<< 合間はいつも埋まっている 有り難うございました! >>
ついにひと段落
b0156116_21433566.jpg愛知県瀬戸市のギャラリーくれいが主催して行われた
「湯之根やきもの長屋まつり」が一昨日終了しました。


本当に有り難いことに、またしても好天に恵まれ
予想以上の手応えが得られた「まつり」となりました。




貴重な休日の昼間を捧げてくださったたくさんのお客様、
会場提供等で多大なご協力をしてくださった湯之根やきもの長屋の方々と周辺住民様、
そして、第一回にもかかわらず快く参加してくださった作家の皆様、

本当にありがとうございました。




正直ここまで上手く運ぶとは思っていませんでした。
お陰様々。
すべてにおいて、周辺環境に恵まれたイベントでした。



とりわけ感謝したいのは、出店いただいた同業作家の方々。
こういう社会状況のさなか、自ら動き出すリスクを知りながらも皆前向きに参加いただきました。


これくらいの規模だと、こちら主催側も至らないながら目だけなら出店者皆にゆきとどくもの。
そうなると作家さんそれぞれの人となり、人生の一端が垣間見えるわけでして

人として作家として、とても学びになるとともに
企画者としては、責任という重圧がぐんと増してきます。

幸い、出店くださった方は本当に良い方ばかり。


雰囲気の良い、気持ち良くいられる場となりました。



パーティーなども通じて、今後の行く先がおぼろげながら明るく照らされてきた気がします。


始まったばかりの、大きな流れを意識した活動。
僕らでも一歩一歩地道を進んでいくことで必ず次へ繋げられる、と確信できたイベント企画でした。


湧いてくる意気とアイディアを冷まさぬように、これからも動き続けます。
どうぞご注目ください。




さてこれで僕自身8月までは表立った発表がありません。

とはいえご注文頂いているものがたまっていますし、
HPの更新作業等、すべき仕事は山積み。

一応のひと段落はつけておきますが、手綱を緩められるほど度胸はないもので
今日からやっぱり土作り。


気を抜くな。

と。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-06-08 22:27 | 考える | Comments(0)
<< 合間はいつも埋まっている 有り難うございました! >>