そうだ、京都に行こう
b0156116_20494179.jpg
b0156116_20495614.jpg


向付のある風景 基(motoi)器 展

2016年12月2日[金]−8[木]
10時 - 18時 *最終日16時迄

古美術瀬戸(京都府京都市)

安達 健 一久堂 江口 智己 片岡 誠 新道工房 田中 大喜 額賀 円也 松永 真哉


テーマを語り、メッセージを伝える懐石の花形、向付を食卓に投げ入れると
「いつも」が「とっておき」になります。
うつわを基(もとい)する作家たちが描く、向付のある風景。
食の器の展示会です。




かれこれ3年以上前から、足元の脆弱さを感じて立ち上げに参加し、
現状中心的な役割を担わせていただいているうつわ勉強会基での初の関西展です。

当初から会での研究の軸となっている懐石、とりわけ向付というものを
旧きいにしえの文化、とか、縁のない茶道の世界のこと、と限ってしまわず、
その目指している理想、踏まえられている文脈だけでも家庭に、日常に持ち込めないかと最近考えています。

そもそもその道筋を、と参画した本勉強会。
掘れば掘るほどに底は知れず、探ることそれ自体を目的化してしまいそうになる中
今自分が本当にやるべきは、この学びをどう社会に出力していくか、今に結んでいくか。
思いを強くしつついたところに、仲間の一人、田中大喜さんの計らいでこういった機会を得ました。


作家は、単純な意味での生産者ではありません。
かといって、研究者でも終われません。
ですから、このように研究の成果を個々人の感性と身体でもって形に生み表そうとします。
その披露の場、展示会はそれゆえ時に完成形とは言い難いものであったりします。
逆を言えば、展示会というもの、お客様という立場の皆様と何らかの誕生を共有するものであるはずです。

基は、そして本展は
そこをこそ見つめ、そこに正面から取り組んでいます。

向付というたった一つの器に込められているこのくにの思想や文化的背景、
それの昇華した生活哲学はきっと今の僕らに響き、明日の誰かに届くものです。

皆様と共体験できましたら幸いです。

晩秋の京都。
きりっと美しいことでしょう。
ぜひお運びください。


安達在廊日  12月2日[金]、3日[土]、4日[日]、5日[月]

[PR]
# by aji-kyuu | 2016-11-16 21:37 | 案内 | Comments(0)
秋の只中へ、
ぐずついた空が雲を変えたら、急激に気温が下がり、
空気が入れ替わりましたね。
早々に冬の記憶すら覚まされます。

僕らのような仕事をしていると、
水の冷たさや、手の荒れや乾燥と戦う季節の到来。
来たかあ、と首をすくめて身構える気持ちと
あの、「さむさむー」とヤカンの湯気が立つストーブに手をかざす、他とない心地よさを思い出すこの頃。


海沿いの我が家の周りの木々はみるみる色を変えていて、
葉が落ち切った枝ぶりも目立ってきています。

とはいえ関東でも南方。
風が冷たいのを除けば、暖かな方なのでしょう。
北関東、あるいは地元の人に言わせると南東北と称してもあながち間違っちゃいない彼の地は
とっくに冷え込んできていることと想像します。

その地、栃木県茂木町で春に続いてこの秋もイベントに参加します。



「秋。陶器市からいらっしゃい」

開催日時 /
11月4日[金] 11:00 ー 16:00 
5日[土] 11:00 ー 21:00 *17:30から「Drive Inn Motegi BAR」営業
会場 /
ドライブイン 茂木・栃木県芳賀郡茂木町町田21

[陶]
安達 健・徳山 久美子・成田 真澄・成井窯・二階堂 明弘・増渕 葉子
[農]
大内 明美・大越 敦夫・生井 賢一・生井 園子・生井 ミイ子
[食]
磯部 直美(菓子)・落合 正昌(パン)・風間 寛・田中 智昭・網川 明子・二階堂 明弘・町田 夕子(珈琲)
[本]
町田 泰彦

問い合わせ / Tel. 0285-81-5006[雨余花ウヨカ]



もちろん、今回も隣町では益子陶器市が開催している期間中。
ここ数年、様々な意味で飽和状態にあるように感じられる陶器市から
半ば逃れるような形で立ち上げられたイベント。

