「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
秋深き
隣家の柿も大分色付いてきました。
夕暮れの冷めた空気に混じる、田畑を焼く煙の匂いの奥に
冬の気配すら感じるこのところ。
水道水に、手がハッとさせられることも多くなってきました。

今年ももうふた月か。


そんな季節恒例の、イベント出店です。


益子秋の陶器市
2012.11/1(木)〜5(月)
栃木県益子町市街地周辺
観光協会HP



メインストリートから始まって、果てはどこまでだか分からない、様々な会場に渡る大規模な陶器市です。

作家もの陶磁器はもちろん、窯もの、木工品、テキスタイル、ガラスなどなど
あらゆるものが作り手から直接購入できるイベントです。

僕が出店させていただくのは、多分陶器市中で最も高度のある、丘の上のそのまた上。
陶芸メッセ・益子遺跡広場です。
駅から歩いて、城内坂の中程を左に折れ、坂を登って、さらに急な階段を。
上り切ったら左手。
広葉樹が取り囲み、芝の広がる(むしろこの時期は落葉か?)スペースに50〜60軒のテントが並びます。

遺跡広場は地元の比較的若手の作家さんや、遠方からの作家、木工家さんも多い、
小さなクラフトフェアのような雰囲気で、
芝生に休みにくる家族連れや、気兼ねなく走り回りたい子供たちも集まる
どこか長閑な広場。

何よりこの季節楽しみなのは、この場所からの眺め。
高い空にのびる雲。
遠くの山々の、深まっていく秋色。
喧騒を眼下に、気分はピクニック。

僕などはそんな心持ちで、
今回もまた益子の山野辺彩さんのお隣テントです。

定番の器たちに加えて、
関東圏ではおよそ一年振りの野焼シリーズをいくらか持ち込もうと考えています。



今秋は平日が多い日程なので、よりゆったりした陶器市になるのかな。

澄んだ空気と、心くすぐる刺激を目一杯吸い込みに、
秋の益子へ。
[PR]
by aji-kyuu | 2012-10-27 21:58 | 案内 | Comments(0)
ぐるぐるぐるり
すでに一週間前のこととなってしまいましたが、
東京石神井knulpAAでの個展が終了いたしました。

あちらこちらで展示会の行われるシーズン。
行楽にも絶好の季節。

そんな中時間を割き、お越しくださいました皆様、
ありがとうございました。

長石釉を主体に、黄、緑両灰釉でのぞみました今回。
先日の大阪個展同様、器を伝えることの困難を感じながらも、
一年前の個展を思えば、着実に積み上げられていることも実感できました。

そして今回、小林真夕さんと挑戦した“或る状況の展示”。
こちらには、本当に多くのご好評をいただき、
また僕ら制作側にとっても、大変意義深いものとなりました。

今日はその『崩れる事が罪悪と、誰が云っただろう』について、少しお話しさせてください。



ご覧いただいた方にはお分かりいただけるかと思いますが、
有形と無形、あるいは生と死。
それらの間を結ぶものに目を注ぎ、巡り経巡る円環を描いてみせることに
ひとまずのところ成功したと思っています。


場をしつらえてくれた小林さんは「いけばな」を軸に活動をされている女性。
大学時代からの友人です。

今回店主の町田さんから、普段バックヤードとなっているスペースを使っても、との提案をいただき
まずは独り、考えました。

数カ月後には解体が決まっているというknulpの入るビルのことから
自身に降り掛かる日々諸々の出来事。
そして、震災を契機にこの一年半で社会に、身辺に起こった様々なこと。
ひっくるめて、今、この時代。

背後にあるとてつもなく大きな潮に、逃げず対峙して
思うことたくさん。
僕のもの作りの根にある自然観、思想に照らしながら
拙く紡いだアイディアを、小林さんに持ちかけたのは6月のことだったか。

学生の頃からの付き合いといえど、深く話し込んだ記憶はなかったわけですが
数回の、打ち合わせともいえない体の対話の中で、
共感を重ねることができ、おぼろげな方向性を見出し
偶然をも天意と、臆せず互いに覚悟を決めて挑んだ展示でした。

正直、ここまで上手く場が立ち上がるとは
僕も小林さん本人も思っていませんでした。

思い描いてきたこと、それ以上に状況の力がひとりでに生起して
観手の心に迫ったようです。
会場を出た後に、興奮を隠さず語ってくださった方も少なくありませんでした。



生か死か、美か醜かといった閉じた対位関係でなく
継ぎ目無い円環、もっと言えば螺旋の中にすべては配置されていて
それゆえ僕ら生命は有ることが許されているし、世界は豊かであり続けられるといういこと。

