カテゴリ:考える( 62 )
食べごとのそれぞれ
僕の住む浦賀では、
台風が最後の夏をごっそり持ち去ったかのように、空気が入れ替わりました。
秋晴れ。涼やかな風。刷毛の目雲。

先日、東京石神井公園にて開催していました「安達 健 陶器展」が無事終了しました。
最終日こそその台風の影響を受けてしまいましたが、
それでもこの良い季節。
毎年顔を出してくださる方とも、初めて訪れる方とも沢山お話しさせていただきました。

貴重なお時間を使ってわざわざお運びくださいまして、本当にありがとうございました。

長く楽しみにしていてくださった人も、たまたま通りがかった人もいらっしゃったことでしょう。
その皆様全員に終始万全なご対応ができたわけではないと思いますが、
僕、ギャラリーとも精一杯の展示をさせていただいたつもりです。
その場を楽しみ、品ものだけでなく明日の食への何らかのモチベーションを持ち帰っていただけたとしましたら、これ幸いです。


今回、knulpAAさんでは7年目となる個展。
例年にも増して印象的だったのは、いらっしゃるお客様たちと「器の使い方」について多くお話しできたこと。
どう使うかの遣り取りをしていると、自然お相手の食事が、食生活が見えてきます。
良し悪しとかではなく、それぞれがそれぞれに事情を抱えていながら、
それでもなべて食に向き合っているという当たり前のこと。
その食の場をより良くしたい、というごく純粋で前向きな姿勢は、
それをお勧めしている僕自身ですらちょっと感動するものでした。

特別企画「盛る楽しみをつたえる食事会」でも、瞬く間に埋まった10席のお客様には
我々飲食素人の稚拙な進行ではありましたが、「盛ることの楽しみ」を存分に感じていただけたのではないでしょうか。
お料理と器の主従のない幸福な関係が表現できたと思っています。


この秋を迎え、また一年の食器作りの日々が続きます。
来年はここ石神井で何をお見せできるか。
自分自身楽しみでいます。

今後ともご注目のほど、よろしくお願いします。



b0156116_20402821.jpg

[PR]
by aji-kyuu | 2017-09-19 22:00 | 考える | Comments(0)
謹賀新年
b0156116_21072254.jpg


新年明けまして、おめでとうございます。


平成29年。
年があらたまりました。

日々は等価に「新しい」のだけれど、やはり一つの区切りとしてここは大事にしたい。

このところの恒例で、
横浜の妻の実家にて年を越し、明けたその日に愛知の実家へと駆け付け、そのまま少し足を伸ばして親族の食事会に顔を出す。
そこで90歳近い祖父母から、まだ半歳の甥っ子まで総勢20名ほどに挨拶。
一昨日我が家に戻り、本年の仕事初め。

年に一度のこの機会はいつも、慌ただしさを一旦押し留めて、自分の根深いところを省みる貴重な時間。
伴侶を得る前、やきものを生業とする前、安達健が「安達健」である前、
あの日の自分と今日の自分。

とりわけ昨年は環境が目まぐるしく変わり、その中で入出力いずれも多く、
思い返すとぞっとするくらいスリリングで、ゆえにエキサイティングとも言える一年だったわけですが
他方、自分のルーツを辿れば必ずそこがあって、手繰れば必ず同じ人達に囲まれている。
そのつまらないほど当たり前で、安心のする事実を、毎年噛み締めます。

この一年は作家としてももちろんのこと、人としてとても成長できたと自負できるものではありましたが、
僕は僕でした、と。

今年もまたここから始まります。


落ち着いて暮らせる場をいただいたのだから、その恵みを形にして返していこう
という本年の抱負です。


皆様、どうぞよろしくお願いします。


[PR]
by aji-kyuu | 2017-01-05 21:50 | 考える | Comments(0)
移転しました!
b0156116_22422444.jpg



新年、明けましておめでとうございます。


ご報告が少々遅くなってしまいましたが、
実は僕安達健は昨年末にやや無理を押したスケジュールで引っ越ししまして、
現在神奈川県は横浜市に暮らしております。

およそ8年に渡って、文字通り我が身を支え、育んでくれた岐阜県本巣市からの拠点移動です。

現段階ではまだ工房の住所が確定しておりませんので、
そのお知らせは改めてさせていただくとして、
今日は新年と新天地での再スタートに当たっての所感といいますか
ここひと月ほどつらつら感じ考えてきたことを、この機に記しておきます。



