<< 御礼と、旅からの帰宅報告 明日から >>
益子の秋、間近です。
なんだか最近告知ばかりのページになっていますが‥

今日もお知らせをひとつ。



まだまだ先のこと、と目まぐるしい毎日に忙殺されていましたが
気付けばもうこの季節。


益子 秋の陶器市
10/31(土)~11/4(水)
午前9時頃~午後5時頃


益子町観光協会


毎年春と秋出店させていただいていますが、今秋も。




そんな益子陶器市
ご存じの方も多いかと思いますが
関東圏はもちろん、ほとんど全国一の規模を誇る大きな大きな露店販売イベントです。

益子駅前にのびるメイン通り両岸から脇道、各窯元や販売店、美術館敷地内に至るまで
街中がお祭りとなります。


ひとまずざっとお店をのぞいて‥
なんて言っていてはもうそれだけでぐったり、なんてことも。



出店しているのも、古くからの窯元さんや販売店、個人作家も増えています。

やっぱり陶器が主になりますが、他素材の方もちらほら。


おもしろいのは露店だけでもありません。
通りに面したカフェや雑貨屋、ちょっと奥まったところのギャラリーなどなど。

言わずと知れた陶芸家の記念館や美術館にももちろん見所はたくさん。



もとは山間の窯業地。
都市部からはやや距離があるものの
いまや僕の知る限りでは元気な地方の筆頭です。

作り手だけでなく売り手側も、住む側にもエネルギーをひしひし感じるエリア。



そして季節は秋。
山に囲まれる益子の景色は格別です。

きのこなどの山の秋味!



とりわけ僕の出店するスペース陶芸メッセ・益子「遺跡広場」は一番高い丘の上。
眺め良好、芝生も広がり
メインエリアの喧噪を遠くに聞きながら、ランチをひろげる家族連れも。
出店者とも気兼ねなくのんびり会話できる、各地の作家が集まったテントゾーンです。



さてさて
これまで一コマ分のスペースをゆったり僕一人で使っての贅沢な展示販売をさせていただいてきたわけですが
今秋よりスペースを分け合う仲間ができました。

大学時代から文字通り同じ釜の飯(窯の飯?)を食って、もの作りを続けてきた二人。
望月万里さんと山野辺彩さん。

僕の作るものを知る人は、この二人のものとの方向性の違いに驚かれるかも知れませんが
とはいえ二人ともに当時から僕には到底追いつけない器用さとセンスを持っていて
形はどうあれそれぞれのやり方で続けている仲間です。

正直二人の作るものをまともにみるのは学生の頃以来。
そのため今現在はそれらを具体的に紹介することができません。

だから
その分二人がどんなものを並べるか、僕自身楽しみなところ。


そういうわけで、今回はややスペースを狭めての展示となります。
もちろんスペースに合わせトーンダウンするつもりなどこれっぽっちもありません。

これまで通り与えていただいた場所を最大限活かしてお見せするつもりですし
ここ最近取り組んでいる新たな方向性の試作品も、この陶器市で初めて並べ、見ていただこうと思っております。

期待しつつお越しいただけるよう準備していますので、どうぞよろしくお願いします。 





一週間先からのイベントとなりますが、事情により早めのご案内となりました。


秋晴れの休みにドライブがてら、森の空気と街の活気を吸いにだけでも
是非ぜひお越しください。



今回は、どんな出会いがあるのだろうか。
これだからおもしろい、陶器市です。







それからまた、
繰り返しになりますが
現在、愛知県常滑市でグループ展「アテ ビト カ テビタ 協奏曲」開催中です。
明日24(土)、25(日)は常滑のお祭りにあわせ露店にての販売も。
お近くの方は、どうぞよろしくお願いします。   詳細
[PR]
by aji-kyuu | 2009-10-23 22:57 | 案内 | Comments(0)
<< 御礼と、旅からの帰宅報告 明日から >>