「ほっ」と。キャンペーン
<< 野焼きBar ありがとうございました。 >>
わたしを焼く
なかなかゆっくりPCを触る時間を作れぬまま、直前となってしまいましたが
一件、展示会のご案内です。


b0156116_2012201.jpgADACHI Takeshi "Noyaki"exhibition02

2012.7.7Sat.-30Mon.
[Tue.-Fri.close/holiday open]
11:00-17:00

gallery clay lab.


遡ること数百年を凝縮した土。
それを、28年と少しを経た両の手が捏ね、
さらにそれを、数十年の樹齢を燃やす炎が固定する。
云うなればそういうことだけれど、
粘土であそび、焚火であそぶ
ただそれだけのこと。
そのどうということもない営みに出来上がったものですら
手に負えないほど膨大な時間=生が充填されている。

逃げない。隠さない。
それが僕の“野焼”です。

(フライヤーテキストより)





昨年末東京にて発表した「野焼」シリーズの第二段です。

ひとえに「なぜ作り、なぜ焼くのか」作ることそれ自体を問い直すことから始めたこのシリーズ。
やがて
やきものに限らず、ものの内にそもそも流れる時間、あるいは積もり積もった履歴、
そういったところにまで思考が及びつつある、それから。

前回展示した壷なりのものに加え、新作もいくらか出品します。

さらには、ものに有る“場を取り持つ力”を知らしめられた前回をふまえ、
exhibitionという場の機能をより探るために、会期中ちょっとしたイベントを行います。


2日間限定「野焼きBar」
7/14(土)、15(日) 両日とも17時より



僕安達が、野焼の器で勝手気ままにドリンク、フードをお出しする小さな小さなバーをオープンします。

おすすめのビールやお酒、手製のドリンクなどの他に
その場で野焼く野菜、そしてとっておきのおつまみなんかもご用意いただく予定。
あわよくば器も一緒に焼いてみようか、そんな企画です。

詳細はまたあらためてお知らせしますので、お時間合うようでしたらぜひBarにもお越しください。



展示期間中の安達の在店日は
7/7(土)、8(日)
14(土)、15(日)
22(日)
28(土)、29(日)、30(月)
いずれも終日おります。

その他の日でもご相談いただければ調整しますので、遠慮なくご連絡を。



こんな季節ではありますが、
むしろ夏を暑いと喜んで
野焼展、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2012-07-02 21:20 | 案内 | Comments(0)
<< 野焼きBar ありがとうございました。 >>