上での選択、なんていう前置きは無視して。

現実、経済力はまるで無い自分ではあるけれど
極力「思想」で買おうという意識は働いているようで、
端からすれば「なんでそこにカネかける?」なんてこともしばしば。


現行のシステムからしたら、そんな基軸でものを買うこと自体
錯誤的で、“得”をうるという意味において時流を逸してるのかもしれないけれど

本当はそうすべきだ、と多分誰もが気付いている。


僕は思想で買う。
思いと想いを買いたい。

翻って

僕は思想で作り、思想で売る。


だから
お客さんが買うと決めてくれた時点、お金の介在する以前に、
僕のもの作りは完遂しているのだと思う。



どうやらこれが意外と理想論に終わらないようなのです。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-07-14 21:21 | 考える | Comments(0)
<< 補足 戴きました。 >>