カテゴリ:案内( 127 )
食器として
2014年も瞬く間に10日間が過ぎました。

展示会への出品が始まります。
今日は1月に予定されている二件のお知らせ。


b0156116_21412553.jpgb0156116_2210753.jpg

一汁三菜
2014年1月16日(木)〜21日(火)
11時〜20時(最終日のみ17時終了)

会場:酢飯屋 水道ギャラリー(東京都文京区水道2-6-6) HP
主催:うつわ謙心 HP

出展:安達健(陶) 北川チカ(磁) 森本仁(陶) 名古路英介(木工・漆)





度々お世話になっておりますうつわ屋うつわ謙心さん企画で、
昨春に続いての酢飯屋さんでの展示会です。

今回はまっすぐに、一汁三菜。

ちょうど昨年秋頃から、愛知県は瀬戸の先輩方と
器の基礎を見つめ直す勉強会を立ち上げ、活動しているさ中
それとは別のところから、願ってもないタイミングでいただいた展示会のお話。

僕自身に限っては、まだまだ浅い取り組みでありますが
ほかの出展者さん方はいずれも実直に“器”と向き合っている面々。
お客さまにとっても実りある展示会となりそうです。

こちらは灰〆と野焼シリーズに限定しての出品となります。
少量ながらも、基本の一汁三菜をワンランクアップさせられるような、
ひとつ質の抜け出た器に絞って並べます。

在廊は18(土)と19(日)。
岐阜から上ります。
その他、会期中僕らの器を使っての一汁三菜ランチもご用意いただく予定です。
この機会にぜひ。




さらにもう一件。



山本英樹・安達健 二人展
2014年1月24日(金)〜31日(金)
11時〜20時 会期中無休

会場:Gallery Petitluxe(東京都中央区銀座3-14-2 白鳥ビル1F) HP



銀座にて佐賀県武雄市の作家さんとの展示会。

同じ東京で、上記の展示の直後ではありますが出品内容はまったく異なります。
こちらは長石釉や灰釉系のストレートな器が中心。

素材そのままの質感や色感を大切にした、
今の僕を表すとりどりの食器を並べます。

在廊は24(金)〜26(日)の三日間となっております。




以上、二件。
合わせて見ていただければ、僕の現在があらかた俯瞰できるのではないでしょうか。

お時間許すようであればどちらもぜひ。

よろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2014-01-11 22:39 | 案内 | Comments(0)
ささま
直前のお知らせになってしまいました。
週末から山里での「国際陶芸フェスティバル」に出展参加します。



第2回国際陶芸フェスティバルinささま

2013年11月22日(金)、23日(土)、24日(日) 
10:00〜17:00

山村都市交流センターささま 他
*22日のみ川根文化センターチャリム21にてセレモニー等(13:00〜17:00)

イベント特設ページHP




一昨年始まった、日本で始めての本格的な国際セラミックフェスティバルです。

瀬戸で普段からお付き合いのある陶芸家道川省三さんがディレクターとなって、
彼と交流のある世界的なセラミックアートの作家が招聘され、
作品の展示のみならず、ワークショップやスライドレクチャー、公開制作、パフォーマンス等々
様々な交流イベントが催されます。

僕は全国からの作家に混じって、センターのグランド、テントスペースにて展示します。
いつものテント出展とは意識を変えてのぞむ予定。


このイベント、いわゆる陶器市やクラフトフェアとは一線を画した、
アートとしての陶芸に力点を置いたもの。
国内ではなかなかお目にかかることのできない海外作家の作品と、本人によるレクチャー&ワークショップ。
いつもと違う、本当の意味での刺激が得られる貴重な機会です。

一昨年の第1回は正直、イベントとしての仕上がりには今ひとつな感が否めませんでしたが、
そこで行われていた内容自体は、かなり濃密なもので、
実際僕自身、得るものも多かったフェスティバルです。

作家はもちろん、それを志す方、アートにより踏み込みたいと欲する方、
これ以上ない良い機会です。

ちょっと交通が不便な山里奥深くの会場ですが、
むしろそれも相まって、不思議な体験ができることは保証します。
今年はさらにイイモノ見られるはず。
ぜひ。


こちらは、存分に楽しんできます!
お会いできれば。


b0156116_22343310.jpg

[PR]
by aji-kyuu | 2013-11-19 22:35 | 案内 | Comments(0)
淡路の穏やかな冬
b0156116_21582347.gif



