<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
光について
b0156116_22303364.jpg大根ステーキ


白土+灰釉  五寸皿



うちの畑のダイコンは、残念ながら育ちが思わしくありません。

土がまだまだ駄目なようで。

今冬は思い切った地質改良すべきなのかな?



さて、先日のラジオニュース。

何かと話題の太陽電池の上半期出荷数がものすごい勢いで伸びている様子。
しかも国内出荷のほとんどが住宅用とのこと。

補助金に加えて、過剰電力の高額買い取り制度が始まったことも大きく働いているようです。


いわれてみれば、電車内から窓外を眺めると
ソーラーパネルに覆われた屋根も珍しくなくなってきました。



時流にあまのじゃくでいるつもりはありませんが、
ふと思う。
なにかおかしい。


誰だったか、
「過去の太陽光エネルギーを消費することは“悪”で、今の太陽光エネルギーを利用するのは“善”なのか?」
と。

これが詭弁的ニュアンスであることは承知の上で
でも、やっぱり太陽光発電のクリーンイメージを鵜呑みにすることはできない。


確かに、環境負荷の極めて少ない発電法であることは間違いないと思う。
かといって「ソーラーパネルを設置しましょう!」でいいのか。

そこに、問題の摺り替えはないか、と。
エコカーしかり。



惜しみない企業努力に依った最新技術で既存の住環境を「交換」していけば地球環境は守れるのか。

これって、現行の生き方そのものの続行ありきでの対策でしかない。

問題の先延ばし、その場しのぎ。
に見える。


この期におよんでもまだ世界は高速回転を止められないということか。
止める気がないのか。



電気を使わない。
車を使わない。

パソコンを使わない。
ものを買わない。


簡単ではない。
おいそれとはできない。
少なくとも、今日明日で乗り換えや設置して済むはなしではけっしてない。

時間がかかる。
実感もともないにくい。


でも本当に今必要なのは、長期的で緩やかな行動。
それは生活そのものと言い換えてもいいと思う。

徐々に徐々に効いていく、血肉化したエコアクション。




そういう僕は
矛盾だらけの日々の中
少しずつ少しずつ、そう信じる方へ歩きます。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-11-26 23:18 | 考える | Comments(0)
分人
この間、平野啓一郎『ドーン DAWN』という小説を読んだ。

筋は省くとして
この話、近未来を予見したようなもので
“分人主義(ディヴィジュアリズム)”を軸に据えた物語。


分人というのは、個人(インディヴィジュアル)に対する造語のようなのだけれども

関わる他者あるいは外環境によって人が使い分ける様々な“顔”のことで
それが個人にとって偽りだとか本性でないとかいうのじゃなく、
無数の分人の集合体としていち個を肯定する、という考え方に基づいてのもの。


いくつかの時事的な事柄と絡めて、よくよく練られ、興味深い一冊だった。



確かに、一週間まともに他者と関わらず過ごしたりしていると
久々に会う人間への対応に不自然を自覚したり、

何年かぶりの再会で「変わった」「変わってない」とかでどうのこうの

“安達健”ってどんなのだったっけ?
と自分で自分があやふやに感ずることがままある。


幸いこれまでそれに恐怖を覚えたことはないけれど、思えば不確かな人格というもの。




そんなこんな、思考が飛びに飛びながら
やっぱり平野啓一郎さんの書くものは面白い、と。


曲がりなりにも、映画という物語るメディアを扱っていたからか
この期におよんでの小説の物語る役目なんかを考えたりもする。

「完全な」物語メディアとして力を誇っている映像に比べ、斜陽と言われ続ける小説だけれど
そのなかでもこうしてその可能性を掘り下げ、復権せんともがいている(であろう)作家のものには
それ相応の読み応えがあるような気がする。


ちょっと先の物事を今現在から論理的に算出して、丁寧に整理整頓し
て、
あたかも地続きかのように描くことのできるのは、多分小説なんだろうな。


ひとつ前に出版されていた『決壊』も、そう思わせる凄みがあった。


「映画はデザイン」とか「数学だ」とかいわれてきたけれど
その論理の精緻さにおいて小説を越えることはできない、と
最近の小説焼き直し映画を観て思ったりもするのです。



とはいえ僕の考える平野啓一郎作品の最大の魅力は
その過剰なまでに組み上げられた論理を、
いつも最終的には情緒・情動的な揺らぎで打ち壊してしまうところ。

その、すごく、正直な人間観。




また次作を待ちたいです。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-11-23 23:24 | 読む | Comments(0)
旅人と宿
もう遠い昔のことのようですが、