そんな僕も、中心となる雨余花さんのスタンスや、そこに集う人々の色合いに共鳴するものがあって
陶器市に復帰することなくこちらへ。

春の開催では、やはり陶器市に憔悴した方々が逃れてきたり、逆にあえてこれをのみ楽しみに来てくださった方々も。
僕自身期待以上にとても快い数日を過ごすことができました。


秋はどうだろうな。
きっと景色も全く違うだろうし、(春はちょうど目の前の棚田に苗が植えつけられている時期でした。)
違う時間が流れるだろうな。

「土」をキィにして、また2日間の桃源郷が立ち現れます。
ぜひぜひドライブにお越しください。
良い秋の休日が過ごせることと思います。


*お車でお越しの際は、ナビに茂木町町田25と入力されますとスムーズです。駐車場は十分にございます。


b0156116_17244894.jpg


[PR]
# by aji-kyuu | 2016-10-31 17:25 | 案内 | Comments(0)
秋の夜長に
朝晩の気温が「寒い」ともらしてしまうくらいに下がるようになってきました。
つい先日まで、夕餉のビールに喉を鳴らしていたのに
その気もおきないこの頃です。

そんな、いよいよ秋も深まりつつあるこの時期に、これぞという展示会です。



b0156116_20343595.jpgb0156116_20375562.jpg

お酒をたのしむうつわ展

2016.10.20(thu) - 25(tue)
11:00 - 20:00 *Last Day -16:00


うつわ謙心(東京都渋谷区)

参加作家 …………
安達健 岡崎慧佑 加藤育子 岳中爽果 前田直紀




これまでうつわ謙心さん企画のこのメンバーで毎年テーマを変えつ重ねてきた展示会。
今年は『お酒』を楽しみます。

僕自身、はっきり申しまして、お酒は好きです。
毎日、ビールなら一缶。
焼酎ならロックで一杯。
日本酒なら盃に三、四杯。
量は要らない。

お酒の場が楽しくて、とか
酔うのが気持ちよくて、とか
ではなく、
ただお酒が好きなのです。

味わいや薫りはもちろん、
米や麦などから醸成するその人間の叡智と技術には敬服しますし、
お酒を取り巻く文化ともいうべき様々に積み上げられてきた趣向には、掘れば掘るほどに感心させられます。
その一端を器が大きく占めていることは、言うまでもないこと。
時に、お酒が好きなのか、酒器が好きなのか、分からなくなっている方も見受けられて
でもその楽しそうな背中は、羨ましいとすら思います。

先の個展でも酒器をお探しの方々が何組かいらっしゃいました。
残念ながら会場に並べてはいなかったのですが
そこに用意しなかったのは、この企画に今の僕の酒器のすべてを注ぎたかったから。

また、うつわ勉強会 基という活動名義の下、重ねている酒器の研究は未だ道半ばではありますが
その経験も少なからず活きていることでしょう。

5人展ですので、点数としては多くはないものの、ぎゅっと絞って力入れております。


会場は毎年使わせていただいていた酢飯屋・水道ギャラリーではなく、青山学院そばのうつわ謙心にて。
僕安達は初日20(thu),23(sun),25(tue)の三日間在廊します。

ぜひ秋の夜長、美味しい肴と美味しいお酒とおいしい器を求めに、お出掛けください。
よろしくお願いします。


[PR]
# by aji-kyuu | 2016-10-09 21:46 | 案内 | Comments(0)
銘々器
今年も秋の気配が朝晩そくそく立ち上がってきました。
この季節です。


b0156116_4252243.jpg


安達 健 陶器展

2016.9.10(sat) - 19(mon)
11:00 - 19:00

*14(wed)休み
*最終日は16:00終了


knulpAA gallery(東京都練馬区)



年始から横浜の妻の実家への居候が続いていたわけですが、
このほど晴れて我が工房兼住居を得ることができました。
まだまだ十分と言える状況ではありませんが、しばらくここで生きていこうと決めました。

