「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:その他( 22 )
始まりの日に
b0156116_19195845.jpg




本年も、きっといい年。

夢を肩に、手足動かし歩いてゆきます。



どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2012-01-01 19:22 | その他 | Comments(0)
山下りて
先日「国際陶芸フェスティバルinささま」 International Ceramic Art Festival in Sasama
無事閉幕しました。

世界各国のビッグネームの作品と、そのもの作りの一端を間近に、
ご本人からそれぞれの哲学や想いを垣間見られるという貴重な体験が
まさかあの山奥の小さな集落の、元小学校舎でできるとは。
まずもって、なんだかとても不思議な心持ちになる経験でした。

また、普段ああいったテント下で見られない方々の作品とその人となりに触れられたのも
僕ら作家、お客さま双方にとって、良かったのではないでしょうか。

二晩の合宿のような生活も、他にはない実りの予感がありました。

イベントとしては、一回目というのもあって、正直課題が多々見当たるものであったことは否めませんが
それでも、このイベント体験をプラスに転がすのは自分次第。
勉強になりました。



山を越え谷を抜け、悪路をお越しくださいました皆さま、有り難うございました。

二年後にも、同様のフェスティバルがまた開催されることになるようです。
より良いものとなるはずですので、ご期待のうえ気長にお待ちください。
[PR]
by aji-kyuu | 2011-11-29 22:23 | その他 | Comments(0)
困った困った
b0156116_21445321.jpgみるみる積もる。

この時間もまだ粉雪がはらはら。






困った。
仕事が進まない。
[PR]
by aji-kyuu | 2011-01-16 21:46 | その他 | Comments(2)
同じ穴
ギャラリー共栄窯でのグループ展、開催中です。

昨晩はオープニングパーティー。
遠方からも「窯工」の先輩たちが集まってくださって、常滑で開かれていることが不思議なくらい懐かしい匂いの場になっていました。

見わたすと、
学生時代は関わっていなかったとしても、その後なんらかの形で僕の活動を助けてくださってきた面々。
あらためて、自分がいかに恵まれた環境でやってきたかが分かりました。


「窯工」という存在に感謝です。





以下、展示風景。
来られていない出展者の方々への報告もかねまして。




b0156116_2213966.jpg











b0156116_22175331.jpgb0156116_22181157.jpgb0156116_22184851.jpgb0156116_2219149.jpgb0156116_22191463.jpgb0156116_221934100.jpg
[PR]
by aji-kyuu | 2010-08-22 22:29 | その他 | Comments(2)
無事です。
一昨日の晩から、昨日の朝にかけていくつか安否を気遣う連絡をいただきました。

まずは、ありがとうございます。

幸い我が家の周辺ではたいした被害もなく、いつもの朝を迎えていたので
ご心配の声に多少驚きもしました。
そんなに遠くない岐阜県内であのような状況になっていたなんて、
僕自身はまったく知らず。


自然を前にしたら、生き死になんて紙一重なんだな。
再確認です。



なにはともあれ僕は相変わらずで元気に生かさしてもらっています。
大丈夫です。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-07-17 23:30 | その他 | Comments(2)
有り難うございました!
昨晩、温泉の誘惑を振り切ってクラフトフェアまつもとより戻ってまいりました。


落ち着いて鏡を見てみれば、鼻の頭は真っ赤。
二日とも日中は本当に好天。
ふと涼しい風が抜けたりと、気持ちの良い松本で今回もまた楽しい二日間を過ごすことができました。

こんな仕事ができる幸せ。

それもひとえに、足を運んでいただいたお客さま、お店の方々の存在があってこそ。
冷静に思えば思うほど、感謝感謝です。


あのたくさんの素敵なものつくりの人々のうちから、僕のテント(というよりお茶箱の前)にたどり着き、
手に取ったり想像を膨らませたり、器を挟んで向かい合ってくださった皆様、本当に有り難うございました。

加えて、ご自分のテントが忙しいにもかかわらず訪ねてくださる作家の皆さん。
真剣にものつくりに向き合っている皆さんの目に適うか、も僕にとってとても気になるところ。
毎回ドキドキしながら、ご意見・アドバイス、有り難く受け止めています。
まだまだすんなり消化していけるような段にはいない僕ではありますが、互いが刺激になれるような“仲間”として、今後もどうぞよろしくお願いします。


最後に、「クラフトフェアまつもと」の主催者、スタッフの皆様。
いろんな意味で大きな大きなイベント。
その舵取りも並大抵の苦労では済まないだろうと想像します。

皆様方のご尽力がこんなに僕を育ててくれています。
あーだこーだと不平不満を漏らしつつも、心中本当に感謝しています。



クラフトフェア、手作り市等が乱立する昨今。
ひとつひとつ、その意義が問われてくる中、長らく運営してきているイベントの向かう先には大変な困難があることでしょう。
それでも、その時その時代を的確に反映して変化しつつ、なお「続けていく」ことの重要性は
毎度「まつもと」を体感するにつけ明らかです。

そのあり方は作家という個人の立場においても、よい勉強になっています。




さて、一山越えてほっとする間もなく
今度はそんなイベント主催の業務。

湯之根やきもの長屋まつり
の開催が週末迫っています。

もちろん、ギャラリーくれい運営メンバーとしての出店もしますが、
まずは企画主としてこのイベントの第一回の成功と、今後へのブラッシュアップを見据えつつ
昨晩の帰りの車中から、頭を切り替えて取り組んでいます。


ご興味ある方はぜひよろしくお願いします。


到らぬところばかりとなるでしょうが、きっとわくわくを持ち帰られるものとなるはずです。

ご期待下さい。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-05-31 21:32 | その他 | Comments(2)
季節の仕事
今日は真夏のような一日でした。


