<< 納豆を考える おまっちゃしましょ >>
いつもの食を考える。
東京での展示会を二件、ご案内します。


b0156116_2284144.jpgお魚のお皿、海苔のお皿 展

2012年2月18日(土)〜3月2日(金)
11:00〜19:00  
*26日休、最終日17:00まで
PARTY (東京都目黒区駒場)
HP



安達健  小原淳子  川口武亮  河内啓  
藤塚光男  増淵篤宥  馬渡新平



焼き魚、煮魚にぴったりのお皿。
海苔にちょうどいいお皿。
もちろん、かまぼこ、卵焼きなどなど、
いろいろなおかずに使いやすい
四角いお皿、だ円のお皿が主役の催しです。




僕は子供の頃から肉より魚党。

ホッケの干物を焼いたり、サバを甘辛く煮付けたり
イワシをオイルでソテーしたり。
刺身はそうそう食べられないけれど
魚は食卓によく上ります。

そんな夕餉を思い浮かべながら、
これまであまり作ってこなかった楕円や角のお皿、鉢を出品します。


春の気配を感じられるような器を、と

実はまだ制作中。





続いて、上記の一週間後のスタートで



基本の器展 − まずはここから揃えよう −

2012年2月25日(土)〜3月10日(土)
12:00〜19:00  *日・祝休
ももふく(東京都町田市)
HP

器をどうやって揃えたらいいか、どういうふうに器を買ったらいいか、
「それがわからない」というご質問を沢山いただきます。
そこで今回は、まず基本の器を揃えてみよう、ということで
飯碗、汁椀、おかずのお皿を集めた展示会をすることにしました。
これから器を揃えていきたいという皆さまへ、
そして、せっかく春ですから新しい気分で器の衣替えをしよう、
という皆さまに楽しんでいただきたく思います。




こちらも初めてお付き合いさせていただくお店。
展示会というよりは、テーマセレクションというような趣きのものになるようです。

都心からは離れて、立地はいわゆる生活の圏内。
扱われる作家さん方も堅実な暮らしの器作りをされる方が揃います。
有りそうで無い、定番の、基本からの器を選ぶにはもってこいの企画。

飯碗や取り皿など、僕の定番も並べていただきます。






以上、二件。

どちらも器をよく知り、暮らしを見つめるお店。

両店主さんのご提案を期待して、ぜひお出掛けください。



よろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2012-02-08 22:59 | 案内 | Comments(0)
<< 納豆を考える おまっちゃしましょ >>