「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
有り難うございました!
昨晩、温泉の誘惑を振り切ってクラフトフェアまつもとより戻ってまいりました。


落ち着いて鏡を見てみれば、鼻の頭は真っ赤。
二日とも日中は本当に好天。
ふと涼しい風が抜けたりと、気持ちの良い松本で今回もまた楽しい二日間を過ごすことができました。

こんな仕事ができる幸せ。

それもひとえに、足を運んでいただいたお客さま、お店の方々の存在があってこそ。
冷静に思えば思うほど、感謝感謝です。


あのたくさんの素敵なものつくりの人々のうちから、僕のテント(というよりお茶箱の前)にたどり着き、
手に取ったり想像を膨らませたり、器を挟んで向かい合ってくださった皆様、本当に有り難うございました。

加えて、ご自分のテントが忙しいにもかかわらず訪ねてくださる作家の皆さん。
真剣にものつくりに向き合っている皆さんの目に適うか、も僕にとってとても気になるところ。
毎回ドキドキしながら、ご意見・アドバイス、有り難く受け止めています。
まだまだすんなり消化していけるような段にはいない僕ではありますが、互いが刺激になれるような“仲間”として、今後もどうぞよろしくお願いします。


最後に、「クラフトフェアまつもと」の主催者、スタッフの皆様。
いろんな意味で大きな大きなイベント。
その舵取りも並大抵の苦労では済まないだろうと想像します。

皆様方のご尽力がこんなに僕を育ててくれています。
あーだこーだと不平不満を漏らしつつも、心中本当に感謝しています。



クラフトフェア、手作り市等が乱立する昨今。
ひとつひとつ、その意義が問われてくる中、長らく運営してきているイベントの向かう先には大変な困難があることでしょう。
それでも、その時その時代を的確に反映して変化しつつ、なお「続けていく」ことの重要性は
毎度「まつもと」を体感するにつけ明らかです。

そのあり方は作家という個人の立場においても、よい勉強になっています。




さて、一山越えてほっとする間もなく
今度はそんなイベント主催の業務。

湯之根やきもの長屋まつり
の開催が週末迫っています。

もちろん、ギャラリーくれい運営メンバーとしての出店もしますが、
まずは企画主としてこのイベントの第一回の成功と、今後へのブラッシュアップを見据えつつ
昨晩の帰りの車中から、頭を切り替えて取り組んでいます。


ご興味ある方はぜひよろしくお願いします。


到らぬところばかりとなるでしょうが、きっとわくわくを持ち帰られるものとなるはずです。

ご期待下さい。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-05-31 21:32 | その他 | Comments(2)
間もなくです!
今週末、僕自身待ちに待ったクラフトフェアまつもとが開催されます。


クラフトフェアまつもと
5/29(土)、30(日)
長野県松本市あがたの森公園

2010年で26回目を迎えた野外イベントで、
毎年全国から250名を超えるクラフトマンが会場となるあがたの森公園に集まります。

松本クラフト推進協会




今回で「まつもと」2回目の出展。

初めは一昨年。
まだ作家として右も左も手探りでしか分からなかった当時。

良いも悪いも、自分自身首を傾げつつもただ懸命だったあの頃。
あらゆる面で第一歩目の差し出し方を身をもって勉強した場所。

思えば、あの公園の雨上がりの芝生の上から始まった素敵なお付き合いもいっぱいあります。


たった2年。
されど2年。


今回、自分がものを作るいち人としてどんな面持ちであの場に立つのか。
我ながらに、興味津々。

目の前の風景はあの時と違って見えるのだろうか。
今度は何を持ち帰れるのだろうか。




会場は長野、松本。
よい街です。

作家にもお客さまにもきっと楽しいイベント。

全国にファンも多い。

ぜひお越し下さい。





b0156116_2225898.jpg写真はつい先ほど火を落とした、ちいさな薪窯。

「まつもと」に向けた最後の窯は、思い切って攻めました。

どう出てくるか、明日までお預け。





自分のテントにどんなものがどのように並ぶのか、
2年前のような不安はまるきりありません。

あるのは、自分にわくわくする自分。



あとひと仕上げ、頑張ります。




あがたのうららかな空の下で会えますことを。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-05-26 22:17 | 案内 | Comments(0)
ちょっと説明させてください。
b0156116_22425088.jpg隣家のおばあさんからいただいた豆。
「いっぱい穫れてまったで、食べきらんで、」

有り難いです。


さっと湯がいて塩ふっただけでも充分に美味い。


僕も豆を増やそう♪
と、今日エンドウやらの種買ってきました。

蒔くのはちょっと先になりそうですが。




さて今日は、以前紹介した6月開催のイベントについて、もうひとつ踏み込んで。


ギャラリーくれい主催 
湯之根やきもの長屋まつり

2010年 6月5日(土)、6日(日) 両日とも 11:00〜16:00
ギャラリーくれいおよび湯之根やきもの長屋野外特設会場(愛知県瀬戸市)

