<< ことば 地に足つけて空を見上げること >>
「古いお盆と、どんぶり、小皿、豆皿」展
b0156116_211763.jpgあまらせていたパスタソースを卵でとじて
トマタマ丼

ものぐさ晩ご飯だけれど、たまには
いいよね?

そんな「のっけご飯」をする時に
ちょうどいい小ぶりのどんぶり。

還元白化粧    大碗

近々東京での展示会に出品します。

プロム・ナドゥ5周年企画
「古いお盆と、どんぶり、小皿、豆皿」 展

2010.10/7(木)〜10/12(火)(最終日は17:00まで)

僕達が集めてきた古いお盆100点。
そして、陶磁器の作家さん9人がこの企画の為に、
思い思いの「どんぶり、小皿、豆皿」を作って下さいます。


b0156116_2193344.jpg会場は東京都吉祥寺のPromenade(プロム・ナドゥ)
僕がまだ世間に器を発表し始めて間もない頃からお世話になっているお店。

生活道具とともに扱われている
アンティークでもなく骨董でもない、
程よく時間と人の手を過ごしてきた古道具にも惹かれつつ
作家セレクトの絶妙さにも脱帽します。

そんな素敵な空間で、しかもこんな作家さん方に混じって出展できるなんて
もうそれだけで嬉しい。


とはいえいただいた機会、活かさぬ手はないと結構気合い入ってます。

参加人数が多いため少量の出展にはなりますが
定番の白化粧のものから、上記還元白化粧の新たなアイテム、
半年前から取り組む緑灰釉のおすすめ品に、灰〆シリーズの新展開まで
今の“僕”と“食”と“道具”の関係がよく見て取れる内容になっているはずです。

また、プロムさんご夫婦が集められたお盆のいくつかも見せていただいたのですが
これもいい。
サイズや形もさることながら、質感といいますか、触感も様々で
漆のもの、白木のもの、カッチリしたもの、やわらかいもの。

しばらく前まで、そんな習慣はなかったのですが
僕自身ここ一年ほどとある木工作家のトレイを愛用していまして
盆やトレイの便利さはもちろん、それ以上の「使う楽しさ」を身に沁みて感じています。




歩くにも食べるにも絶好の季節。
お近くの方、ぜひお出掛けください。

ちなみに僕、安達もお客としてのぞきに(むしろ買い物に)行きたいところではありますが、
どうにも足を伸ばせそうにありません。
在店しておりませんので、ご了承ください。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-09-30 21:51 | 案内 | Comments(0)
<< ことば 地に足つけて空を見上げること >>