きっといつかはすることになるだろう
と幾分のんびり構えていた横浜への移転が、急展開してこのタイミングとなったのはおよそ一年前。
今回の主たる理由は家庭の事情によるところが大きいのですが
環境の転換それ自体は実のところ来るべくして来たというのが感触としてあるのも正直なところ。
潮目というと語弊もあるかもしれませんが、決めた当初から「今がその”よい”機会なのかもしれない」と思っていたのも事実。
断腸の思いで、とか、苦肉の選択で、ということは実感として一切ありませんでした。
それもついひと月くらい前までは。

岐阜から横浜というと実際距離にして400km近くあるわけですが
現代の都市間にしたら大したものでもないし
住む場所がどこであろうとも僕は変わらない、やることも変わらない、
とまあ、自負心ゆえか案外に気楽に構えていました。

けれど実際に引っ越しが迫るにつれ、離れがたい気持ちが日毎増していくのです。

挨拶で回る人たちからの言葉や表情、態度。
そういった表面から漏れる胸中。
そのいちいちにこちらの感情も引っ張られ、
そうこうしていると、その人であったりその場所であったりにかつての自分が移り残っているようにも思えてきて、
そのことが僕の心持ちをじわりじわり重くさせていくのです。

まったくネガティブな意識は持ち合わせていなかったし、
むしろ新たな挑戦ともなろう先には、か細いながらも明るい光を感じていたはずなのに
なんだろうこの心身の重さは。

我ながらそんな体に陥った自分に驚き、引っ越しの準備にも幾らか足踏みしてしまった数日がありました。

正直初めから深い縁のあった人や場は少なかったろうし、
たまたま、偶然そこに居合わせた、出くわした、言わばそんなくらいの関係だったはずなのに、
本人知らず知らずのうちに、根は伸び絡みしていたようで
その根は以外と太く深く茂っていたのです。
今回そのことの不思議と、尊さをまざまざと思い知らされました。


住んでいた家の片付けで出たあれやこれやの道具、生活ごみなどあまりに多量だったっため
やむを得ず庭先で数日間毎夜大きな焚火をして燃やしていたのですが、
幸いにもその幾晩は月がきれいで、番をしながら缶ビールをちびりちびりしていました。
空気は冬らしく冷たかったけれど、
側に寄ると手が届かない距離でも熱いくらいで、足しにしていた薪の香もいい肴になるし、
何より、盛んに燃える炎の揺らぎや時折はぜる音韻が心地良く、
その”やきもの”に魅入っているうちに、ぐるぐる複雑にこんがらがっていた心が解きほぐされていくようで
僕は火に本当に助けられたのでした。
今思えば、あの焚火は僕にとって必要だった儀式で、あれはまさに送り火だったのだと得心するのだけれど、
それを扱う業にありながら恥ずかしいことですが、火がことこれほどの力を有していることを僕は解っていませんでした。



そんなこんなで自分の見積もりの甘さも祟って、方々へご迷惑をお掛けすることとなり、
なおかつ多大に助力いただくことで、ようやっと移転が完了しました。


今現在はもっぱら荷解きや各所の片付け、環境作りに日々精を出していまして、
春にはこれまで通りの陶器作りを本格化させていく算段をしております。

岐阜や愛知で得た沢山の経験や繋がりを財産として、
それを基に、またこの地でも変わらぬ信念とスタンスでもって
作家としてはもとより、まず人として自在に柔軟に渡っていきたいと考えています。

ひとまずはこれまでをじっくり見直し、これからをどのようにも見据えることができる今の貴重な時間を存分に味わいつつ、
また時と共に一段一段積み上げてまいりたいと思っておりますので、
これからも引き続き良きお付き合いを、どうぞよろしくお願いいたします。


以上いつにも増して長くはなりましたが
年始のご挨拶と替えさせていただきます。

皆様にも幸多き一年をお祈りします。




* 引越しに伴い、メールアドレスを変更しています。以下よろしくお願いします。

ajikyuu⚫︎gmail.com (⚫︎は@に変えてお送りください。)
[PR]
by aji-kyuu | 2016-01-10 00:26 | 考える | Comments(2)
うつわを食べる
今週末に個展が迫ってきています。