それはつい半年前。
初夏のある日。

長らく会っていなかった中学時代の友人から唐突な連絡が。
「今日会えないか?」
当時からつるんでいた仲間のうちでもとりわけ無茶苦茶するやつで
人づてに聞いていたかぎり、心配な面が多分にあったもんだから
ちょっと無理をして時間を作り、会うことに。

いざ、とあるステーキレストランで向かい合った彼は
スーツをびしっときめて、力のこもった目で熱く熱く語り出した。



その日を境に、彼と他の地元の同級生らと動き始めたプロジェクトがついに日の目を見ます。



b0156116_21304928.jpg
UP トーク・イン プロジェクト
『旅人の宿』001
未来に向けた、チャンスのカフェ

1st  12/20(日) 16:00〜
2nd   1/17(日) 16:00〜

@カフェ・パルル






愛知県名古屋市で開く、トークイベントです。




偶然にも
ひとつの宿に居合わせた旅人たちが、
そのリビングで思い思いに繋がりあうような
そんな場を作りたい、と。

かたちはトーク・インとして
ゲストをお呼びするわけですが
それはあくまできっかけのひとつ。
そう考えています。




詳細は以下、企画・制作活動体unlimited partnersのサイトを御覧下さい。
(ただしこちらのサイト、まだ仮立ち上げの段階です。お見苦しいところはお許し下さい。)

有料の予約制イベントになります。

もしご興味ある方で、案内フライヤーをご希望の方は僕宛のメールにてお知らせ下さい。
即、郵送します。
もちろんコメントにてのご質問にもお答えします。




陶器作りとはまったく関連性もなく、直接的なもの作りの範疇とはいい難いトークイベント。
しかも、この内容。

海外渡航経験の皆無な僕がなぜ?
と思われるかもしれません。

でも、今回のゲストの方と幾度か会い、打ち合わせを重ねてきた今思うことは

何処の誰であれ、それぞれはそれぞれに固有の経験を積んできた二人といないひとりの人間。
一方で、そのいち人間という意味においては、皆必ず繋がることのできる素地があるということ。

分野だの専門だの、たまには飛び越えて
人としてしたいこと、すべきこと。

面白いものにします。
ぜひお越し頂き、宿のリビングでのひとときを一緒に過ごしましょう。

よろしくお願いします。




企画・制作活動体 unlimited partners  公式サイト

cry-baby-cry@ccnet.ne.jp
[PR]
by aji-kyuu | 2009-11-20 22:11 | 案内 | Comments(0)
秋が去る、その前に
寒いですね。

