「ほっ」と。キャンペーン
<< 個展 東京にて 夏山の上 >>
個展 大阪にて
b0156116_22451049.jpg


「安達健」展

2012.9.22(土)~9.30(日)
*店休日 24(月) 25(火)

Oogi(大阪府堺区)







Oogiの井出さんに初めてお会いしてから、3年以上が経ちました。

逐一、というわけではなかったのですが
技術的にも意識的にもまだまだ不安定このうえなく、覚束無い我が身のこの数年の大きな流れを
静かに見守っていてくださっていたものと思います。

そんな方のお店でこの度、関西圏では初の個展をさせていただく運びとなりました。


Oogiさんは路面電車が目の前を走る、通りに面したお店。
色みの抑えられた、落ち着いた調子の店内には
けして派手ではないけれど、強さとしなやかさを備えた「確か」な陶磁や木、布、ガラスなど
作家ものの生活道具が並び、
昨年からは衣類、テキスタイル製品を扱う“Wear”
パンなどの焼き菓子やランチなどの“Food”スペースも新たに設け、
よりトータルな価値観の提案をなされています。


今回は別のところでご縁をいただいていたフラワースタイリスト平井かずみさんにも
会期中のお花のしつらいレッスンに僕の器を使っていただくなど、お力添えをいただきます。
平井さんは東京を拠点に、各地でのお花の教室、雑誌の連載、書籍の執筆も多数。
目にとても力のある、素敵な女性です。

また、こちらも別の企画でご一緒した縁から、お顔を合わせる機会も多かった
写真家宮濱祐美子さんに先月ご無理を言って、料理を盛った僕の器を撮影していただきました。
料理は平井さんのご主人で、お二人が自由が丘でやられているカフェikanikaの料理番平井康二さん。
雑誌や書籍で活躍されている宮濱さんの撮ってくださった写真達は、器とともにOogiに展示されます。

料理を盛るための器であることは当然として、
盛って(ときに花をしつらえて)、場と時間を楽しむための器でありたく、
ファインダー越しの宮濱さんの目は、そこへアプローチしてゆく元手となる想像力を
きっと掻き立ててくれるものと確信しています。



以上のように今展はたくさんの方のご助力をいただいて、開催されようとしています。



僕は陶器作りではありますが、こうして自分の器をテーブルに載せ
背景様々な方々とひとつ同じテーブルを囲む、といった状況を目指すべき理想と考えています。

その意味で、他分野との関わり合いの中から生まれるこういった提案形の展示会は
大変に嬉しく、貴重な機会。
張り切って準備をしております。


僕安達は22(土)・23(日)・30(日)の三日間、お店に立たせていただく予定になっておりますので
お近くの方も、ちょっと距離があるという方も、どうぞお立ち寄りください。


よろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2012-09-18 00:50 | 案内 | Comments(0)
<< 個展 東京にて 夏山の上 >>