カテゴリ:案内( 134 )
「温故」会期後半
b0156116_23553838.jpg愛知県瀬戸市のギャラリー くれいで開催中のグループ展
「温故」会期の後半が始まっています。





その展示会に出展している灰白の平碗と赤茶の平碗。
どちらも鎌倉〜室町時代に量産されていたといわれている「山茶碗」の写しから展開しています。


グレーの方は愛知県瀬戸市から南の猿投地区一帯で作られていたもの
レンガ色した方は同県常滑市や岡山県備前地域で作られていたものから想を得たもの。

土器などの野焼きからシフトして間もない頃。
どちらも土を焼くだけの単純な「やきもの」です。



店頭に立つと、
お客さん方からよく「どう使えば?」とご質問を受けます。

作り手側からあまりそういった縛りをしたくはない、
と思いつつも


ご覧の通り、絵柄もなければ釉薬もかけてありません。
これ以上ない“そのまま”。(これ以上いってしまったら、それはただの粘土。)

だからあまり手の込んだ料理には向かないでしょう。
裏を返せば、手をかけずとも受け止めてくれる器だと僕自身は思っています。

土に由来する動植物。
土に似つかわしくないわけがありません。


それから、
作家ものだから、古陶写しだから値が張るから
といってけして高尚な器でもありません。
当時の日用雑器。
使い込んではじめて、落ち着いてくるものです。

使う直前にでも
食器棚から出してきて料理を盛る、その前に
さっと水やお湯に通してもらえれば、嫌な臭いや汚れもずっとつきにくくなります。
そのたった数秒でだいぶ変わるものです。



せっかく手にした器。
ご自身の創意と工夫でいかようにも使えるはず。

手にしたその時から“わたし”の器。


そんなふうに器とお付き合いいただけたら、作り手冥利に尽きるのです。


ゆく先々でいろいろに使われ、年を重ねる器たち。
それらがもし再び一堂に会したら‥

そんな妄想も僕らを楽しませます。




人と器のいい出逢いを願ってやみません。



b0156116_23481726.jpg








味噌焼き大根

白土+無釉  碗
[PR]
by aji-kyuu | 2010-01-14 23:57 | 案内 | Comments(0)
いよいよ初日。
明日11日金曜日より、
「温故」 始まります。

恐れ多くも、古陶に眼を向けた企画展。

結果がどうであるかはともかくとして
思い切った挑戦、はじめの一歩を踏み出せたような、
今後の活動に大きく関わってくるものになるような、
そんな気がしています。


明日初日、急遽在廊することとなりましたので
迷われていた方、ぜひともお越し下さい。
よろしくお願いします。



b0156116_1833257.jpg写真は今展出品しているうつわ。
我が家にて。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-12-10 18:36 | 案内 | Comments(0)
温故
展示会のお知らせです。


b0156116_21255379.jpg温故


12/11(金)〜1/26(火)
うち、冬期休業(12/24〜1/7)はさむ

ギャラリー くれい(愛知県瀬戸市)
http://www.k5.dion.ne.jp/~clayyuno/

水・木曜休業(祝日の場合は営業)


参加作家  安達 健
      遠藤 隆宣
      岡山 富男
      安江 洋



古陶写しを軸に、それぞれが新たに解釈、展開する
陶器の展示会です。





会場となるギャラリーくれいは陶の作家が寄り合って運営している自主ギャラリー。

僕もその運営メンバーとして関わらせてもらっているわけなのですが、
今回は久しぶりの企画展参加。



何百年前もの職人の知恵、あるいは呪縛が綿々と受け継がれつしてきた陶都瀬戸で
今さら改めて唱えるのもはばかられる“温故知新”。

でもだからこそ、と

やきものを始めて間もない頃の「写す」純粋な目と手に戻れないかと
自分への期待も込めて。



作品点数が揃うのか、厳しいところですが
自主ギャラリーならではの試行錯誤のあとを、面白く観ていただけるのじゃないかと思います。




僕は年が明けた1/9(土)、10(日)の二日間在廊する予定です。
どうぞよろしくお願いします。



早くも手足にしもやけが。
痛いやら痒いやら。

もうあと一息二息、三息、頑張らねば。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-12-01 22:07 | 案内 | Comments(0)
旅人と宿
もう遠い昔のことのようですが、

