「ほっ」と。キャンペーン
<< 珈琲に この時代に作家をするということ >>
めじろ押しの11月
朝の水道にひやっとし、手のカサつく季節がやってきました。

ここのところ秋晴れの空が高くて気持ち良いものの
風の冷たさにタンスの中の冬装備を思う日々です。

少なくともあと一月は、ストーブに火を入れずしのぎたいなあ。



さてまずは関東圏の方へ。



益子 秋の陶器市

2011年11月3日(木祝)〜5日(月) 午前9時頃より

益子町観光協会



恒例の栃木県益子町の一大イベントに、今回もテントを出させていただきます。

出店場所はもちろん陶芸メッセ・益子「遺跡広場」
陶器市での最上段。丘の上。

益子はもとより、全国からの若手が集まる芝生広場。

眺望もよく、のんびりしたお子さま連れの方も多いため
平和な空気がただよう会場です。





続いて関西方面の方へ



工芸催 “安堵Meets...”

日時:2011年11月12日(土)10時〜16時
会場:富本憲吉記念館 中庭 ほか


今回が第一回。
富本憲吉ゆかりの地、趣きある庭園での小スケールのイベントです。

出展作家は以下。

安土草多 (硝子 岐阜)    
安達健  (陶器 岐阜)  
稲垣大  (金工 大阪)    
佐藤亜紀 (染織 京都)  
中久木祐介(木工 岐阜)    
奈良井志野(漆  京都)   
平勝久  (硝子 長野)   
水野幸一 (陶、ピザ 岐阜)



夏に他のイベントでお世話になった鍛金の作家稲垣大さんにお誘いいただき
陶器の大先輩、水野幸一さんらとご一緒させていただけることになりました。

入場料¥700で、ワンドリンクと自家製ピザをふるまってくださるようです。

こじんまりしているがゆえの、近しさ、愉しさを感じていただけるものとなりそうです。

どんなものになるのか、僕自身楽しみです。


イベントブログ


■主催 工藝催“安堵meets…”実行委員会  
〒536-0014 大阪市城東区鴫野西2-4-3-1F (有)マーノクリエーション内
TEL:090-6988-2311 mail : andomeets@gmail.com

■後援 富本憲吉記念館 
奈良県生駒郡安堵町東安堵1442番地





益子ではいろいろなテイストのものを鳥瞰してもらい、
安堵では会場の日本建築を意識したラインナップで、
そんなふうに考えています。


いずれのイベントでも、いつもどおり安達は「宇治のお茶箱」を展示台に並べますので。
どうぞ目印に。





b0156116_2033671.jpg沢山いただいた枝豆を、ご飯と炊き込む。


最近のお気に入りです。


先日の個展より再発の長石釉碗との相性は
ご覧の通り。


このシリーズもあるだけ持ち込みます。






関東関西とも、皆さまよろしくお願いします。


* ちなみに東海圏の方には「方々の豆皿 セト@瀬戸 展」。現在開催中です!
[PR]
by aji-kyuu | 2011-10-28 20:11 | 案内 | Comments(0)
<< 珈琲に この時代に作家をするということ >>