<< 盛ることの楽しみ 茂木がやくもの >>
灰で焼き締める
b0156116_17445589.jpg

b0156116_17451733.jpg


安達 健(灰〆)
フクオカ タカヤ(komorebi)
二人展

2017.5.18 thu - 23 tue
11:00 - 20:00 LastDay - 17:00


うつわ謙心(東京都渋谷区渋谷2-3-4)



春から初夏へと、早々に移ろう気配を見せているここのところですが、
良きシーズン。
展示会のお知らせです。

今回は強い思い入れのある展示になります。
僕がまだまだ発表を始めて間もなかった10年近く前、
益子の作家の紹介で知り合ったうつわ謙心というお店。
先方もたった一人でお店を立ち上げてまだ数年だったかと記憶している。
店主さんは僕がどんなコンセプトで、どういったバックグラウンドを持って
うつわ作りに取り組んでいるか、を知り得ないままに
当時の僕が”偶然にも”作っていた一つのシリーズを気に入ってくださり、
自信がないゆえに安易な返事ができなかった駆け出し作家の迷いや逡巡を
あっさり見放すことなく、程よい距離感で見守り、
一歩一歩、辛抱強くその距離を縮め、じっくり、しっかり”仕事”へと組み上げてくださった、
そんな方。

作家として活動を始め10数年。
今思えば、
そのような人としての尊重をもってお付き合いしてくださる方など、正直相当に貴重な存在。
今や百貨店の催事や関東県内各地の展示企画で大車輪の活躍をされている謙心さんとはいえ
当時作家一人一人にそうして向き合うことがいかに困難なことだったか。
感謝しきりです。

そういった一つ一つのお付き合いを積み重ねて、
この度ようやくうつわ謙心実店舗での二人展に到りました。
出会いからこれまで、細くも長く贔屓にしてくださっていた件のシリーズに絞り込んでの展示です。


灰〆と呼んでいるこのシリーズは、
しばしば「石ですか?」という質問を受けるくらいに石目調の表面をしています。
大理石とか、大谷石とか、あるいは墓石などとか。
そうしたザラリと粒立って見える表面は、一見すると「焼き締め」と云われる、
薪窯による無釉焼成作品にも解されるのですが、
実際は植物の灰を主成分にした釉を施したもの。
素材としている土の耐火度が非常に高く、その性質ゆえ、焼成中に釉を吸い込むことがままあり、
吸い込まれた釉が作品表面の粘土成分を熔かし固めている、というのが実態。
ですので、一般的な陶器が割れた時の断面、粘土の胎があって、その外側に釉薬の層があって、
という状態ではなく
その土釉分け隔てがはっきりしていない断面が見られます。
これは、一部の伊賀系の薪窯焼締の表面にもたまに見かける質感を全面化したもの、とも捉えられます。

”陶芸用粘土”の元となる原土を単味で用いる僕にとって、こういうやきものにしたい、
例えば「石のようにしたい」という意識はまず無く
こんな性質の土がある、だからこう形作ろう、こう焼こう、という思考があって
そのもとに生まれるうつわが結果、それぞれにそれぞれの様相を呈するわけであります。
この灰〆シリーズもまさにそれ。

本展では10年近く定番として取り組んでいるこのシリーズを、僕なりに少し発展させるつもりです。
うつわ作家としての姿勢は振らすことなく、かつその際に踏み込みたいと試行しました。
その結果否、経過を、どうぞご覧ください。
食器、花器、ほか暮らしのうつわなど、多くは用意できませんが、様々に展開します。


安達の在廊は
18(木)〜21(日)の4日間のみ。

皐月の過ごしやすい日柄。
渋谷駅からぶらり散歩に、ぜひお越しくださいませ。
お待ちしています。



[PR]
by aji-kyuu | 2017-05-08 21:03 | 案内 | Comments(0)
<< 盛ることの楽しみ 茂木がやくもの >>