日に日に空気が冷たく、風が厳しくなってきました。

ガソリンスタンドに灯油を求めて並ぶ姿が見られるこのごろです。

明日は12月下旬なみの最高気温だとか、ラジオが告げています。



水が冷たい。

我が家の水はすべて汲み上げたものを引いてもらっているので、夏暖かく冬は痛いくらいに冷えています。

泥によごれた手を日に何度も洗う仕事なので、
それはもう


かといって、道具に任せられないので
ここからは我慢の季節。





話変わって、先週末
12月に予定された自主企画イベントの最終打ち合わせのため、
活動メンバーと大阪へ。

交通渋滞を避けるため、鈍行列車の旅。

それだけでも充分、日々とは違うゆるりとした時間を噛み締めながら
せっかくだからと、あまり時間はとれないけれど、と
仲間が提案してくれた紅葉名所のお寺へ。

幸い朝の雨が嘘のように上がっていて
暖かく気分良く
駅からぶらぶら、あっち向いてこっち向いて歩き
そして境内に。

まずその社寺殿の荘厳な立ち姿に心をぐいと。
屋根の勾配、瓦の意匠。
中庭を見ようと上がれば、
床や柱や戸板に金具。
どれもこれもが美しくて、強くて。

なんでこれほど心地よいのだろうと思うほどに
建てものの「重み」に包み込まれ、

肝心の庭園も
もちろんその紅葉する様は綺麗だけれど
まだまだ緑に深い森と混然として境界なく、
密度ある空気を溜めていて。


ああ、住みたい。


冗談抜きでそう口をつくような、
そんな体験
本当に久々でした。




そうかそうか
あのころのこのくにの建築ってこういうことだったのね。
空の間だったのね。


大学で古い日本建築を齧っていながら、
今やっと身を以て気付きました。
知っていたことを、“分かる”ことができました。



いい週末を、有り難う。





そんなこんなで、
本来の目的だった打ち合わせも問題なく済ませ、
美味しい食事の場も持て、帰ってきたのがもう一昨日のこと。

一年が早いわけです。



さて
以前から何度か話題にしていました当のその自主イベント、
もう間もなくインフォメーションできるようになります。

愛知県名古屋市での開催なので来ていただける方も限られるかと思いますが、
とにもかくにも、数日後にこちらで告知しますので
ご確認のほど、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-11-16 23:04 | その他 | Comments(0)
発見
b0156116_21151320.jpg赤土+白化粧+長石釉  碗




ヤーコン

南米アンデス地方原産の根菜。


先日の益子滞在中、とある料理屋でおばちゃんが出してくれたのが
そのヤーコン料理。

「ちょっとアクが強いけどね、生でサラダなんかにもいいのよ」
なんて教えてもらいながら
初めてのヤーコンのきんぴら。


それがまあ、なんとも美味いのです。


食感は大根と蓮根と梨を合わせて割ったような
シャリシャリとしてほのかに甘く。

たちどころにヤーコンの虜。


今が旬だそうなので、
帰るなり近所の直売所へ。

ありましたありました。
隅の方に控え目に。


こんな風貌してるのか、
とその白んだサツマ芋に似た泥付きヤーコンを買って
早速ニンジンときんぴらに。


なんだろう。
やっぱり美味い。

ただ、アク抜きが不充分だったせいか
常備菜にと大事にタッパーにとっておいたら
翌日には黒っぽく変色してしまっていたけれども。


とはいえこいつは使えそう。

今後うちの食卓にはよく上ることになりそうです。



いや待てよ
来シーズンから畑にも‥



ヤーコンに夢ふくらませているこの頃です。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-11-11 21:38 | 食べる | Comments(0)
御礼と、旅からの帰宅報告
ご無沙汰しておりました。

昨晩
常滑(「アテビト‥」関連)〜東京(横浜滞在)〜益子(陶器市出店)〜山形(作家を訪ねて)
距離にしても時間にしても、長い旅から帰ってきました。

益子では寒波に見舞われ、山形への道中には残雪も。

そして久々の我が家。
近隣ではすっかり色付いた柿の木がたわわに下がり、
庭の草木も茶色く縮こまってきたようです。
晩秋ですか。



b0156116_18561963.jpgさて、大変遅くなってしまいまして恐縮ですが
愛知県常滑市での「アテ ビト カ テビタ」へお越し頂いた皆様
ありがとうございました。

けして便利とはいえない立地にも関わらず、
多くの方々に足をお運び頂き、ただただ感謝です。


そんななか
暮布土ギャラリーの感じの良い空間で
それなりに見応えあるものが観せられたかと思っております。


僕個人にとってはまだまだ未熟さを痛感するものとなりましたが
この経験を糧に、
来年常滑市でまた面白い展示会を、と企画しています。

そちらもまた、ご期待下さい。




それから
益子陶器市へお越し頂いた皆様、
こちらも本当にありがとうございました。

ちょうどぐぐっと空気の冷え込んだ週でしたが
関東一円から、電車やお車などで貴重なお時間を割き来場いただきました。

いいモノと出逢えましたでしょうか?


僕はといえば
テントのもと、見知る方々、お世話になっている方々との再会あり
また新たな出会いもあり。

交わした多くの言葉を反芻しながら
今後の生活、制作の励みにしていこうと思っております。






この二週間ほどの旅を通じて考えるのは

曲がりなりにも「作家」として「お仕事」をさせてもらってはいるものの
僕も当然に、一にも二にも“いち人間”だということです。

作り手と買い手、あるいは作り手と取り引き先、
作り手どうし
形は様々あれど
要は人対人の関係。

嬉しいことは嬉しいし、楽しいことはやっぱり楽しい。

そういう関係の中で、
まず
生きていられている、ということを噛み締めます。


普段毎日のように一人過ごしている僕が
短い期間にありとあらゆる立場の人々と関係して
今、また一人にたち返ると

なにはともあれ
有り難い
有り難い


“いち人間”として有り難く思うのです。





本当に皆様、ありがとうございました。

僕はまだまだまだまだ生きられます。
[PR]
by aji-kyuu | 2009-11-07 19:38 | その他 | Comments(2)