花を追って
ここにきて春雨。
一日中霧のようにサーと降っていました。
早々と沸き立っていた庭が昨日今日は大人しく見えます。

近所の桜もだいぶ落ちています。
こちら岐阜はもう終わりかな。

そんな日本の桜のように、僕も東北に上っていきます。


関東以北で初めての個展となります。



b0156116_21482220.jpg


安達健 陶展

4月17日(金)〜26日(日)
12:00–18:30(最終日4月26日〈日〉は16:00終了)
design labo necco sendai(仙台市青葉区)


岐阜で作陶されています安達健さんの
東北ではじめて開催の個展です。
土から作るつくり手。
石のような。土のような。
日常の中に佇む器。
その存在感を五感で感じる器。
はっとして、そこで立ち止り、
そのままでずっと眺めていたい。




昨年秋を最後に、これまで数年間出店し続けてきた益子の陶器市で知り合ったお店。
盛岡や仙台で活動されているデザイン事務所にして、「世の中をより良く」と考える発信基地。
ご主人含め、けして声高ではないけれど、
語るところを信じられる、そういう雰囲気をまとったお店です。

昨年末に駆け足で覗いた仙台という土地にも、そもそも僕は興味津々。
今回何に出会えるのか。

それからこの展示に合わせて、neccoではサウンドパフォーマンスも行われます。

hofli アルバム発売記念サウンドパフォーマンス「十二ヶ月のフラジャイル」
4月24日〈金〉 オープン 7:00 pm/スタート 7:30 pm
料金/2500円[当日別途1drink(500円)ご注文下さい]



このhofliというのはラジオゾンデなどでも知られる津田貴司さんのソロプロジェクト。
実は僕も、東京でお世話になっているギャラリー・knulpAAでの展示で一度津田さんの音楽(音響)を使わせていただいたことがあり
その音や音に対する姿勢に魅かれるものを感じ、
たまたま昨年津田さんとお食事する機会もいただいていました。
そこにきてこの巡り合わせ。

本当に楽しみです。


僕の方はといえば、
画像にあるような灰釉の角ものを中心に並べようと思っております。
design laboですので、いつもより素材と意匠についてを考えたうつわを。

在店は4月24日(金)の午後から26日(日)まで。


春の仙台。
東北近隣の方はもちろん、遠方の方もぜひ。


よろしくお願いします。
[PR]
# by aji-kyuu | 2015-04-05 22:42 | 案内 | Comments(0)
ユノネホウボウ2015 参加者募集中!
いく、にげる、さる、
いつしか3月も一週間過ぎようとしています。


今年もこの時期が。
作家の皆様へのお知らせです。


b0156116_20513291.png
参加者募集中です。
〆切間近。お急ぎください。



今年の開催でついに5年となる、愛知県瀬戸市を舞台にしたやきもののための野外イベント。

僕安達が実行委員会の代表として取り組んでいる活動の一つです。

イベントの主眼は、
やきものの街瀬戸の川沿い広場にて、東海4県の作家がテントの軒を連ね、それぞれの作品とその周辺を展示紹介することで
お客様と対面至近距離でのコミュニケーションをはかること。


作家が自身で自身をアピールすること、
作家がバックグラウンドを明らかにすること、
そういったことに対して、疑問や反意を持たれる方もいようかと思います。
でも少なくとも、すでにある豊かさの時代を越え
一度崩れてしまった双方の共通認識や、共有していたはずの価値観、薄まった信頼関係などを
再度構築し直して、次の時代に繋げていこうという意志と
どこかしらからやってくるのを待つのではなく、自ら、身の周りから動かしていこうという熱意を
胸張って表現していくことは、けして格好悪いことではないし、
それどころかむしろ、本当の意味での明日の豊かさを育てることになる、
そう信じています。


出展作家の募集は来週3/14(土)まで

応募要項、申込書はイベントサイトからダウンロードするなどしてください。
今回は基本郵送による申込のみ受け付けています



遠くから眺めたり、ひとりごちたりするくらいなら
まず飛び込んで、相手にほおり投げることができれば、必ず物事は動きます。

何か思うことがあるなら、ぜひご参加ください。




b0156116_20512256.jpg

ユノネホウボウ2014
〜やきものとその周辺〜

2014年6月6日(金)、7日(土)、8日(日)
10:00〜17:00(少雨決行)
Mパークと末広商店街ニコニコ広場(愛知県瀬戸市)

オフィシャルサイト http://yunonehoubou.jimdo.com/
オフィシャルブログ http://houbou.exblog.jp/
[PR]
# by aji-kyuu | 2015-03-06 21:39 | 案内 | Comments(0)
コンテクストはテクストを超越したか
僕らのコンテクスト 安達健 白石陽一 陶器展 先日無事終了しました。


