<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
マッス
b0156116_2149397.jpg瓶詰めの水煮トマトをいただいていた。


先月の窯で上がった緑灰釉。

「こいつにはトマトだなあ」とずっと思っていた。




そんなわけで。



緑灰釉  7寸皿




最近ラジオがつまらない。
4月の番組改編以来、ちょっとシフトチェンジした感じ。
たぶんそれはどの局も同じだけれど。


ただ、日曜の夜にちょっとだけ楽しみにしているショートプログラムがある。

ドーピング・パンダというバンドのフロントマン、フルカワユタカがFM深夜枠でやっているコーナーで
東海圏のアマチュアバンドが送ってきた音源を俎上にのせて、叱咤激励するというもの。


この彼の言葉が、いちいち響く。

二十歳そこそこの「ロック」が彼の音楽論をもって正面から叩かれる。


「音楽ってのは、ドがあってミがあるんだよ ハーモニーなんだよ」


要するにメロディや歌詞なんてあくまで一要素で、それらが統合された塊が楽曲、とか。



ドーピング・パンダの音楽なんてまともに聴いたことなかったけれど、
言葉は心から本気で投げている。

ラジオなのに。




翻って、やきもの。

ずっと僕は“厚み”にこだわってきた。
造りの薄い分厚い、でなくてもっとトータルでの厚み。あるいは深み。

表面の色とかテクスチャーとか、正直それほど興味ない。

もっとそのものとしての凝縮された物質感。

質感や量感ともどもひっくるめた、美術用語でいうところの“マッス”。

できてくるものはどうであれ、
そのマッスばかり僕は常に見ている。(正確には触っている?視触覚とある美術評論家はいいました。)



フルカワユタカの言っていることも、多分そういうこと。

「音楽のことあまり知らないから—」
とかなんとかいって言葉を濁すのは好きでないのであえて言いますが、
音楽であれやきものであれ、なんであれことごとくスライス生産されていくのは見るに堪えません。
ぺりっと剥がれればすぐ代わりをその上から貼る始末。
遠くからなら塊に見えても、仮に一層一層剥がしていけばまるでタマネギのよう。
最後にはなんにも残らない。芯すらも。



その気風に抵抗すべく、僕は土を叩くところから器作りをしています。
抵抗なんておこがましいくらいに小さな行為だから、時にあまのじゃくとも揶揄されつつ。

原土というあの塊。
それを一度ほどいて、再統合していこうとする作業。
それが僕のやきもの作り。

ひいてはひとの生活そのもの。






確かに、ドーピング・パンダ
バンド名はともかくも
聴いてみたら、良かったです。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-06-23 22:48 | 考える | Comments(0)
合間はいつも埋まっている
「ひと段落」
なんて、言うんじゃなかった。


段落どころか、句読点すら判別できないままに
今週すでに追い込まれています。


昨日今日なんか、梅雨の合間の貴重な晴天
というわけで、
洗濯に布団干し、土作りにろくろ挽き、畑の草刈り、部屋の掃き掃除、、、


あれやってこれやって
あっという間に日が過ぎる。


各方面への不備不足、お許しください。



b0156116_2354551.jpgそれでも、食卓だけは死守します。




しばらく食べていなかったごぼう。
豆腐と牛肉と煮ました。


焼き〆 白   
[PR]
by aji-kyuu | 2010-06-17 23:06 | 考える | Comments(0)
ついにひと段落
b0156116_21433566.jpg愛知県瀬戸市のギャラリーくれいが主催して行われた
「湯之根やきもの長屋まつり」が一昨日終了しました。


本当に有り難いことに、またしても好天に恵まれ
予想以上の手応えが得られた「まつり」となりました。




貴重な休日の昼間を捧げてくださったたくさんのお客様、
会場提供等で多大なご協力をしてくださった湯之根やきもの長屋の方々と周辺住民様、
そして、第一回にもかかわらず快く参加してくださった作家の皆様、

本当にありがとうございました。




正直ここまで上手く運ぶとは思っていませんでした。
お陰様々。
すべてにおいて、周辺環境に恵まれたイベントでした。



とりわけ感謝したいのは、出店いただいた同業作家の方々。
こういう社会状況のさなか、自ら動き出すリスクを知りながらも皆前向きに参加いただきました。


これくらいの規模だと、こちら主催側も至らないながら目だけなら出店者皆にゆきとどくもの。
そうなると作家さんそれぞれの人となり、人生の一端が垣間見えるわけでして

人として作家として、とても学びになるとともに
企画者としては、責任という重圧がぐんと増してきます。

幸い、出店くださった方は本当に良い方ばかり。


雰囲気の良い、気持ち良くいられる場となりました。



パーティーなども通じて、今後の行く先がおぼろげながら明るく照らされてきた気がします。


始まったばかりの、大きな流れを意識した活動。
僕らでも一歩一歩地道を進んでいくことで必ず次へ繋げられる、と確信できたイベント企画でした。


湧いてくる意気とアイディアを冷まさぬように、これからも動き続けます。
どうぞご注目ください。




さてこれで僕自身8月までは表立った発表がありません。

とはいえご注文頂いているものがたまっていますし、
HPの更新作業等、すべき仕事は山積み。

一応のひと段落はつけておきますが、手綱を緩められるほど度胸はないもので
今日からやっぱり土作り。


気を抜くな。

と。
[PR]
by aji-kyuu | 2010-06-08 22:27 | 考える | Comments(0)