<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
コトの真ん中の永続性
初夏のような、いや初夏か。

とにかく爽やかな天気が続いていますこのところ。

少しずつ少しずつ、気温以上に湿度が増して、
梅雨へと傾いていく時期ではありますが
この数年、恒例で開催させていただいているイベントを今年も企画しています。


b0156116_063150.jpg



ユノネホウボウ2015
—やきものとその周辺—


2015年6月5日(金)、6日(土)、7日(日)
10時〜17時 小雨決行
Mパークと末広商店街ニコニコ広場(愛知県瀬戸市街地)
オフィシャルサイト


せとものの街をつらぬく川沿いにて、東海圏(愛知・岐阜・三重・静岡)のやきもの作家44組が集まり、
『工房から伝えよう』を合い言葉に、仕事場から持ち寄ったそれぞれの今を発信します。
見て、ふれて、知って、さがして、楽しんで…
初夏の空の下、作り手と使い手を結び深める3日間、ぜひお越しください。





2011年に立ち上げて、ここまで5年間主催し続けてきたイベント、ユノネホウボウ

作家が中心となって、その自らの活動と活動環境の向上を指向して発起し、すでに4年を重ね、
大きくも目覚ましい結果はいまだ得られていないものの、
着実にその成果を積み上げてきていると自負しています。

これまで、毎年その開催に際して僕個人の思いや考えを色々な言葉で書き付けてきました。
今読み返しても、一縷の気恥ずかしさはあるもののそこに述べていることについて大方変化はありません。

ユノネホウボウ2014
ユノネホウボウ2013
ユノネホウボウ2012

ですので今回は、違った側面からこのイベントについて語ってみようと思います。

これまでの、ではなく、“これから”のユノネホウボウについて。



「モノ」と「コト」の単純対比を前提に、
今「モノからコトヘ」との、さもありそうな現状分析は様々な場で見られます。
音源よりもライブだと。
高価な買い物よりプチ贅沢な旅行だと。
この業界にも、そう両断されてしまいそうな実状は確かにあります。

陶器をただ置いているだけでは人が来ないから展示会を、
展示会だけでは人が動かないから何か会期中イベントを、とか。
各地で林立するクラフトフェア、陶器市の復権などもそう捉えられうる一面です。
当然、ユノネホウボウにだってその目が注がれていることは自覚しております。

その「コト」の問題として、各分野でも共通の懸念材料となっているのが
その不毛にすら映る非生産性。
「非モノ」であるだけに、一時、その場限りの「コト」として消費される「まつり」性。
これには「コト」を仕掛けている側の人間ならおよそほとんどが危機感を持ち、少なからず行く末の暗さを恐れているはずです。

実際、労に糸目を付けず様々な手段なり技術なりを駆使すれば、今や人は集まります。
でもその盛り上がりは、物質的な意味でも精神的な意味でも一瞬の高まり。
過ぎれば急速に力を失います。

そのむなしさに似たぞっとする感覚というのは主催側だけが感ずることなのかもしれませんが
これに真剣に向き合うと意外にきつい。


では「コト」というのは常に、現れては消え去る泡沫にすぎないのでしょうか。
僕は違うと考えています。

いつの世も、どの世界でも、巻き起こった「コト」の中心には紛れもない確固たる「モノ」が在ったはずです。
「モノ」の周辺、あるいは「モノ」と「モノ」のあわいに「コト」はいつも立ち現れてきました。
何の根拠もなしに「コト」が浮かび上がることはまずなくて、
裏を返せば、「コト」を求めればそのうち、必ず「モノ」にぶち当たります。

イベントは云うまでもなく「コト」です。
時間と空間を結んで場を成し、出来事(=イベント)を起こす。
でもそこの真ん中には「モノ」があり、その後ろには絶対に「ヒト」がいます。

ユノネホウボウはなによりその「モノ」と「ヒト」にこそ目を注ぎ、丁寧に見つめます。
そうありたいと願います。
さすらば「コト」はそこに自然と巻き起こる
と、そう考えているのです。

今回のフライヤーやポスターのデザインを担当してくださったshiisoさんは、そこを見事に表現してくださっています。


「コト」が柔軟さと発散方向のエネルギーを持つ反面で、永続性や信憑性に弱さを合わせ持つ一方、
「モノ」は形、重さに限定があり、内向性を持ちつつも、言い換えればそれは信用だったり、継続的な関係を担保してくれます。

ユノネホウボウというイベント自体は「コト」である故に儚さも孕まざるを得ませんが、
その核にやきものという「モノ」を据え、作家という「ヒト」を立て続ける限りにおいて、
ユノネホウボウは独りでに歩き続けるものと考えています。

軸足は「モノ」です。「ヒト」です。
それらはダイナミズムとは縁遠いけれど、時とともに微に細に変化しつつ、いつも相応の魅力を携えて在り続けます。
そこに依拠し、そこから生まれる「コト」はイベント云々ばかりでなく、何であれ緩やかな形を伴いながらやはり、魅力的でしょう。


ユノネホウボウとは、主客ともに互いの“これから”を「モノ」を差し挟んで探る場です。
その極個人的、小さな単位が繋がり転がりそれぞれの「コト」を浮かび上がらせるのです。

翻せば、「コト」の維持拡大を目的化して、それに縛られ終始するようでは
「モノ」は痩せ細り、「ヒト」は疲弊していきます。

方々から集まるに足る湯之根があり、湯が湧き出るだけの根っこがそこにあるなら、
ユノネホウボウは出来事としてちゃんと成立するだろうし
その意味はあるはず。
あるものだと信じています。


その信念でここまで来て、今年の3日間を迎えます。
そして、これからを見ています。





大変長くはなりましたが、
初夏のせとものの街のユノネホウボウ2015
ぜひお越しくださいませ。
[PR]
by aji-kyuu | 2015-05-17 21:55 | 案内 | Comments(0)