「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
生体的時間で生きる
恒温動物の心臓が一拍にかける時間は、体重の4分の1乗に比例する

だそうだ。


いわゆる時計が示すところの「絶対時間」はひとまず置いておいて
心臓を時計に見立てると、心臓時計4拍半で肺がひと呼吸し、血液が体内を一巡りするのにかかるのは約84拍。
子供を宿してから産み落とすまでには2300万拍という。
そして、心臓が15億回打つと、死ぬ。


つまり、アイザック・ニュートンの発明した「時間」とは別に、僕ら動物はその個体の特性にそった「生体的な時間」の中を生きている。



以上は、生物学上のきちんと裏づけされた理論。
生物学者本川達雄さんの著書からの受け売り。


以前もこのブログで触れたことがあるような気がするけれど、
最近あらためて彼のエッセイを続けざまに読んでいる。

ナマコやウニなど棘皮動物の研究からサイズの生物学を専門としながら、
その理論をてこに現代社会を分析して、バッサリと斬り込んでいく評論がなかなか面白い。


例えば、前述の「心臓時計」の話でいくと
ヒトの場合、死にいたるはずの心拍15億回は計算上せいぜい40歳。
それなのに現代人が平均80歳を越しているのはなぜかというと、
心臓、ひいては生体の力尽きる限界点を、技術やエネルギーを投じて先延ばししているから。
50歳以降は「人工生命」なのである。
など。(著者自身60を越えていながら。)

ここからもっともっと突っ込んだ持論も展開していく。


この方、数年前からメディアにもよく露出するようになったらしい。
生物学を歌にしたり、語り口は易しく軽い割に一歩間違えば過激ととられかねない発言もしている。
とはいえ僕からすればどれも正論。
これまで僕がこの場で小出しにしてきた「裏打ちの十分にない」僕なりの考え方に、
学問的な見地から理論付けをしてもらうような、そんな感覚で読んでいた。


「こんな速度には着いていけない」とか
「そんな分業には従えない」とか
今においてはへそ曲がりとしかみなされない思いも、生物学上では抱いて当然ということ。


ワガママなのは、本当のところどっちだ?





僕に生物学の知識はないけれど、
やきもの屋、ものつくりの観点から、
僕の立場から、主張し続けようと思う。



b0156116_2122059.jpg





『世界平和はナマコとともに』
『おまけの人生』

 本川達雄 著
 阪急コミュニケーションズ 発

[PR]
by aji-kyuu | 2011-01-28 22:19 | 読む | Comments(2)
どか雪との正しいつきあい方
b0156116_2125189.jpg一昨日、1月17日朝の風景。

結局この日、昼過ぎまでしっかり降って
我が家の庭の多いところで40㎝積雪。


小雪舞う中、汗びっしょりで雪掻きをして、
なんとか道路までの道を確保しました。


今日は天気良く、
時折「ドサッ、ザザー」と屋根から雪崩落ちる音。

分かっていても、ギョッとする。




先週末から週アタマにかけたこの東海地方の大雪は平野部にも結構な雪を置いていったので、
それはもうあちこちで交通網が麻痺。

通行止め、渋滞、欠航、見合わせ、徐行運転。
都市部や主要道路ではくちゃくちゃに。


ちょっと滑稽にも映る光景がそこかしこで見られました。



なんだか妙な感じ。

余計耳に残る不協和音のような。



すでに高速回転している経済的な社会システム上では、誰しもが止まることを許されない?


雨が降ろうと雪が降ろうと、はたまた槍が降ろうとも、是が非でもプログラム通り動かさなければならない、といったどこか強迫観念めいた社会心理。

太刀打ちできようのないはずの自然からの皺寄せを「無茶」で繰り上げようとするがために、
追い込まれていく人。人人。

冷静になれば、「無理」とするよりほかないのに。



平常は必ず作ることができる
自然はきっと克服できる

そんな虚妄が後ろに見え隠れします。



雪なら雪の日のやり過ごし方がある。

春はあけぼの」「冬はつとめて」、
季節に合わせた生き方がある。



無理矢理引っ張り込むのじゃなくて、
むしろこちらから歩み寄る対し方。接し方。


実はそれは僕の器作りにも通底する基本姿勢。


自然にはかなわない、それが大前提。




仕事がはかどらない、それが冬というもの。

今日もそう言い聞かせて。
[PR]
by aji-kyuu | 2011-01-19 22:17 | 考える | Comments(2)
困った困った
b0156116_21445321.jpgみるみる積もる。

この時間もまだ粉雪がはらはら。






困った。
仕事が進まない。
[PR]
by aji-kyuu | 2011-01-16 21:46 | その他 | Comments(2)
謹賀新年
b0156116_7524455.jpg



ここでのご挨拶、遅くなりました。

本年もどうぞよろしくお願いします。
引き続き、お見守りくださいますよう。




さて、今年2011年は字面通り「芽を出す」年にしたいと考えております。

どうやらそうするに十分な機会がいただけそうなのです。



以下、現在決まっている今年の安達健の出展および出店予定。


2月中頃〜    東京/麻布十番  グループ展 出展
4月半ば〜    東京/水道  企画展 出展
4月末〜GW  栃木/益子  陶器市 出店
9月末頃〜    東京/石神井  個展 
10月末〜     栃木/益子  陶器市 出店




他にも愛知は瀬戸の自主運営ギャラリーでの企画、本決まりしていないものなどなど。


もちろん展示会やイベントそれぞれ、趣向の異なるものをお見せできるよう考えておりますし
新作も随時織りまぜていけるよう計画しています。

いずれも詳細は追ってお知らせします。



僕自身も楽しみにしている今一年。
気合い充分。

ご期待ください。




また、HPの作品録も久々に更新しました。
昨年より始めたシリーズはweb初公開。

ぜひご覧ください。
[PR]
by aji-kyuu | 2011-01-06 08:29 | 案内 | Comments(0)