窯からすべてのうつわが上がってきました。
残念ながら外では雨が音を立ててきています。


ともあれ、今回は会期中にトークイベントをさせていただくことになっています。
題目は「うつわで食べるということ」。

限られた時間。
具体的にどんなことを話そうかと、ここのところ焼き上がりを仕上げつつ考えているのですが、
やはり外せないのは、毎年毎年深まっていく食器への思念。

この記事面で話してしまうのはさすがに興が冷めるので、
例示に留めておきます。


b0156116_2134294.jpg












緑灰釉 五寸角皿
b0156116_21341428.jpg












黄灰釉 五.五寸深鉢


いずれも、大根と厚揚げを焼いて肉味噌を添えたもの。
同じ料理も、盛る器によって調理方法が変わってくるものです。

取り立てて語ることでもない気はするけれど、
こういったことの周辺にあるものを僕の言葉でお話ししたいと思っています。

ギャラリートーク 「うつわで食べるということ」
9/12(sat) 17:00-
参加無料、途中入退場自由



天気はどうだろうな。
knulpの空間なら雨垂れを聞きながらも悪くないかもしれません。

よろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2015-09-09 22:10 | 考える | Comments(2)
コンテクストはテクストを超越したか
僕らのコンテクスト 安達健 白石陽一 陶器展 先日無事終了しました。


いつにも増して、期待を胸にお越しいただきました皆様、
ありがとうございました。

けして多くはないけれど、皆が皆丁寧に物を観、場を感じてくださったこと
あるいは何かを持ち帰ろうと感覚を澄ましてくださったことは
会場に居てひしひしと伝わり、
その目の動き、一足の向き、身振りしぐさ、
僕もいつにも増して眼で追って、
こぼしてくださる一言に耳をそばだてました。


haseという池に一石を投じて、水面に広がる波紋が色々な形にはね返ってくる。
それがまた返り、返し。
その楽しみの場としての展示会の役割を、あらためて思い知る機会となりました。



テクストは常にコンテクストによって裏打ちがされていて
というかそれはそもそも一体で、
テクストをどう解釈するかとは別の問題として、在るわけで
「物語を付ける」とか「付加価値」とかあらたまって言うまでもなく、はじめから内在している。


一方、ハイコンテクスト社会と云われる日本はすでにほつれつつある。

なんだか通じない、伝わっている気がしない。
前提としてあるはずのコンテクストの共有が為されていない、ないがしろにされているということが
本展企画の後ろを支えた個人的な危機感でした。

その瞬間目の前にある実際を重んじることによって、
相対的には軽んじられ、それどころか引き剥がされるきらいすらあったコンテクスト。
「おもい」とか「うるさい」とか。
都合良く表面だけさらわれて使い捨てられていくテクストたち。

そんな残骸で周囲を埋めつくしてみても、豊かとは到底言いがたいわけで。



今回僕の作品に新作が少なかったのは、
あえてそのいつものテクストにあらためてコンテクストを添えて提示し直したかったから。
作家本人にしたら、それこそがごく当たり前の姿で、いつもと同じ意識でもってのぞんでいるつもりですらあるのですが、
いらしてくださった方々にはちょっと違って見えたかもしれません。
展示会の醍醐味はそこにこそあるように思います。

ともかくもある意味これまで以上に自分をさらした展示会となりました。
それゆえ相応の得るものがありましたし、先々が拓けた気もします。


自分は今どうしたいのか。
ひとは今何を求めているのか。
僕らには今何が必要なのか。


僕らのしごとが、なおのこと楽しみになってきました。



今展にお越しくださいました皆様、有り難うございました。
今後にもどうぞご期待くださいませ。
[PR]
by aji-kyuu | 2015-03-04 23:01 | 考える | Comments(0)
謹賀新年
明けましておめでとうございます。


年があらたまりまして、平成27年。
岐阜県本巣市は雪の降りしきる真っ白な元旦でした。


今年はどんな一年になるだろうか。

挑戦の多き日々になることは、どうやら間違いなさそうです。

行く先が真っさらで見通しおぼつかなくても、
一歩一歩踏みしめて、足跡付けていけたらそれで良いのかな。

ともあれ楽しみです。


皆様お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします。




b0156116_1011868.jpg

[PR]
by aji-kyuu | 2015-01-01 10:17 | 考える | Comments(0)
きょうの話し、あしたの話し
飛ぶように数日。

静岡での初の展示会「暮らしのうつわ展」が無事終了しました。

会期終了直後から、別件であちこちしていて遅くなりましたが、
あらためましてお越しくださいました皆様、ありがとうございました。

限られたエリアではありましたが、静岡という土地で展示会ができたこと
本当に良かったと回想しております。

何より、人に恵まれた今回でした。
二人展相手役の岩田智子さんはもちろんのこと、テクラのオーナーご夫婦、
そしてそこに集うお客様。
けして大きくはないけれど、よい巡りの磁場がここに確かに在ることを感じられる
そんな会になりました。
それぞれの方と、場に深く感謝。