それはつい半年前。
初夏のある日。

長らく会っていなかった中学時代の友人から唐突な連絡が。
「今日会えないか?」
当時からつるんでいた仲間のうちでもとりわけ無茶苦茶するやつで
人づてに聞いていたかぎり、心配な面が多分にあったもんだから
ちょっと無理をして時間を作り、会うことに。

いざ、とあるステーキレストランで向かい合った彼は
スーツをびしっときめて、力のこもった目で熱く熱く語り出した。



その日を境に、彼と他の地元の同級生らと動き始めたプロジェクトがついに日の目を見ます。



b0156116_21304928.jpg
UP トーク・イン プロジェクト
『旅人の宿』001
未来に向けた、チャンスのカフェ

1st  12/20(日) 16:00〜
2nd   1/17(日) 16:00〜

@カフェ・パルル






愛知県名古屋市で開く、トークイベントです。




偶然にも
ひとつの宿に居合わせた旅人たちが、
そのリビングで思い思いに繋がりあうような
そんな場を作りたい、と。

かたちはトーク・インとして
ゲストをお呼びするわけですが
それはあくまできっかけのひとつ。
そう考えています。




詳細は以下、企画・制作活動体unlimited partnersのサイトを御覧下さい。
(ただしこちらのサイト、まだ仮立ち上げの段階です。お見苦しいところはお許し下さい。)

有料の予約制イベントになります。

もしご興味ある方で、案内フライヤーをご希望の方は僕宛のメールにてお知らせ下さい。
即、郵送します。
もちろんコメントにてのご質問にもお答えします。




陶器作りとはまったく関連性もなく、直接的なもの作りの範疇とはいい難いトークイベント。
しかも、この内容。

海外渡航経験の皆無な僕がなぜ?
と思われるかもしれません。

でも、今回のゲストの方と幾度か会い、打ち合わせを重ねてきた今思うことは

何処の誰であれ、それぞれはそれぞれに固有の経験を積んできた二人といないひとりの人間。
一方で、そのいち人間という意味においては、皆必ず繋がることのできる素地があるということ。

分野だの専門だの、たまには飛び越えて
人としてしたいこと、すべきこと。

面白いものにします。
ぜひお越し頂き、宿のリビングでのひとときを一緒に過ごしましょう。

よろしくお願いします。




企画・制作活動体 unlimited partners  公式サイト

cry-baby-cry@ccnet.ne.jp
[PR]
by aji-kyuu | 2009-11-20 22:11 | 案内 | Comments(0)
益子の秋、間近です。
なんだか最近告知ばかりのページになっていますが‥

今日もお知らせをひとつ。



まだまだ先のこと、と目まぐるしい毎日に忙殺されていましたが
気付けばもうこの季節。


益子 秋の陶器市
10/31(土)~11/4(水)
午前9時頃~午後5時頃


益子町観光協会


毎年春と秋出店させていただいていますが、今秋も。




そんな益子陶器市
ご存じの方も多いかと思いますが
関東圏はもちろん、ほとんど全国一の規模を誇る大きな大きな露店販売イベントです。

益子駅前にのびるメイン通り両岸から脇道、各窯元や販売店、美術館敷地内に至るまで
街中がお祭りとなります。


ひとまずざっとお店をのぞいて‥
なんて言っていてはもうそれだけでぐったり、なんてことも。



出店しているのも、古くからの窯元さんや販売店、個人作家も増えています。

やっぱり陶器が主になりますが、他素材の方もちらほら。


おもしろいのは露店だけでもありません。
通りに面したカフェや雑貨屋、ちょっと奥まったところのギャラリーなどなど。

言わずと知れた陶芸家の記念館や美術館にももちろん見所はたくさん。



もとは山間の窯業地。
都市部からはやや距離があるものの
いまや僕の知る限りでは元気な地方の筆頭です。

作り手だけでなく売り手側も、住む側にもエネルギーをひしひし感じるエリア。



そして季節は秋。
山に囲まれる益子の景色は格別です。

きのこなどの山の秋味!



