<< 一年の終わりに 今日からです。 >>
火を囲み
10日ほど空けていた家に、一昨日帰ってきました。


近所に新しいファストフードが建っていたり、
小屋が取り壊されていたり、
道路が新たに敷設されていたり、
遠くに見える山並に雪化粧がされていることに、今日気付きました。

2011年ももうわずかなのですね。



東京茗荷谷での ADACHI Takeshi "Noyaki" exibition が終了しました。

思い余って飛び込んだ、冒険的な企画。
正直なところ、
不慣れや力不足で満足とはほど遠い結果でしたが
それでも、作る過程での体験、作品を介したお客さまとの語らいの中で
本当に多くのものを得られた展示会でした。

ものというのは、いち個の現物それのみ以上の広がりをそもそもにして孕んでいるのだな、といつも以上に思わされる機会でした。

とくに印象に残ったのは、とある山間地でNPOとして活動されている方との会話。

大きな流れに乗っかって、ぐいぐいと動かすのもいいけれど、
細々とでいいから、自分の体と頭を使ってじわりじわりにじり寄ることが
実は物事を変えていく最良の策ではなかろうか
というお話。
その方、世代も生活環境も異なるお相手だっただけに、
お言葉の節々に、共感を越えてなんだか感激してしまいました。

僕だけじゃあない。


他にも沢山の方々が僕の思いを聞いてくださり、ご自身の思いを語ってくださり
展示会というよりは、一種コミュニケーションの場として機能していたように思います。

どこか焚火に手をかざしながらする会話に似て。



お越しくださいました皆さま、有り難うございました。
今回の展示体験が皆さまの日々の何らかに繋がっていきましたら幸いです。


そして、
この“野焼”というアクション、今後ともじっくり続けていきたいと考えている今現在です。





また、東京吉祥寺で開催していましたグループ展 OKURIMONO GALLERY も終了しています。

こちらでも、ほかで得られない、またちょと面白い経験ができました。


個展会場の茗荷谷から回って来てくださった方もいらっしゃったようで、
本当にありがとうございました。

企画やもろもろの段取りに動いてくださったかつての仲間たちにも、
大変感謝しています。
おかげで、モチベーションを新たにできました。






これで充電充分。
ここからもたゆまず、次へ次へと進めてまいります。

ひとまずは年をまたいでもしばらくの間、いただいている注文品の制作にかかりっきりになりそうです。


次なる展示は2月。

東京に愛知にと、またまたいくつか異なるかたちでの展示会に出展させていただくことになっています。


いずれも詳細はあらためて。


今後ともどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2011-12-20 23:14 | 考える | Comments(0)
<< 一年の終わりに 今日からです。 >>