点を結んで線にして、線を織って面にして
テレビを置かず、新聞もとらず、本も雑誌も買わない。
唯一、かけっぱなしのラジオからタイミング良ければ聴き取ることもある、そんな程度。
ネットを彷徨うこともやめた。
情報の入り口を極端に狭めて暮らすようにして一年半。

それでも目や耳鼻を塞がなければ、僕の必要とする情報はちゃんと入ってくる。
“タイムリー”とはいい難いけれど、信頼のおける人づてに。

このくらい、このかたちでいいのかもしれない、と思う。


そういった生活を始めてからというもの、社会のシステムとの付き合い方をより一層考えるようになった。
自分の場合、システムのただ中で暮らすというより、
システムとどう関わって暮らすか、になるのだろうけども。
これまでとは違った側から、かつ実際的な位置から社会を考えている。

日常から歩みよるアプローチでしか“社会”を考えなくなったから、そのすべてが空論とは感じられないし
どちらかといえばむしろすぐ手の届くそこの岩壁を凝視できている、そんな実感をたずさえて。


ここ数カ月のこと。
小沢健二がボリビアで書いた論文(?そう呼ぶに相応しいのかどうか)「企業的な社会、セラピー的な社会」を友人から入手して読み、
ひたすら頷き、与えてくれる言葉に感謝しつつも
批判のためとはいえ、ちょっと度の過ぎたブラックな表現に滅入り
なだいなだ「TN君の伝記」(76年刊行の再刊)で語られる、自由民権運動の思想的支柱中江兆民の“恢復の民権”という発想に共感し、救われ
村上春樹がエルサレム文学賞受賞時、イスラエルに出向いておこなったスピーチ(原文では読めないながら)の隠喩表現と作家としての態度に拍手して
‥ ‥


時も場所も様々な地点から発信された情報がそれぞれ点として集まり、
僕の中で共通項が見出され解釈され線となる。
で、それら線は縦に横に張り巡らされ、あるいは人との議論に持ち寄られ
編まれ、面になって—

質(言い換えれば整合性)とか量とかよりか、その無数の点でしかない情報をどう面に編み込んでいくか
それが僕にとっては大事なことで

その“編みもの”が考えること、僕のいわば趣味なのです。
[PR]
# by aji-kyuu | 2009-05-16 02:01 | 考える | Comments(0)
野良
b0156116_20491219.jpg昨日今日とほぼまるまる野良仕事。

恐ろしく勢いづいていた庭の草木を刈り、掃き、
蒔き時をすでに逃しているだろう畑に種を下ろしてみました。


越してきてすぐ隣家からお借りしたまま一年を
忙しさにかまけ、雑草の好き放題にさせていた畑地。
冬場にそれとなく準備して、ようやく少しばかりの作物を。


長期の不在を避けたら、かなり遅いスタートとなったので
今後どうなるかは分かりませんが、
人ひとりの食卓をわずかなりとも助けてもらえればと。


暑い二日間でしたが
たまにこういう全身運動しておかないと、足腰維持していけないだろうな。
ちょうどよいリハビリ。
[PR]
# by aji-kyuu | 2009-05-13 21:08 | その他 | Comments(0)
帰りました。
今日、益子〜東京・横浜滞在から無事戻って来ました。
おそらくは全国的に夏の陽気で、車中はさながらサウナ。
日が差すわ、背や脚はベタつくわ眠気誘われるわ
それでも富士山は相変わらず冗談のように壮大で、由比の浜辺には気持ちよく波が寄せて
ときおり吹き込む風は汗を拭ってくれる。

やっぱり運転、嫌いじゃないなあ。


さて、今回春色益子陶器市へお越しいただいた皆様、本当に有り難うございました。

偶然通りがかり、足を止めてくれた方
毎回のように僕のテントを覗いてくださる方
興味津々に質問してくださった方
見ず知らずの僕などに「頑張ってください」と声をかけてくださった方
厳しい意見を聞かせてくれた方
そして、「こういうふうに使っているんですよ」と以前買っていただいたもののその後を話してくださる方

それから、その時の縁で今このブログを覗いてくださっている方
思えば思うほど、有り難いことだと感謝の念が増します。

日頃人と話す機会が極端に少なく、言葉が出てきにくいために人と喋ることそれ自体不得意と言わざるを得ない僕ですが、
こういった機会があるたびに、直接顔を突き合わせてする会話なりコミュニケーションの素晴らしさをつくづく感じます。

あすへの力は間違いなく、そういうことを通してひとからいただいたエールなんだ、と。

妙な言い方かもしれませんが、
皆が皆それぞれの場所でそれぞれの生をおくっているんだ、ということ。
ただそれだけで、明日をちょっとでも積極的に迎えられそうな。


明日
ひとまずはなにより、
ちょっと見ないうちに名も無き生命の繁茂にむせかえっている我が家の庭の手入れをせねば。
大仕事になりそうだな。
麦藁帽子でもかぶろうか。
[PR]
# by aji-kyuu | 2009-05-11 21:52 | その他 | Comments(4)
行ってきます。
b0156116_1020114.jpg
さて、明日より益子陶器市
つい今しがた荷作りを終え、準備万端。

予定より少し早いですが、
空も晴れ渡っていることですし
だらだらドライブがてら、向かおうかなと思います。

後ろに子供たちを100〜200載せているので、もちろん安全運転!


来ていただける方、遠慮なくお声をお掛けくださいね。

陶芸メッセ・益子 遺跡広場


それでは行ってきます。




なお、陶器市以降もしばらく家を空けますので
その間メールへの返信、ブログ更新等不可能となります。
ご了承を。
[PR]
# by aji-kyuu | 2009-04-28 10:31 | 案内 | Comments(0)
b0156116_22452618.jpg
数日前から庭で紫陽花が満開。

一年ほど前ここに越してきて、大事な窯を据えるため
庭の一角にコンクリートを打って小さな屋根を葺いたのだけれど
その際、根から抜かずに枝を切るだけで留めておいた煙突脇の紫陽花が
一年越しにたくさんの花をつけてくれました。

しかも全部が全部何故だか真っ白。

さすがに開いたところを最初に目にした時はぞくりと背筋に冷気が走りもしましたが
こうして雨に濡れ、しっとり落ち着いた調子になると
清々しさというのか、どこか聖性すら感じられる。


窯の真裏で咲いたのもなにか意味があるのだと思わせられたり。なんだり。



白について。

自然界における“白”というのは、まずもってほかより格段に目立つし
古くからカミ的な存在を象徴する色として考えられているようで
大きいところで、アマテラスオオミカミやら
僕の地元で祀られている大蛇とか狐だとかも決まって白いし
「もののけ姫」のモロ、シシガミサマの変態も白かった。


まったく違ったアプローチで‥
やきものの技術革新の歴史も
ヨーロッパの錫やボーンチャイナから中国の白磁、朝鮮の白化粧、日本の志野等々
全世界的に見て“白”への渇望が原動力なのは明かだったりする。

つまり、自然界に存在しにくい色なのだから必然白いやきものは非常に難度が高かった。


同時に“白”は“空”も表す。
白紙
白いキャンバス
ホワイトキューブ
空白


ところでそもそも“白”って“色”なのだろうか。


うーん‥
とてもとても興味深い。



追記:
オオデマリ(大手毬)  
スイカズラ科
別名テマリバナ
一般的に、5月頃白い花を毬のようにたくさんつける種だそうです。
ちなみにアジサイ(紫陽花)はユキノシタ科。

ご指摘ありがとうございました。

[PR]
# by aji-kyuu | 2009-04-25 23:32 | 考える | Comments(3)