とりわけ僕の出店するスペース陶芸メッセ・益子「遺跡広場」は一番高い丘の上。
眺め良好、芝生も広がり
メインエリアの喧噪を遠くに聞きながら、ランチをひろげる家族連れも。
出店者とも気兼ねなくのんびり会話できる、各地の作家が集まったテントゾーンです。



さてさて
これまで一コマ分のスペースをゆったり僕一人で使っての贅沢な展示販売をさせていただいてきたわけですが
今秋よりスペースを分け合う仲間ができました。

大学時代から文字通り同じ釜の飯(窯の飯?)を食って、もの作りを続けてきた二人。
望月万里さんと山野辺彩さん。

僕の作るものを知る人は、この二人のものとの方向性の違いに驚かれるかも知れませんが
とはいえ二人ともに当時から僕には到底追いつけない器用さとセンスを持っていて
形はどうあれそれぞれのやり方で続けている仲間です。

正直二人の作るものをまともにみるのは学生の頃以来。
そのため今現在はそれらを具体的に紹介することができません。

だから
その分二人がどんなものを並べるか、僕自身楽しみなところ。


そういうわけで、今回はややスペースを狭めての展示となります。
もちろんスペースに合わせトーンダウンするつもりなどこれっぽっちもありません。

これまで通り与えていただいた場所を最大限活かしてお見せするつもりですし
ここ最近取り組んでいる新たな方向性の試作品も、この陶器市で初めて並べ、見ていただこうと思っております。

期待しつつお越しいただけるよう準備していますので、どうぞよろしくお願いします。 





一週間先からのイベントとなりますが、事情により早めのご案内となりました。


秋晴れの休みにドライブがてら、森の空気と街の活気を吸いにだけでも
是非ぜひお越しください。



今回は、どんな出会いがあるのだろうか。
これだからおもしろい、陶器市です。







それからまた、
繰り返しになりますが
現在、愛知県常滑市でグループ展「アテ ビト カ テビタ 協奏曲」開催中です。
明日24(土)、25(日)は常滑のお祭りにあわせ露店にての販売も。
お近くの方は、どうぞよろしくお願いします。   詳細
[PR]
by aji-kyuu | 2009-10-23 22:57 | 案内 | Comments(0)
明日から

陶 展

アテ ビト カ テビタ 協奏曲

明日、10/19(月)11:00 より開催されます。


b0156116_20401564.jpg


詳細紹介ページ



今日は常滑の会場に搬入をしてきました。

自分のがどうのというの以上に
それぞれ異なった魅力のあるものたちをいかに響かせるか。


普段の卓上のしつらえとは比べものにならないスケールで、かつ
また違った頭の筋肉を使うような一日でした。

経験がないだけに、勉強になります。


そして、お隣のパンでひと息。
やっぱり美味いです。



さてさて
僕は明日19(月)まる一日と、
24(土)25(日)には露店販売を兼ねて在廊します。


いい日和が続くようです。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-10-18 21:07 | 案内 | Comments(0)
アテ ビト カ テビタ
b0156116_2141168.jpgしばらくぶりになりました。

展示会とイベントのお知らせです。


アテ ビト カ テビタ 協奏曲

2009年10月19日(月)〜25(日) 会期中無休
11:00〜17:00(最終日16:00まで)
暮布土ギャラリー / 愛知県・常滑市

正木 渉
安達 知亨
諸岡 桂子
安達 健
阿曽 藍人



5名の陶の作家による
「用」を少し離れたところでの展示会。

同じ陶といえども、素材や手法、見せ方の異なる五者五様が
ひとつの空間でどう響くのか。

刺激的な展示となりそうです。


そんなわけで、僕も普段はやらない造形のものに取り組んでいます。
器ではない、陶の作品。

ちょうど今、それらが窯の中。

どうなることやら。

というのも
実は先日の台風で、以前からかなり老朽化していて気になっていた窯の煙突が吹き飛び、
ついいましがた、窯のバーナーが止まりかけ、
どうもなにかしらの抵抗を受けているようで‥