穏やかな家

2013.11.9(土)〜12.23(月祝) *うち土日祝のみ
11:00〜17:00

淡路島美術大学(あわび) HP

出展:
安達健 Awabi ware スタジオキイ 長橋亮 クワクボリョウタ 樂久登窯 

上演:
淡路島在住アトレウス家




現代美術家でやきものブランドも立ち上げて作家活動している岡本純一さんからお誘いいただきました。
『生活道具の展覧会と、その会場を舞台とした演劇プロジェクト「淡路島在住アトレウス家」の上演。』

淡路島にUターンしたかと思ったら、淡路島美術大学と銘打ってアトリエとギャラリーを主宰する岡本さん。
広く鋭い眼と、確たる軸を持って、横断的な思考と柔軟な活動を展開している彼ならではの
本当に興味深い企画です。

セレクトされている作家は扱うメディアこそ違えど、どこかメインストリームからズラしたところでアプローチされている方々。
とはいえ僕も含め皆、おそらくそれは、もの作る行為に対してそれぞれがそれぞれに真摯に、まっすぐに向き合って得られた姿勢。

いち素材やメディアに閉じ籠ることなく思考し、正直な身振りとしてものに落としていく。
そんな作家の作品であり、かつ生活道具であるものたちが構成された会場に、
ギリシャ悲劇の家族をモチーフにする演劇プロジェクトが何らかの時間を与え、
その穏やかに見える家を呼吸させます。


と書きつくりつつも、僕自身どんな展示会になっているのかちょっと想像つきません。
でもそもそも各地幾人かの作家をわざわざひと所に集めるわけですから、どうなるのか?という期待はあってこそ。


実際問題、会場のある淡路島へはひょいと行く気分にはなりにくいものですが
会期最終日、12/23にはアトレウス家の上演クロージングパーティーも予定されています。

昨年訪ねた淡路での夏の記憶は今も鮮明で、もろもろを引っ括めた意味でのあの環境に、
また身を浸したい。
そう思って、僕自身もクロージングに駆けつける算段を練っております。


のんびりゆったりの会期ですので、大きく、穏やかな気持ちでスケジュールを調整して、
ともあれ機会を逃さぬよう十分注意もして、
ぜひぜひお出掛けください。


きっと、良き旅ができるはずです。
どうぞよろしくお願いします。



b0156116_22593388.jpg

[PR]
by aji-kyuu | 2013-11-16 22:50 | 案内 | Comments(0)
美味しいご飯
益子陶器市、クラトコ、
と瞬く間に過ぎ
色々な方々との出会いもどこか白昼夢のよう。
頭も気持ちも整理できぬままではありますが、
今週末からは瀬戸のいつものお店での展示会。


b0156116_28496.jpg食材から始まるうつわ02
「米」を食べる


2013年11月16日(土)〜12月9日(月)
ギャラリーくれい HP

出展:
安達健 阿部未来 一久堂 上松香織 
岡山富男 栂尾しづく 安江洋






今年の春先にシリーズ一回目として開催した時のテーマ食材は「魚」でした。
半年ぶりの開催となる今回、季節はもうとっぷりと秋。
言うまでもなく収穫の秋。
新米のシーズン!
ということで、
美味しい米をさらに美味しく食べるためのうつわの提案です。




ご存知、多様な技法の作家がひしめくギャラリーくれいですから、
きっとそれぞれの「お米」にフィットして、自然「お米」の美味しさが口に広がるような
そんな器に出会える良い機会となるかもしれません。


どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2013-11-13 02:30 | 案内 | Comments(0)
秋深し、
神奈川県大磯でのグループ展「小さなうつわ展」
それから地元岐阜県での個展「トナリにうつわを」、ともに終了しました。
お越しいただきました皆様、ありがとうございました。



ここ数年、この時期になるとあちこちでの展示会に参加させていただいています。
いろいろが重なって、正直本当にバタバタするものではありますが
そんな中でもそれぞれの展示の主題、あるいは自分で設定する“ねらい”に面と向かって
土にまみれ、煤にまかれ、半ばこんがらがるようにして器を捻り出しています。
まだまだ余裕もって、しれっとこなせる自分ではないのが実状。
毎度「もうひとつ届かなかった‥」と悔しさを噛み殺し店頭に立っています。(もちろんその時々に出品しているものに、相応の自信は持っていますけども)
その意味で会期が終わればその都度、新たな課題を背負い込んでいます。

