<< 最後を末永く 座して居る >>
小さきうつわを
b0156116_2046057.jpg

四寸皿 展

2015年 11月6日(金)〜14日(土)
11:00~19:00 (最終日17時まで)
会期中無休
うつわParty(東京都目黒区駒場)

安達健、志村和晃、平厚志、長谷川奈津、古川桜、山野邊孝




最近は様々な展覧会で大きめの器が好まれます。
七寸から八寸といったところ。
卓の真ん中にどかっと容れたり、あれこれ盛り合わせたり。
その便利さや、彩る楽しさはよくよく分かっているつもりです。
ただ最近の僕はそれに反して、小さき器に目が向いています。

四から六寸の皿や鉢。
色々なものを少しずつ、だったり
銘々に盛り分けたり。
その食材に合った調理。
その料理に合った器。
あるいはその相手に合わせた盛り付け。
そんなどちらかと言えば古風で非効率的な考え方は、その実この国の風土に根ざしたいわゆる和食の文化だと思うのです。

先の個展でもそれを一つのテーマにしていました。

そこにきて、この企画への出展。
考えは深まります。


今回は皿に絞っているので、
取り皿、醤油皿、おつまみ皿に漬物皿etc...とのことですが
僕の他5名の力ある作家さんの四寸が集まりますので、
小さきうつわの意義や魅力を知る良いきっかけになるものと思います。

住宅地に溶け込む、けして敷居の高くないお店ですので
ぜひぜひ足をお運びください。


ちなみに画像中僕のうつわは左下。茶灰釉のもの。
よろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2015-10-31 23:04 | 案内 | Comments(0)
<< 最後を末永く 座して居る >>