晩秋のローカルで豊かな食も堪能。
身も心も少しは肥えたかな。


僕も、僕と岩田さんも、僕らとテクラさんも
「まだまだ」という段階ではあるだろうけれど
「まだまだ」先がある、そういう前向きに繋がるビジョン、展望のようなものを
共有できた気がします。

またひとつ明日が楽しみになりました。


さて、そんなあした、来年2015年は
地元とも言える名古屋や、杜のみやこ仙台の新たにお付き合いさせていただくお店などでも展示会を予定しています。

今の自分と自分のうつわが、
その時その場でどう並んでいるのか、我ながら楽しみは尽きません。
皆様もそんな思いで、引き続きお付き合いいただけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。



b0156116_23191988.jpg

[PR]
by aji-kyuu | 2014-12-05 23:16 | 考える | Comments(0)
ユノネホウボウ無事終了しました。
気付けばすでに一週間近く経ってしまいました。
あれこれ思い致す間に、時は容赦なく過ぎますね。



先日、今年前半の安達健の時間と労力を大きく割いたイベント「ユノネホウボウ2014」が無事閉幕しました。
お越しくださいました皆様、実行委員始め関わってくださいました各所、担当の皆様、
心より御礼申し上げます。

今年で4回目。
立ち上げより代表として主導してきたイベントが2014年度も大きく成長を遂げ、想像を超える動員数という成果を上げることができました。
重ね重ねありがとうございます。


ひとまずはほっと胸を撫で下ろしているところではありますが
こうして成長すれば成長しただけ、相応の課題、新たな問題が見えてくるものです。

そもそもが平凡ないち作家である僕一人で負えるところの代物ではなく、
実行委員会やサポートスタッフとして深く関わってくださる方々が
より良い作家業とその周辺環境の醸成を願い、
力を持ち寄り、様々な困難からなんとか這い上がって、良かれと思うところに落とし込んできました。
思い起こせば相応の労苦があったわけですが、
その試みは人づてに伝わり、確かな手応えとして毎年毎年実感してきたところです。
そんななか今年、会場を街の中心部に移す決断をしました。

理由はいくつかあるのですが、
その一つとして、「僕ら」から「みんな」への意識の伸展があったことが挙げられます。
「僕」が「僕とあなた」になり、いつしか「僕ら」へと調い
自然な流れとして「みんな」に行き着く。

イベントとは字面通り“出来事”そのものであって、それを出来事足らしめるためには
時間と空間=場、そしてそれらを共有する人や物、多要素が深く噛み合う必要があって
そのうち何かを取り上げれば、必然ほかも頭が揃ってくる。

また一方で「僕」ないし「私」はたとえ代表という立場であっても
その“出来事”の前ではちっぽけで、一要素に組み込まれるものです。

間違いなく、ユノネホウボウは僕が旗を揚げた催しなのだけれど
ひとたびその場、うつわを用意すれば
その内外には瞬く間に“事”が出来上がっていく。
それは自然発生的に、また勢いよく、ことによると思い掛けない事も立ち上がる。

まずもってこの数年の展開を思えば、本当に興味深い。
面白いなあと思う。


ともあれ今一番に自分へ言い聞かせたいのは、この「みんな」へと到る流れをけして見誤ってはいけないということ。
たった一人二人の声が、みんなへと広がってきたことそれ自体は、素晴らしいことだと思うし
心から嬉しい。
ただ、ただ、その大合唱の中に「僕ら」の声、「僕とあなた」の声、「僕」の声を聞き逃してはならない。
その声をきちんと言語化して、こぼさないように掬いとっておかなければならない
そう考えています。

「みんな」が中心のない、だから外殻もない得体知れない「みんな」であっては
せっかく持ち寄られている個々の想いや願いが形結ばず霧散する。
そういう残念な例を見た覚えは、誰しもにあるはずです。


