<< 座して居る この秋を喫す >>
体感こそ
少し先になりますが、日頃お世話になっている瀬戸の森の食堂庭禾さんにてワークショップを開催させていただくことになりました。


以下、ご存知ないという前提でご説明します。

今回トライしていただくのは、一般のやきものより低い温度で即席に焼く方法「楽焼き」
燃え盛る小さな窯の中に作品を入れて、数分後に窯の蓋を開け、熱々のところを取り出します。
普段は目の当たりにできない、焼くことによる科学変化を体で感じとることができる貴重な機会です。
 
ワークショップの最後には、その焼きたての器を使って庭禾にてお茶をいただきましょう。
 

b0156116_21284832.jpg



具体的に。
2種類の色の土による素地(すでに器の形になっています)、4種類の釉薬の中から
ご自身で好きなものを選び、それらに釉薬を施すところからやっていただきます。
その後は窯の様子を見ながら、タイミングを見計らって作品を入れて、出して。
ご自身の加減によって、その時その場でしか作りえない「楽焼き」の器ができあがります。
 

b0156116_21274214.jpg



自分の手の触れたものが、目の前の窯というハコの中で大きく変化して、
それに自分の手が再び触れて新たな何かが生まれる。
その感触は一番原始的な感動だと思います。
庭禾にて初冬の午後、一緒に火を囲み、テーブルを囲みましょう。
 


『にわかやきもの教室 −楽焼きワークショップ−』
 
【日時】 2015年11月21日(土)13:00~17:00  *受付 12:45~
【講師】 安達健
【作る物・内容】 小カップと豆皿、土2種類・釉薬4種類
【参加費】 4,000円(おやつ&お茶付き)*自分で仕上げた小カップと豆皿をお持ち帰りいただけます。
【参加定員】 10人
【対象】 高校生以上、経験不問
【持ち物】 軍手、タオル、熱やススで汚れてもよい服・靴をご用意ください(ニット製品×)
【場所】 山水ラボラトリー内 庭禾(瀬戸市穴田町291)*駐車場あり
【お申込み方法】 下記のお申込み先まで以下の内容をご連絡ください。
1.参加する日程 2.お名前 3.電話番号 4.メールアドレス 5.参加人数
 【お申込み先】 下記アドレス・TELまでご連絡ください。
mail info☆niwakalife.com  ←☆を@に変えて送信してください。
TEL 090-1667-0178(堀田)
 
☆少人数制となっております。直前のキャンセルは、できるだけお控えいただきますようお願いいたします。
☆お申込みは安達(090-1742-8748)へしていただいてもOKです。このブログへのコメントでも可。

 


この食堂庭禾の主、堀田麻衣子さんは本当に気持ちのよい料理家さん。
いい素材を最小限のアプローチでちゃんと料理に昇華してくれる確かな腕と舌ばかりか、
人としても、穏やかながら時に芯の強さを垣間見せる素敵な方。
これまで一緒にイベントを運営したり、瀬戸では度々頼ってきました。
また、なにより僕にとって大切な場を演出してくれた恩人。

なのでこういう形で関われることが、シンプルに嬉しい。

今回のワークショップへの参加はもちろん、食堂へもぜひお出掛けいただきたいです。
ロケーションも四季それぞれに味わい深いはずです。
営業日を確認してからどうぞ。


ではご参加お待ちしています。
[PR]
by aji-kyuu | 2015-10-19 20:59 | 案内 | Comments(0)
<< 座して居る この秋を喫す >>