ごく当たり前の理ではあれど、どうにも忘れがちなこの摂理を
再認識する機会になったかと思います。


また、視覚を限定されることによって
聴覚、嗅覚、触覚が呼び覚まされる。
そういった体験もできる場でした。

すべてを白日の下に曝す、見せ過ぎることが
人の感覚を鈍化させ、思考を閉じさせてしまっている、という現状を焙ることに
期せずして成功していました。



もっともっと多くの方に観ていただきたかった
というのが実のところ。
ちょっぴり後悔です。

とはいえこの形式の発表も
継続すべき、せねばと考えています。
今後ともあらゆる手法を用いて、大きなものに対する小さな小さな声を
力の限り発し続けたいと思っています。



こうして、二項対位に基づいた“言語”を使って表現することに
そもそもの矛盾と限界を感じつつも、
展示会セルフレビューでした。



b0156116_21102522.jpg


撮影:川内太郎
[PR]
by aji-kyuu | 2012-10-22 23:31 | 考える | Comments(0)
西へ東へ
先の日曜、会期延長しておりました大阪堺、Oogiさんでの個展「安達 健」展が終了しました。

天候に左右された面もありますが、
写真家宮濱祐美子さん、フラワースタイリスト平井かずみさん
そして自由が丘のcafeイカニカ平井康二さんという素敵な方々のお力添えも多大にいただき、
お陰様で良い展示会になったと自負しています。
もちろん満足にはほど遠い“個展”ではありますが
こうしていろいろな要素が入り、多角的に自分の仕事を捉えられるという機会が
作家として駆け出しの今の僕には大変に貴重で、後々まで意味のある経験になると思うのです。

機会を与えてくださり、惜しみないご協力を賜りました皆様
ありがとうございました。
お店に足をお運びいただき、器を手に取り、あるいはお声を掛けてくださいました皆様
ありがとうございました。


さて現在東京石神井ではまたひとつ個展が開催中です。
安達健 陶器展
同時開催の状況展示「崩れることが罪悪と、誰が云っただろう」も大変好評をいただいております。
花木を素材に活動する小林真夕さんが静謐な、それでいて心身揺さぶるような素晴らしい場を仕立ててくれました。こちら必見。


ようやく今日の本題です。

来週末、2件の展示会に出品させていただきます。


b0156116_2372654.jpg

日本家屋で珈琲を

2012.10.19 fri − 21 sun
10:00 − 18:00
JELL architects (神奈川県大磯町)

参加作家
安達健 岡崎慧佑 岳中爽果 前田直紀
加藤育子(木)



会期中の20(土)、21(日)のみcafeとしての営業もされます。
珈琲は光珈琲さん、甘味はまめやmiさん。

また20(土)にはeventも開催。

『うつらわ・ば』 〜うつわ・はな・おとの一期一会〜
20日(土) 1st 17:30- / 2nd 18:30-
はな:オオシマ草花店/大島健吾 今井蒼泉/龍生派
おと:koyu


ライブでのパフォーマンスといいますか、東京でシリーズ的に開催されている『うつらわ・ば』が大磯に。

その他この時期に合わせ、界隈ではうつわの日と称して各種イベント、展示会が企画されています。

小旅行気分で、この機会にぜひ大磯へ足を伸ばしてください。
安達は、19(金)、20(土)と在廊しています。




さらに西では


みのりの秋の器展

平成24年10月20日(土)〜11月4日(日)
Gallery 八草 (滋賀県長浜市)


こちら今回初めて出展させていただくギャラリー。
まだ出展者は明らかにされていませんが、数名による企画展です。

情緒ある街並が有名な長浜ですが、漆など伝統をふまえた工芸も盛ん。
そんな町の工芸家が運営する「八草」で、秋を味わってみるのも一考かと。




各地で様々なイベントが繰り広げられる行楽シーズン。
つまりは僕らの仕事もハイシーズンなわけですが、
慌ただしさの中、それでもなんだかわくわくします。

冬に向けて、心に体によいものを蓄えに
どうぞお出掛けください。
[PR]
by aji-kyuu | 2012-10-11 23:58 | 案内 | Comments(0)