それがついひと月前のこと。

このタイミングで、5年以上前から唯一毎年個展をさせていただいているギャラリーでの展示会となります。

制作環境が無い、ということはやはり想像以上に苦しく、
上手く呼吸ができないというか、心にパーツが足らないというか、
これまでに経験したことのない、なんとも危うい感覚で居ました。
やや急いだ感もあり、けして万全な環境ではないものの
それでもこうして、作業を始め、繰り返すことで、作る場が日毎できてゆき
あの本巣で8年余かけて積み上げた我が工房の空気が戻ってくるのは、とても嬉しい。

ああ、僕という人間はこういう仕事だったのだな、とあらためて確認するこの数週間です。


先日、お盆参りを兼ね、半年前まで生活していた家を訪ねました。
正確には家が在った場所を。
もうそこは僕が出ることをもって取り壊し、今は更地。

建屋はもちろん、見慣れた庭木や石、花はそこに無く、
まだ膝丈には満たない、けれども青々とした若い草が一面にそよいで、
そして、なによりそこが広かった。

あそこで暮らした日々はまるで夢のように跡形が無く、
ただ、隣近所のおじちゃんおばちゃんは相変わらずの顔で歓迎してくれて、
切ないとか、懐かしいとも違う、なんとも不思議な心地になりました。

それとともに、あの時気付けなかった幸福と感謝が心中を満たします。

今告知を打つこの地が、そういう場になるだろうか。
まだ見えませんが、そうであってほしい、そうしたい。

その第一歩になる本展です。


さてようやくここから内容。

今回は「銘々」をテーマに、小さめの器を中心に並べようと思っています。
以下DMテキストより抜粋。


その碗は今日も明日もあなたの器、
あの鉢は今日のあなたへの今日の器。
代わりのいないあなたを見守る属人器と
あなたの揺らぎや移ろいを受け容れる銘々器。
どちらもあなたの存在を確かなものとする、食の場の装置。



こんな意識で、新たな工房から生まれ出る器を受け取っていただけたら。

安達の在廊は、
9/10(sat),11(sun),12(mon),15(thu),16(fri),17(sat),18(sun),19(mon)
要はほぼ全日。


よろしくお願いします。




[PR]
# by aji-kyuu | 2016-09-03 19:49 | 案内 | Comments(2)
ISHIO
今回はちょっとばかり異色のご案内。

とはいえ僕の軸心からすれば、あるいは僕を昔から良く知る方からすれば
とりたてて不思議でもない宣伝告知です。


映画『ハルをさがして』の公開間近です!


b0156116_21424095.jpg

b0156116_21425393.jpg



大学では映像学科に在籍。
主に映画を学んでいました。

その理由は、小・中学生の時代からの仲間たちと「映画作ろうぜ」という夢を実現するため。
大学在学中はもっぱら、学内よりも学外。
叶えるためにと上京し、それぞれ別の学校に籍を置く当のやつらと映像制作団体なるものを立ち上げて、
関東周辺であちこちあれこれしていたものでした。
その団体の名は「ISHIO」

その後、僕は袂を分かったと言いますか、別の道を選び今に到るわけですが、
以降もプロフェッショナルの現場に分け入って、はたまた海を行き来し、地力を積み上げてきた者たちがついにやってくれました。

ISHIOの中で最も青い心を失わない、というよりかその青の深みを一層増しているように思われる尾関玄が脚本と監督を。
互いがスポーツ刈りの頃から兄弟のように付き合ってきた内藤諭がプロデューサー。
大学の同級生も編集で関わっています。
今もなお信頼おけるチーム。

公開はあの下北沢トリウッド


僕自身完成披露試写と試写会、二度観せてもらいました。

けして突飛な映画ではないし、何を今更と思われるモチーフかもしれません。
でもあの「3.11」を抜きにしても、
誰しもがその昔経験し、今も、そしておそらくこれからもその度にどうしようもなく心を揺さぶられる、人との出会いと別れ。
大事にしたいなあと、またこうした形で思わせてもらえる丁寧な作りの映画です。

ぜひぜひ、足をお運びください。

そして、彼らの、「ISHIO」の今後に、ぜひご注目ください。
よろしくお願いします。
[PR]
# by aji-kyuu | 2016-08-01 22:41 | 案内 | Comments(0)