なかなか思うようにはいきません。



さてさて
常滑の暮布土ギャラリーは
ミルキーコークが運営する雑貨屋、ベーカリー、カフェなどが集まる
「ミルキーコーク常滑ビレッジ」内の甘味喫茶侘助2階になります。(MILKY COKE

古い土管工場などを改築した、風情あるスポットで
ショップやギャラリーもあれば、お隣のパン屋、カフェも美味しく、ゆっくり一日楽しめます。


そんな『アテ ビト〜』会期中の24(土)25(日)は常滑やきもの散歩道周辺で「あっちべたこっちべたフェスタ」も開催され、
露店やライブイベント、スタンプラリー等々でにぎわうようです。

それに合わせ土日両日出展作家5名とも、甘味喫茶侘助前での露店販売を予定しています
こちらは、展示されるものとはまた趣きもちがった小物や器がたくさん並びます。



秋のお出掛けに、少し足を伸ばしてぜひお越し下さい。

よろしくお願いします。


ちなみに僕は今のところ、初日と24、25日は在廊予定です。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-10-10 22:58 | 案内 | Comments(0)
祭りのあとさき

一日目は、雷まで鳴る悪天候の中
二日目は、その反動かかなりの人出で身動きのとりづらいような中
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

あの状況で僕のことを気に止めておいていただき、探し当ててくださった方々もいらっしゃり
それを思うと、感謝は尽きません。

にもかかわらず、体調管理の甘さから一日目は夕方にも早じまいしてしまったため
お会いすることのかなわなかった方もいらっしゃったかもしれません。
大変申し訳ないことをしてしまいました。
すみませんでした。




今回の祭りを通して改めて思うこと。

イベントへ出店の魅力は、なにより「出会い」にあります。
それまで見たことのなかった方が僕の陶器を、ふと目にし、手にする。
そして二言三言のちょっとしたやりとり。

どちらともなく、人と人がほんの一瞬交差する点。

そういう可能性がそれこそ無数に散らばっているこういった機会は僕のような者にとって、とても貴重なんだ、と。
純粋な意味で、陶器を介して繋がる瞬間が確かにあるのです。
もちろん偶然の助けを借りたなかで。

小さな小さな一歩目のコミュニケーションではありますが、これがことのほか刺激的に感じられます。


もう一つ。
お客さんにも同業者にもこういった定期的なイベントを期として
ある程度のインターバルを挟みつつも僕自身が「見守り」続けてもらっている、という側面も見過ごせません。
善かれ悪かれ自分とものの変化を肌身で感じてもらうことができる場であり
その反応を翻して自分を再認できる大事な現場です。



陶器市
売り上げはともかくとして
僕にとってはまだまだ重要な発表形態のひとつです。




さてさて、ああしたいこうしようと次々に先がひらけていく現在。

今後
陶器市としては10月末日からの栃木県益子町の恒例のイベントに出店予定。

それより先んじて、目下次なる発表は10月末、愛知県の常滑にて予定されています。
こちらはこれまでの自身の流れとはちょっと異なった格好の展示会となるはずです。

ただ、根っこは相変わらずに
でも、ひとつタガを外して、少しばかり展開させるつもりです。

そちらにもどうぞご期待下さい。




まずはせともの祭にお越し下さったすべての方に

ありがとうございました!
[PR]
by aji-kyuu | 2009-09-15 00:13 | 案内 | Comments(2)
せともの祭のご案内。
秋です。

行楽の秋
収穫の秋
食欲の秋


そんなわけで、僕の実家の隣まち愛知県瀬戸市で開かれる大イベントに出店します。
というお知らせ。


第78回 せともの祭
2009年9月12日(土)〜13日(日)
午前9時〜午後8時(13日は午後7時まで)
名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅前、および瀬戸川沿いほか

