<< 僕を作ってきた作家達・10 —... 湯にすくむ >>
Smile,please.
b0156116_2152309.jpg数日前、雨雨雨で沈滞する気分を変えてやろうと
ドーナツ揚げてみました。
手軽においしくできるものなんですね。

あっけなくてちょいともの足りなかったけども、
サクッふわに免じて。


ともあれやっぱりこの器には焼き菓子とかも合うよなあ。


白土+灰釉  五寸皿



話は飛んで

今日は午後から諸用でトラックを借りに。


ありふれた町の大手レンタカー屋さん。
そこで接客してくれた制服の店員さん。


それはそれはとてもいい笑顔をしてくれる方で、
営業スマイルと知りつつも
その屈託のなさに思わずつられてこちらも笑顔に。

僕といくらも違わないであろう彼女には
接客以前、たぶん人としてずば抜けたコミュニケーション力を持っているのだろうな。
あの対応、頭でできるものじゃない。

返却時、見送りに出てきてくれた彼女の表情と小気味のいい声は
一日の疲れをひょいと軽くしてくれました。

ごく自然に
「ありがとう」と口をついて出る。




翻って、
そんな僕はちょっと気を緩めると
怒っていたりふて腐れているように見えるらしく、
ガラスに映る自分をふいに見止めて、ぎょっとすることすらあるのです。

せめてたまの人と会う機会くらい、と
気遣ってみたりするのですが、
すると後々、とんでもなく疲れる始末。



今日の素敵な方のように、ただそれだけで誰かをわずかなりとも幸せにできるような
そんな表情(そしてそれはおそらく内から滲み出すものであるわけで)に
僕もいつかなれる日が来るのだろうか。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-07-23 22:40 | その他 | Comments(0)
<< 僕を作ってきた作家達・10 —... 湯にすくむ >>