<< ついにひと段落 間もなくです! >>
有り難うございました!
昨晩、温泉の誘惑を振り切ってクラフトフェアまつもとより戻ってまいりました。


落ち着いて鏡を見てみれば、鼻の頭は真っ赤。
二日とも日中は本当に好天。
ふと涼しい風が抜けたりと、気持ちの良い松本で今回もまた楽しい二日間を過ごすことができました。

こんな仕事ができる幸せ。

それもひとえに、足を運んでいただいたお客さま、お店の方々の存在があってこそ。
冷静に思えば思うほど、感謝感謝です。


あのたくさんの素敵なものつくりの人々のうちから、僕のテント(というよりお茶箱の前)にたどり着き、
手に取ったり想像を膨らませたり、器を挟んで向かい合ってくださった皆様、本当に有り難うございました。

加えて、ご自分のテントが忙しいにもかかわらず訪ねてくださる作家の皆さん。
真剣にものつくりに向き合っている皆さんの目に適うか、も僕にとってとても気になるところ。
毎回ドキドキしながら、ご意見・アドバイス、有り難く受け止めています。
まだまだすんなり消化していけるような段にはいない僕ではありますが、互いが刺激になれるような“仲間”として、今後もどうぞよろしくお願いします。


最後に、「クラフトフェアまつもと」の主催者、スタッフの皆様。
いろんな意味で大きな大きなイベント。
その舵取りも並大抵の苦労では済まないだろうと想像します。

皆様方のご尽力がこんなに僕を育ててくれています。
あーだこーだと不平不満を漏らしつつも、心中本当に感謝しています。



クラフトフェア、手作り市等が乱立する昨今。
ひとつひとつ、その意義が問われてくる中、長らく運営してきているイベントの向かう先には大変な困難があることでしょう。
それでも、その時その時代を的確に反映して変化しつつ、なお「続けていく」ことの重要性は
毎度「まつもと」を体感するにつけ明らかです。

そのあり方は作家という個人の立場においても、よい勉強になっています。




さて、一山越えてほっとする間もなく
今度はそんなイベント主催の業務。

湯之根やきもの長屋まつり
の開催が週末迫っています。

もちろん、ギャラリーくれい運営メンバーとしての出店もしますが、
まずは企画主としてこのイベントの第一回の成功と、今後へのブラッシュアップを見据えつつ
昨晩の帰りの車中から、頭を切り替えて取り組んでいます。


ご興味ある方はぜひよろしくお願いします。


到らぬところばかりとなるでしょうが、きっとわくわくを持ち帰られるものとなるはずです。

ご期待下さい。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-05-31 21:32 | その他 | Comments(2)
Commented by よしかわふみえ at 2010-06-04 15:35 x
お久しぶりです。日本では松本展だったんですね。行きたいなぁ。再来年はぜひとも行きますね。ネットができる環境にないため、たまにしか拝見できないけど癒されます。日本の文化に触れられる気がして。。。では、頑張ってください~。
Commented by aji-kyuu at 2010-06-08 23:01
よしかわさん!

お久しぶりです。
今久々に日記をのぞきました。

何を言うべきなのか分からないけれど‥

僕は最近本で“水処理”の勉強を始めています。
興味わいちゃいました。


頑張って、そして少しでも楽しんで。


そんなよしかわさんに負けないように、
胸はれるように、僕も頑張ります!
<< ついにひと段落 間もなくです! >>