<< 守破離 ぐるぐるぐるり >>
秋深き
隣家の柿も大分色付いてきました。
夕暮れの冷めた空気に混じる、田畑を焼く煙の匂いの奥に
冬の気配すら感じるこのところ。
水道水に、手がハッとさせられることも多くなってきました。

今年ももうふた月か。


そんな季節恒例の、イベント出店です。


益子秋の陶器市
2012.11/1(木)〜5(月)
栃木県益子町市街地周辺
観光協会HP



メインストリートから始まって、果てはどこまでだか分からない、様々な会場に渡る大規模な陶器市です。

作家もの陶磁器はもちろん、窯もの、木工品、テキスタイル、ガラスなどなど
あらゆるものが作り手から直接購入できるイベントです。

僕が出店させていただくのは、多分陶器市中で最も高度のある、丘の上のそのまた上。
陶芸メッセ・益子遺跡広場です。
駅から歩いて、城内坂の中程を左に折れ、坂を登って、さらに急な階段を。
上り切ったら左手。
広葉樹が取り囲み、芝の広がる(むしろこの時期は落葉か?)スペースに50〜60軒のテントが並びます。

遺跡広場は地元の比較的若手の作家さんや、遠方からの作家、木工家さんも多い、
小さなクラフトフェアのような雰囲気で、
芝生に休みにくる家族連れや、気兼ねなく走り回りたい子供たちも集まる
どこか長閑な広場。

何よりこの季節楽しみなのは、この場所からの眺め。
高い空にのびる雲。
遠くの山々の、深まっていく秋色。
喧騒を眼下に、気分はピクニック。

僕などはそんな心持ちで、
今回もまた益子の山野辺彩さんのお隣テントです。

定番の器たちに加えて、
関東圏ではおよそ一年振りの野焼シリーズをいくらか持ち込もうと考えています。



今秋は平日が多い日程なので、よりゆったりした陶器市になるのかな。

澄んだ空気と、心くすぐる刺激を目一杯吸い込みに、
秋の益子へ。
[PR]
by aji-kyuu | 2012-10-27 21:58 | 案内 | Comments(0)
<< 守破離 ぐるぐるぐるり >>