オフィシャルサイト


言わずと知れた歴史あるせともの廉売市。
一般に量産業者が在庫一掃で大安売りしていて、山となった陶器から掘り出し物を値切って値切って‥
といったイメージが根強いようですが
実際は瀬戸周辺の若手作家らが自ら数多く出店していて、
B級品どころか、こういう場にしかまだ出せないような試作・実験的なもの等々
エネルギーの通った面白いものが見られたりします。

なにより作家ものならその作家に会ってこそ。
作り手が自分の作ったものを前にして、こうもずらりと並ぶことはそうそうありません。


街をあげてのお祭りの活気を感じながら、ぶらり来てみると
器に人に、いい出会いがあるかもしれません。


そういう僕ですが、
尾張瀬戸駅から川を挟んだ反対岸の大きな文化施設「瀬戸蔵」そばに
作家仲間二人とテントを出します。

店舗番号 315
屋号 「しっぽ」


と名付けて、二日限りのお店を開きます。

(駅とは逆岸の川沿いに並ぶテント列の一番東寄り。瀬戸蔵に行き着く手前です。
詳しくは当日インフォメーションで上記店番号をご参照ください。)


ご一緒するのは瀬戸でギャラリーを経営する仲間。
ずば抜けた造形センスで描いたり削ったり、粘土のいきものを作り続ける阿部未来(アベミキ)さんと、
染付けの器用な器もさることながら、陶猫に霊魂をのせてしまう岡山富男(オカヤマトミオ)さん。

二人ともお世辞でなく心からおすすめできる作家です。
阿部さんは、これまで僕が出遭ったことのない唯一無二の「手」を持っているし、
岡山さんは、米すら自給するその生き方から僕自身多大な影響を受けています。

この先輩二方と店を出せることそれ自体が単純に嬉しく、楽しみだったりします。


とはいいつつ、僕もこの機会を活かさない手はないので
ちゃくちゃく準備もしています。

ここ最近のいちおし、白土と灰釉の石目皿を中心に
白化粧ものや先日のグループ展より出品している長石系の仕事も見ていただけるよう
考えています。


僕の器は直接見て触って初めて知れる器です。
そして、使ってやっと分かっていただけるもの。


ですから、
この祭をきっかけにぜひお越し頂き、声をかけていただけると幸いです。

祭なんだから、話し込んだって平気です。


ちょっとそこまで、くらいの軽い気持ちで(ただし、人の多さはご容赦下さい)、
せっかくだから、いろいろなお店をのぞきながら、しゃべりながら、
あっちにこっちにのんびり歩いて
気付いたら僕らのテントに着いていた。
そんな調子でちょうど良いかと思います。



どうぞよろしくお願いします。


*当日はできる限り公共交通機関をご利用下さい。道路規制もありますし駐車場や周辺で大混雑が予想されます。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-09-05 22:24 | 案内 | Comments(8)
会期終了
b0156116_22254611.jpg
本日、名古屋市・妙香園画廊でのグループ展「布とうつわ展」が終了しました。




残暑厳しく、
そのうえ土日には様々なビッグイベントが重なり、ごった返す人込みの中
お越し下さったすべての方々、
本当に有り難うございました。


ご覧いただいたとおり、個々まったく異なる世界観が一同にする展示会。
まとまりには少々欠けていましたが、その分もの作りの多様なスタンスが垣間見られ、
楽しんでいただけたのではないでしょうか。


僕自身は、不慣れな電車通いと接客に心身磨り減らしながらも
日常では思い及ばない街の空気を感じられ、

なにより、自分の作ったモノを“自分の手から”直接お渡ししていくことの喜びと充実を
あらためて思う一週間でした。


最初から最後まで、僕からアナタまで。
理想のひとつのかたちです。



今後とも、繋ぐ橋渡しとしてのより良い生活道具を真摯に作り続けること、
お約束します。




最後に、
お越しいただけなくとも
遠い地で心の内に応援して下さった方々、
有り難うございました。

今度はきっと、そちらへも展示会というかたちでお届けにあがります。
それまで、いましばらくお待ち下さい。




本当に、有り難うございました。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-09-01 23:05 | 案内 | Comments(0)