「ほっ」と。キャンペーン
<< いつも隣に 真夏の妖艶な扉を開く >>
流れゆく時の中で
b0156116_23215934.jpg安達 健 陶器展

2013.9.21(sat)-30(mon)
11:00-19:00

*会期中無休(最終日は16:00終了)
@ knulpAA

草木花スタイリング 小林真夕



*DM葉書での会場住所の表記に間違いがありました。
「東京都練馬区石神井町1-21-16」が正解です。
お気をつけください。



変わりゆくもの、変わらないこと。

変化はそれだけで記憶となり、
ものに託されれば瞬間、記録となる。
記録は常に記憶をあぶり、変化を教える。

記憶と記録は互いに往き交う中で
時に育み合い、時に刷り替わりつ
歴史となって、ことを伝える。

変化するうつわはいずれ器を越え、
あなたの暮らした歴史になる。


― 本展にそえて






どんなに抗ってみても、流れゆく時の中で、
せめて変わらない何かを
そばに取り置きたかった。
のかもしれない。

けれどそれは大きな矛盾を孕んで
次第に世界を歪め始めた。

僕らはとっくに気付いていた。
自分の手のしわが年々深くなっていくことを。
そしてそんな手が、ちょっと格好良いということを。

重ねた年の厚みが、財産そのものだということを。



使えば使うほどに、量感を増していくうつわ。
そういうものを作っているつもりです。


東京での一年ぶりとなる陶器の個展。
昨年末、惜しまれつつ閉店したknulpAAさんの移転リニューアルオープン
飾らせていただけることとなりました。

knulpさんがこの地で重ねてきた時間を、新たな場でもう一度動かし始める
その一足を担えること、大変光栄に思います。
否応なく、力が入ります。

僕の在店は9/21〜23の三日間。
今回ももちろん小林真夕さんに花を生けてもらいます。


季節は秋。
ぜひお越しください。
[PR]
by aji-kyuu | 2013-09-13 00:11 | 案内 | Comments(0)
<< いつも隣に 真夏の妖艶な扉を開く >>