先日、仕事の合間を縫って
これまた生きてゆく上で欠かせないシゴトを。


b0156116_22543643.jpgまずは放置しっぱなしだった庭の草刈り。

苅り払い機での作業は嫌いでもなく、むしろ丸一日没頭したいものの
半日ほど、半分が済んだくらいでタイムアップ。




残りはいつやれることか‥


b0156116_22545222.jpgそれから、別地の小さな畑にもやっと種蒔き。


今年は大豆の収量を増やすことが一大目標。
他に、夏野菜にも手を出しています。

雨上がりだったからか、異様にミミズが多くそれはそれでちょっと心配。


ひとまず本葉が出るまでは、気になって仕方ありません。



とかなんとかしつつも、器作りも佳境。

いずれにしても、お天道様頼みなわけです。


よろしく頼みますよ!
[PR]
by aji-kyuu | 2010-05-17 22:59 | その他 | Comments(0)
2010年 正月
b0156116_23425619.jpg




新年、明けましておめでとうございます。



今年もよろしくお願いいたします。




昨夜、実家からまだしっかり雪の残る本巣に戻りました。

「もう仕事始めか」と問われると、
仕事と私生活の境があるようでないために、いささか答えよどんでしまいますが
今日から「いつも」に戻ったわけです。


大晦日以降3日間はその「いつも」とあらゆる点でかけ離れていたので
あまりに長い「お休み」も正直恐いもの。
それにもとより「お休み」下手。

かたや
やるべきこと、やりたいことは際限もなく。




2010年
挑戦あるのみ。

まだ、まだ、
と求め続けていきます。


変わらぬご支援をいただけると幸いです。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-01-04 00:14 | その他 | Comments(0)
お詫びとお願い
大変ご無沙汰となっておりました。
元気です。


このひと月あまりは、小波大波怒濤のような慌ただしさで

ただでさえそれなのに、急に冷え込んだと思ったら一面銀世界。
30センチほど積もった雪への対応に四苦八苦。

普段の仕事とは別動で企画していたイベントは幸いにして終えられたものの
なかなか消えない庭の残雪で粘土作りもはかどらず。


頭で分かっているつもりでも、毎年この冬場の仕事の停滞感には悩まされます。



そんなこんなでやっとこさ窯焚きに漕ぎ着けて今日に至ります。

まだあとまる一日はかかるのですが‥




今月に納めるとお約束して、お待たせしているお客さま
本当に申し訳ありません。
注文頂いた品は
焼き上がり次第、順次発送させていただきます。
いましばらくお待ち下さい。



こんな状況だから、当然に年を越す用意など一切できていません。
大掃除や洗車はおろか、
年賀状すらノータッチ。


お世話になっております方々
必ずや年始のご挨拶はさせていただきますが、遅ればせての郵送となりますこと
あらかじめお詫びしておきます。

どうぞよろしくお願いします。




残すところももう本当にわずかな2009年。
仕事の納まるのがいつになるかは不明ですが、
ひとまずは納得いくかたちで新たな年を迎えたいと思います。


皆様も、良いお年をお迎え下さい。




b0156116_21125723.jpg脈絡ないようですが、




先日のトークイベントの際に余った外国製ビールを
庭の雪に埋めておきました。



うん、気に入った。

けれども雪はもう消えた。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-12-24 21:54 | その他 | Comments(0)
秋が去る、その前に
寒いですね。

日に日に空気が冷たく、風が厳しくなってきました。

ガソリンスタンドに灯油を求めて並ぶ姿が見られるこのごろです。

明日は12月下旬なみの最高気温だとか、ラジオが告げています。



水が冷たい。

我が家の水はすべて汲み上げたものを引いてもらっているので、夏暖かく冬は痛いくらいに冷えています。

泥によごれた手を日に何度も洗う仕事なので、
それはもう


かといって、道具に任せられないので
ここからは我慢の季節。





話変わって、先週末
12月に予定された自主企画イベントの最終打ち合わせのため、
活動メンバーと大阪へ。

交通渋滞を避けるため、鈍行列車の旅。

それだけでも充分、日々とは違うゆるりとした時間を噛み締めながら
せっかくだからと、あまり時間はとれないけれど、と
仲間が提案してくれた紅葉名所のお寺へ。

幸い朝の雨が嘘のように上がっていて
暖かく気分良く
駅からぶらぶら、あっち向いてこっち向いて歩き
そして境内に。

まずその社寺殿の荘厳な立ち姿に心をぐいと。
屋根の勾配、瓦の意匠。
中庭を見ようと上がれば、
床や柱や戸板に金具。
どれもこれもが美しくて、強くて。

なんでこれほど心地よいのだろうと思うほどに
建てものの「重み」に包み込まれ、

肝心の庭園も
もちろんその紅葉する様は綺麗だけれど
まだまだ緑に深い森と混然として境界なく、
密度ある空気を溜めていて。


ああ、住みたい。


冗談抜きでそう口をつくような、
そんな体験
本当に久々でした。




そうかそうか
あのころのこのくにの建築ってこういうことだったのね。
空の間だったのね。


大学で古い日本建築を齧っていながら、
今やっと身を以て気付きました。
知っていたことを、“分かる”ことができました。



いい週末を、有り難う。





そんなこんなで、
本来の目的だった打ち合わせも問題なく済ませ、
美味しい食事の場も持て、帰ってきたのがもう一昨日のこと。

一年が早いわけです。



さて
以前から何度か話題にしていました当のその自主イベント、
もう間もなくインフォメーションできるようになります。

愛知県名古屋市での開催なので来ていただける方も限られるかと思いますが、
とにもかくにも、数日後にこちらで告知しますので
ご確認のほど、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-11-16 23:04 | その他 | Comments(0)