「ユノネホウボウ2014」は事実思う以上の大盛況とともに幕を閉じました。
だからそれゆえに、危機感は片手にしっかり引き摺らねば、そう思っています。

これから次の開催へ向け、僕らはまず「僕ら」の声に聞き耳をたてるでしょう。
誰とも知れない「みんな」ではなく、「僕」であり「あなた」の声に。
自分ですら勝手にボリュームを絞ってしまいつつあるその声。
そこから、きっと妥当な未来が導けるのじゃないだろうかと、少なくとも僕は思っています。


これはもう、ユノネに限ったことではないですよね。
「みんな」ってとっても素晴らしい単位。
素敵なスケール。

でもそれはあくまで個の集合。

個を出発点にする。
これ、まさに作家の哲学ですから。



今後とも陰に日向に、応援のほどどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by aji-kyuu | 2014-06-13 22:28 | 考える | Comments(0)
方々から、ひと時、交差点として
先日の東京での2つの展示会「一汁三菜」「山本英樹・安達健 二人展」へお越しくださいました皆様、
ありがとうございました。

まだまだ満足には到りませんが、それぞれに手応えのある器作りができたと思える2件でした。


さて話は一転。

今年もいよいよ参加者募集を開始しました、

b0156116_2262182.gif について。


こちらはかれこれ3年前から、愛知県瀬戸市を舞台に作家たちと主催しているイベント。(昨年の様子)

僕安達を代表とした作家数名と料理家による運営の、東海圏のやきもの作家を紹介する野外フェアです。
もの作りの現場にて、作家本人がその作品ともの作りの背景をそれぞれのブース内に広げ
お客さまと対面至近距離でのコミュニケーションをはかることを主眼としております。

作り手にとっては“当たり前”のこと、作り方や技法原料、人となりまでを開示して、
その後ろにある美学や価値観、哲学を共有できたらどんなにか素敵だろう、と。
お客さまの目と手がゆき届くスケールを維持するため、出展はやきものに限定していて、とりわけ器に特化しているので、
それら思いを各々が容易に暮らしに取り入れられるという贅沢なイベントです。

同業作家にとっても、普段踏み入れにくい作り手それぞれの核心にまで触れ得る絶好の機会。
自らの作家業を省みる貴重な場となっているはずです。


それが今回は会場移転。
瀬戸川沿いの道路脇に場所を移し、Art walkホウボウツタワルテシゴトという、
運営体もそのスタイルもこれまた違った特色ある2イベントと同時開催という形で展開されます。

4年目となるユノネホウボウは、街に下り、より垣根なく、はたまた特別なジャンルとして内向するでなく、
暮らしという同じ地平のもとに立脚する者すべてのためのイベントとして
6月の開催までひた走るつもりです。
どうかご注目のうえ、
作家や飲食関係者さんは参加のご検討をいただきたいですし、
そうでない方は、いつでも主客転倒し得ることを前提としてひとまずはお客さま、
あるいはイベントを方々からサポートする役回りにて
何らかの形で関わっていただけたら幸いです。

今回もどうぞよろしくお願いします。



b0156116_23465573.jpgユノネホウボウ2014
〜やきものとその周辺〜

2014年6月6日(金)、7日(土)、8日(日)
10:00〜17:00(少雨決行)

Mパークと末広商店街ニコニコ広場(愛知県瀬戸市)


オフィシャルサイト http://yunonehoubou.jimdo.com/
オフィシャルブログ http://houbou.exblog.jp/
[PR]
by aji-kyuu | 2014-02-03 23:57 | 考える | Comments(0)
年の節目に寄せて
寒中お見舞い申し上げます。


明けまして‥と言いたいところでしたが
あっという間の寒の入り。

あらためまして、
本年もどうぞよろしくお願いします。



昨年は大きな環境の変化があり
それに合わせて自分をも変化させることに終始した一年だったように思います。

作家として以上に、人としていくらか成長できた気がしています。
「まだ僕はこんなにも変われるんだ」と実感できた去年。
今年もまたひとつ変われるでしょうか。

何の変哲もない、穏やかで平凡な毎日が積み重なっているようで
以前の自分ではない自分に、はたと気付く。
じわりじわりと理想へにじり寄るように、
坦々と日々を暮らしていきたい。
2014年もそんな風に思っています。



b0156116_2153506.jpg

[PR]
by aji-kyuu | 2014-01-05 21:53 | 考える | Comments(0)