「ほっ」と。キャンペーン
<< ユノネホウボウ無事終了しました。 湯の根、源泉でありたい >>
暮らしのスケール
b0156116_22421371.jpgb0156116_2243157.jpg

基 向付展
2014年5月31日(土)−6月8日(日)
10:00−17:00
旧旅館 松千代館(愛知県瀬戸市末広商店街内)

日頃ついつい無意識でいた事を、一から見つめ直そうと
年齢・立場の違う作家が集まり研究と実践を重ねるうつわ勉強会「基motoi」。
一年目の活動を踏まえ、向付の展示会を開催します。




日常の中に当たり前に存在しているもの、道具には
当然ながら、あらゆる意味での必然のうちにその姿をしています。

例えば器のサイズ。
それは盛る料理の一人分の量が収まりよいサイズ。
である一方、
折敷(一人用のお盆)に三つ乗り切る程度のサイズであり、
その折敷は一人の座すスペースに適うサイズで、
そのスペースは畳のサイズにより規定されていて、
畳のサイズは建物の在来工法での単位と呼応していて、
それによって家の大きさははじき出され、
それによって土地の区分も為され…

手元のちっぽけなひとつの器が、実のところあらゆるサイズ感との相互関係の下に成立しているということ。
もとを辿れば、人体のサイジングとその即外環境である風土、それに根ざした文化や哲学
そういった要素があり得べき一点において結ばれたかたちが、
今、そこに在るものなのです。


僕の解釈では、このようにものの基本を探り、その基本の基となるものをさらに掘り下げることが
勉強会「基」の目的であります。


一年ほど前に、瀬戸で日頃お世話になっている新道工房宮本さんからお誘いいただき、
その立ち上げに参加する形で活動を開始したうつわ勉強会の、初の独自企画展が今回です。

まだ会自体産声を上げたばかりですし、参加メンバーの意識にも若干のブレがあることは否めませんが、
ともあれ考えるための第一歩を踏み出したところにあるこの活動に
ぜひご注目いただき、応援いただけたら幸いに思います。


この活動がたとえ細くとも、長く続くとしたら
それは僕らの暮らしが、暮らしのまわりが
身の丈にフィットし続けられているということなのかもしれません。

そしてそれが可能になれば、自然あらゆるところのひずみは解消していくことでしょう。

あの問題も、その問題も
もとを辿れば“うつわ”に行き着くのかもしれません。



会期末の6/6〜8は会場ほど近くで
b0156116_2325563.gif
が開催されています。

どちらか、ではなくて互いを補完する内容です。
合わせてお越しください。

よろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2014-05-21 23:27 | 案内 | Comments(0)
<< ユノネホウボウ無事終了しました。 湯の根、源泉でありたい >>