やればやるほどに、眼前の山は高くなっていく
そんな気分に滅入ることもなくはないのですが、
他方で、その遥かな頂にむくむく意気湧くのもまた自分。

様々な方々との出会いで、四方八方枝葉が伸びていく感覚もあり、
つくづく、終わりのない仕事だと思い至ります。

言い換えると、“常に出来上がらない”とも言えそうな作家、とその器。
経た時間空間、あらゆる作用で変化し続ける作家ものを定点観測できる、
そんな機会となるイベントが、近く開催されます。

毎年2回、恒例の陶器市です。


益子 秋の陶器市

2013年11月1日(金)〜5日(火)
9時〜17時 *時間は目安です。会場によって異なります。

栃木県益子町内各所
益子町観光協会




僕はいつも通りの陶器市会場最標高の芝生の広場、陶芸メッセましこ・遺跡広場にテントを出します。

野焼を除く、ほとんどすべてのシリーズを並べられるかと思います。
安達の現在をどうぞご覧ください。


天気良いといいな。
紅葉美しくあれ。


秋深き小旅行に、ぜひ。
[PR]
by aji-kyuu | 2013-10-24 22:10 | 案内 | Comments(0)
海手の秋
現在岐阜の山のカフェにて開催中の「トナリにうつわを 安達健 陶器展」
つい先日の週末には、時間帯によりかなり混み合っていましたが、平日ですと本当にゆっくりのんびり
贅沢な時間を過ごせます。
水木はお休みなので、月火金が個人的にはおすすめです。


さてさて実りの秋。
イベントシーズン。
次は海の香存分な神奈川は大磯でのグループ展。


b0156116_21113915.jpg


小さなうつわ 展

2013.10.18(Fri)-20(Sun)
10:00-18:00

大磯 JELLarchitects (神奈川県中郡大磯町東小磯86)

[参加作家]
安達健 岡崎慧佑 岳中爽果 前田直紀 (陶)
加藤育子 (木)




ここ2年続けて出品させていただいている
別荘地大磯の素敵な日本家屋での展示会です。


主催はもちろんうつわ謙心さん。

昨年一昨年とは少し趣向を変えて“小さなうつわ”の展示販売です。
とはいえこれまで同様、会場では「日本家屋で珈琲を」と題して
19、20日の土日に限りカフェとしての営業も行われます。

また19(土)には17時半から2ステージのイベント『うつらわ・ば』 〜うつわ・はな・おとの一期一会〜が開催されます。
『はな』は大島健吾さん(オオシマ草花店)と今井蒼泉さん(龍生派)。
『おと』はkoyuさん。
昨年、会場である日本家屋に設えられた庭園を舞台に素晴らしい時間と空間、場を作ってくださった
生け花と音響のパフォーマンスです。
こちらイベントに限り、入場料¥2,000(ワンドリンク付き)が必要です。


それからそれから、
期間中の3日間は会場周辺あちこちで展示会、イベントが開催されており、
大磯うつわの日として盛り上がります。
素敵なガラス作家の個展や、カフェや蒲鉾屋とのコラボレーションなどなど。
海を目の前にする大磯ですから、朝市も見逃せません。


歩くのにちょうど良い季節。
ちょうど良い規模のまち、大磯。
潮風を感じる秋もきっと記憶に残るはず。

ぜひぜひお出掛けください。

安達は
18(金)、19(土)の二日間会場におります。
よろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2013-10-08 22:20 | 案内 | Comments(0)
ありがとうございました。
少し間を空けてしまいましたが、
今週頭の9/30、東京石神井knulpAAさんで開催しておりました個展が終了しました。

お越しいただきました皆様、ありがとうございました


今回はお店の移転リニューアルオープン、ということもあって
本当にたくさんのお客さまにいらしていただきました。
場所が変われどknulpでは3度目の個展。
会いに来てくださる方、器をリピートしに来てくださる方、お使いの僕の器の“今”をお知らせくださる方。
ひと所で発表を続ける意義とはこういうことなんだと腑に落ちました。
そして、なんだろうか
同じ時間を重ねてきていることの幸福を感じずにはいられませんでした。