22名の作家によるテント市とカフェスペース、楽焼き体験など




数年前から運営に参加している瀬戸のギャラリーがこの度内装リニューアルされ、
合わせて、一年を通し新たな企画を催していくこととなりました。


もともとギャラリーの恒例企画だった「くれい祭り」。

年を追うごとにメンバーの意識と企画趣旨との間にズレが生じてきているように感じられ、
僕自身、その趣旨への疑問がどうにも拭えなかったため、これ(改装)を機に企画としての再出発を提案。

運営メンバーにこだわらず、縁ある方々を誘って
「販売」にとらわれず、場としての機能を重視して。


“作家の自主ギャラリー”が果たすべき役割も見据え、瀬戸の現状も踏まえ、
より外に開いたかたちのイベントとして、今回第一回目として生まれ変わります。


手から手に渡していく、
作り手から使い手に、直に届ける。

開かれた場に、同じような方角を向いた人達が集まり
薄っぺらく粗雑、でない密度ある空間を醸成する。


そんなことを目指しての、第一歩。



当日まで2週間となり、どうなることやらもう腹決めるしかないわけですが
とにもかくにも、主催する僕らからまず面白がってやっていきたいと思っています。

お越しいただけたなら、その雰囲気もともに楽しんで、
なんらかの息吹きを持ち帰っていただければ、と。


水面下でイベント内小イベントも計画中。


ぜひぜひ遊びにきて下さい。

よろしくお願いします。


b0156116_23283696.jpg



 ギャラリーくれい HP
 ↑こちらからイベントブログへ跳べます。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-05-20 23:31 | 案内 | Comments(0)
季節の仕事
今日は真夏のような一日でした。


先日、仕事の合間を縫って
これまた生きてゆく上で欠かせないシゴトを。


b0156116_22543643.jpgまずは放置しっぱなしだった庭の草刈り。

苅り払い機での作業は嫌いでもなく、むしろ丸一日没頭したいものの
半日ほど、半分が済んだくらいでタイムアップ。




残りはいつやれることか‥


b0156116_22545222.jpgそれから、別地の小さな畑にもやっと種蒔き。


今年は大豆の収量を増やすことが一大目標。
他に、夏野菜にも手を出しています。

雨上がりだったからか、異様にミミズが多くそれはそれでちょっと心配。


ひとまず本葉が出るまでは、気になって仕方ありません。



とかなんとかしつつも、器作りも佳境。

いずれにしても、お天道様頼みなわけです。


よろしく頼みますよ!
[PR]
by aji-kyuu | 2010-05-17 22:59 | その他 | Comments(0)
ツィート


器を作るために、器を作っているのじゃなくて

例えばよりよく生きるためのちょっとした糸口、今僕が全身全霊かけて信じられることを提案する、
その手段としてやきものを選んだ。

だから、僕はある意味で永遠に誰より強い。



傍らの携帯電話をマウスと間違えて二度もクリックした右手に驚きつつ、
明日も一日頑張ります。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-05-17 00:37 | 考える | Comments(0)
イベント企画しています!
b0156116_190673.jpg一年前に同業の先輩から株分けしてもらったチャイブ。
西洋アサツキ。

冬場枯れきって、「ごめんなさい」と手を合わせたのに

先日出先から戻ると、うす紫のかわいらしい花が。
小っちゃなネギ坊主。



草の根って、本当に強い。





やや強引だけれど‥

そんな草の根的なところから行くてを拓きたい、という思いから
小さなイベントを企画しました。


ここでも何度と紹介している瀬戸のギャラリーくれいを主催として、
そのくれいの立地するやきもの長屋を舞台に湯之根やきもの長屋まつりを開催します。

22名の陶の作家を集めてテントを並べ、ギャラリー内はカフェスペースに。
ちょっとした楽焼き体験なども予定しています。

詳細はギャラリーくれいのHPから、特設ブログを御覧下さい。


作り手に最も近い“場”で、他でもない作り手による主催でイベントを起こす。

直に密にお客さんと接して、互いに面と向き合う機会を作る。


まずは始めの一歩、といったところですが

よろしくお願いします。


近くなりましたら、また詳しい話をここでも。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-05-12 19:26 | 案内 | Comments(0)
無事戻りました。
昨夜、あれやこれやの用事も済ませ、ほぼ2週間ぶりに帰ってきました。

益子陶器市へお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。
期間中終始天気良く、賑わって、楽しめたのではないでしょうか。
こちら、しっかり小麦色。か、それ以上。


帰りの車で考えていたこと —

年に2回、同じ広場に出店するということは
なかなかに難しい。

毎度、お客さんや同業者の方々の反応含めいろいろなものを持ち帰ります。
有り難い有り難い。

けれど、半年は爪の先ほどに短く
形になろうかというその前に流れ出てしまう。
新たなものが積もる。



ともあれ、僕にとっては貴重な機会。
胸のグラブに投げ返す気概で、また半年頑張るまでです。


おかげさまで、今後の予定はみっちり。
みるみる茂る庭の草木を横目に、まずは土作り。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-05-08 20:56 | 考える | Comments(4)