店主の町田さんはこの地で10年。
うち僕のご一緒したのはたかだか2年半ほどではありますが、
それなりにいろいろと言葉を交わし、僕の「やりたい」物事を受け止めてきてくださいました。
正面から打ち返してくるでもなく、さらさら流すようでもなく、
しなやかに、丸みを帯びたかたちでもって差し出してくださるような、
そういったお店でありご主人が、そういった仕草でのコミュニケーションを処々方々と重ねてきた結果としての
緩やかに集う場が、移転してもなお
否、むしろスペースがリセットされたからなおさら、物理的空間を越えたところに確かに立ち上がっているという感覚を、感触をしかと得ることができた今回でした。

建築家である弟さんと作られたお店の設えそれ自体にもすでにそれが十二分に表現されていて、
今後ここに何が集い、誰が去り、何が生まれ消えるのか
過去にも未来にもありとあらゆる物語を含んでいながらにして、まるで予兆されていないようなたゆたいもいまだ残す。

このお店のような器を、僕は作っていきたかったのかなと、
今思えばあまりに符合していた今回のDMに寄せた文章を、自分自身あらためて噛み締めています。



さて、所変わって今日より岐阜で開催している「トナリにうつわを 安達健陶器展」

初日でしたので、一日在店させていただき
せっかくだからと、会期中の特別ランチメニューをいただきました。
(詳しくはトナリ&notariさんのブログで。)

これが本当に美味しい!
しっとり、ほんのり甘辛い栗ご飯に
酸味のある豆味噌の豚汁。
焼いただけ、揚げただけでこんなにも豊かなお惣菜。
コリコリ止まらない漬けもの。
そしてほろほろの栗餡どらやき。

ごくごく普通のお昼ご飯とさして変わらないはずが‥
風景とも相まって、あまりに美味しいもんだから
思わずここに記しました。

このお昼を食べにだけでも、ぜひ。


展示会について、詳細はこちら




b0156116_23152912.jpg

[PR]
by aji-kyuu | 2013-10-04 23:15 | 案内 | Comments(0)
いつも隣に
b0156116_20452576.jpgトナリにうつわを
安達 健 陶器展


2013.10.4(Fri)-22(Tue)
11:00-16:00
水木定休

器と雑貨トナリ 
(岐阜県揖斐郡揖斐川町東横山650-4)



食べることの隣には
いつもうつわがあった。
普段使いの陶器の展示会。



工房のある地元岐阜県内で初の個展です。


会場となるここトナリさんは、隣町。
ではあるものの、我家からでも車で30分強。
何本もトンネルをくぐって、山を越え谷を抜けたその先。
「すぐ近く」とは正直言いにくい。

けれど、けれど
ぜひとも来てほしい、というより
一度は絶対に行ってほしい、そんなお店です。

カフェめぐりをするような人には、ずっと前から噂になっているそうな
知る人ぞ知る「cafe notari」。
そこに昨年から併設された器と雑貨のお店です。

旧郵便局の木造の建物を店主林さんがご自分の手で改装されたという
それはもう完璧な内外装。
太い梁や柱、古道具と現代の作家もの。
美味しいコーヒーやお菓子。ランチ。

それっぽいお店って、都心にもあるし
それはそれで十分良いのだけれど、
ここは本物。
真に生なる時間がぎゅっと閉じ込められた、厚みある空間です。

だからかな。
無理に気張ったところも感じられなくて、居心地がとてもいい。

店主さんのセンスはもちろんのこと、
心意気というか、生き様がちゃんと染み込んでいて、信頼できるところ。

そしてなんといってもそのロケーション。
本当に山あいにポツンと建つので、
トンネルを出るごとに空気の温度、湿度、匂いが変わっていって
雲行きも変わる。
遠近感を狂わすほどに迫る森。
川の流れも遠くに聞こえ、鳥なんかの生き物の息吹を肌に感じて
とにかくちっぽけになれる自分。

これら環境をも込みで、このカフェはあります。

もし仮に展示会をやる予定がなくても、今一番おススメのカフェを問われればnotariと即答します。


だから今回はこの展示会をきっかけにして、ぜひぜひトナリに、cafe notariに足を伸ばしてください。
道中、秋風感じながら、紅葉探しにドライブ。
帰りに道の駅で温泉。

遠くから来てこそ楽しめる展示会だと、心から思っています。


また期間中、カフェにて僕の器を使った特別メニューも用意してくださることになっています。

今年の栗は豊作だったから、と『おうちでとれた栗のお昼ごはん』数量限定で。
予約可能なので、あらかじめお電話しておくことをおすすめします。
tel&fax 0585−52−2312



安達の在店は
10/5(Sat),6(Sun),13(Sun),14(Mon),20(Sun),22(Tue)
の6日間。

ご飯の器中心に、
隣に置いておきたい、近しい陶器を並べます。

よろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2013-09-26 21:46 | 案内 | Comments(0)
流れゆく時の中で
b0156116_23215934.jpg安達 健 陶器展

2013.9.21(sat)-30(mon)
11:00-19:00

*会期中無休(最終日は16:00終了)
@ knulpAA

草木花スタイリング 小林真夕



*DM葉書での会場住所の表記に間違いがありました。
「東京都練馬区石神井町1-21-16」が正解です。
お気をつけください。



変わりゆくもの、変わらないこと。

変化はそれだけで記憶となり、
ものに託されれば瞬間、記録となる。
記録は常に記憶をあぶり、変化を教える。

記憶と記録は互いに往き交う中で
時に育み合い、時に刷り替わりつ
歴史となって、ことを伝える。

変化するうつわはいずれ器を越え、
あなたの暮らした歴史になる。


― 本展にそえて






どんなに抗ってみても、流れゆく時の中で、
せめて変わらない何かを
そばに取り置きたかった。
のかもしれない。

けれどそれは大きな矛盾を孕んで
次第に世界を歪め始めた。

僕らはとっくに気付いていた。
自分の手のしわが年々深くなっていくことを。
そしてそんな手が、ちょっと格好良いということを。

重ねた年の厚みが、財産そのものだということを。



使えば使うほどに、量感を増していくうつわ。
そういうものを作っているつもりです。


東京での一年ぶりとなる陶器の個展。
昨年末、惜しまれつつ閉店したknulpAAさんの移転リニューアルオープン
飾らせていただけることとなりました。

knulpさんがこの地で重ねてきた時間を、新たな場でもう一度動かし始める
その一足を担えること、大変光栄に思います。
否応なく、力が入ります。

僕の在店は9/21〜23の三日間。
今回ももちろん小林真夕さんに花を生けてもらいます。


季節は秋。
ぜひお越しください。
[PR]
by aji-kyuu | 2013-09-13 00:11 | 案内 | Comments(0)
真夏の妖艶な扉を開く
連日の気温40°超えが報道されている四国にて
初めての展示会です。



妖艶な扉 酒器展

2013.8.24(土) - 31(土)
9:00 - 22:00
会場:道後の町屋(愛媛県松山市道後湯之町14-26)
主催:うつわ謙心

出展:
安達健(陶/岐阜) 池田麻人(磁/砥部) 伊藤剛俊(磁/益子) 大中和典(陶/山口)
北川チカ(磁/東京) 都築明(磁/長崎) 水垣千悦(磁/大分) 村上祐仁(陶/岐阜)
海野貴彦(絵画/松山)

「上品で美しく」「妖艶」で艶めかしい作品を展示いたします。



名湯道後温泉の元湯からほど近く、
大正浪漫というに相応しい、深みと落ち着きのある町屋カフェにて酒器に絞った展示会が開催されます。

メンバーはそれぞれに魅力ある作り手たち。
作家の美と妖しさが、小さな中にぎゅっと凝縮されて並ぶはずです。

僕は長石シリーズを中心に、磨きあげられた町屋の柱のような艶く器を目指します。
24、25日の土曜日曜は岐阜から海を渡って道後入り予定。

その二日間はイベントも特別開催。



『night bar ~艶めかしい夜~』
24(土)、25(日) 両日18:00 - 22:00

「妖艶な扉 酒器展」のためにあの美女たちが道後温泉にやってきます。
特別メニューをご用意して皆様のお越しをお待ちしております。



薄々勘付く方もいらっしゃるかもしれませんが、
そうです。そういうことです。



器好きも、酒好きも、そして遠方の旅好きにもきっと楽しんでいただける企画です。

この夏はぜひぜひ道後温泉へ。
汗を湯で流したら、夕涼みがてら散歩してバーにでも。
いいプランだと思います。


よろしくお願いします。





b0156116_2234488.jpg

[PR]
by aji-kyuu | 2013-08-13 22:34 | 案内 | Comments(2)