いつにも増して、期待を胸にお越しいただきました皆様、
ありがとうございました。

けして多くはないけれど、皆が皆丁寧に物を観、場を感じてくださったこと
あるいは何かを持ち帰ろうと感覚を澄ましてくださったことは
会場に居てひしひしと伝わり、
その目の動き、一足の向き、身振りしぐさ、
僕もいつにも増して眼で追って、
こぼしてくださる一言に耳をそばだてました。


haseという池に一石を投じて、水面に広がる波紋が色々な形にはね返ってくる。
それがまた返り、返し。
その楽しみの場としての展示会の役割を、あらためて思い知る機会となりました。



テクストは常にコンテクストによって裏打ちがされていて
というかそれはそもそも一体で、
テクストをどう解釈するかとは別の問題として、在るわけで
「物語を付ける」とか「付加価値」とかあらたまって言うまでもなく、はじめから内在している。


一方、ハイコンテクスト社会と云われる日本はすでにほつれつつある。

なんだか通じない、伝わっている気がしない。
前提としてあるはずのコンテクストの共有が為されていない、ないがしろにされているということが
本展企画の後ろを支えた個人的な危機感でした。

その瞬間目の前にある実際を重んじることによって、
相対的には軽んじられ、それどころか引き剥がされるきらいすらあったコンテクスト。
「おもい」とか「うるさい」とか。
都合良く表面だけさらわれて使い捨てられていくテクストたち。

そんな残骸で周囲を埋めつくしてみても、豊かとは到底言いがたいわけで。



今回僕の作品に新作が少なかったのは、
あえてそのいつものテクストにあらためてコンテクストを添えて提示し直したかったから。
作家本人にしたら、それこそがごく当たり前の姿で、いつもと同じ意識でもってのぞんでいるつもりですらあるのですが、
いらしてくださった方々にはちょっと違って見えたかもしれません。
展示会の醍醐味はそこにこそあるように思います。

ともかくもある意味これまで以上に自分をさらした展示会となりました。
それゆえ相応の得るものがありましたし、先々が拓けた気もします。


自分は今どうしたいのか。
ひとは今何を求めているのか。
僕らには今何が必要なのか。


僕らのしごとが、なおのこと楽しみになってきました。



今展にお越しくださいました皆様、有り難うございました。
今後にもどうぞご期待くださいませ。
[PR]
# by aji-kyuu | 2015-03-04 23:01 | 考える | Comments(0)
明日からです、
正確には本日から。


トークセッションも面白くなりそうです。



b0156116_22481490.jpg

[PR]
# by aji-kyuu | 2015-02-21 00:19 | 案内 | Comments(0)
コンテクスト
b0156116_2121232.jpg僕らのコンテクスト
安達健 白石陽一 陶磁器展

2015.2.21 sat - 3.1 sun
12:00 - 18:00  会期中無休

hase(愛知県名古屋市) HP



型枠だけを用意して、そこに起こる事象
素材だけを用意して、それが起こす現象

つくらずにつくる
つくるべくしてつくる

そんな僕らのコンテクストです。




作家在廊日 21,22,28,3/1



___________

ギャラリートーク『僕らの雑談』
安達健×白石陽一
2.21 sat 15:00 -
作品とそのコンテクストをめぐるトークセッション。どなたでも参加ご自由に。





構想から2年近く。
念願かなっての展示会をお知らせします。



展示会といえば、一般に“作品”を並べそれをアピールする場ではありますが
僕ら作家としては、そうした認識のみで場に臨んで事足りるのでしょうか。


日頃、「作ることはそれ自体考えること」と僕は繰り返しています。

生きていく中で心に去来する思いや考え、生きてきた中で積もり積もった好みや癖、
そういったものが、手を通し、素材と出合い、形を成していく。
ともするとあらかじめ想定された完成形に真っすぐ向かっていくことが“ものづくり”と思われがちではありますが
少なくとも僕ら個人作家のものづくりは、そうしたレールウェイ形ではないのです。
一人の人間が、その諸々を引きずりながら、その時そこで選び得る道を、拓いて歩く。
大なり小なり、そういった営為が作家業と考えています。

であるなら、作家ものの神髄は結果としての作品にではなく、
その拓いてきた道程、前提であったり過程であったり、そこにこそ宿っているはずです。

ここではそれを、作品=テクストに対し、文脈=コンテクストとしました。


コンテクストは目に見えてそこに在るものではありません。
そこに在るものの中にすでに籠るものです。
そこに在るものから常に放たれるものです。

本展はその立場に拠って、
多くの場でないがしろにされているようにすら思われる作家展示の本分を強く意識して開催します。


以上のことから思い切って、僕安達の展示内容は灰〆シリーズに限ることにしました。
広義でのうつわあれこれ。
このシリーズの仕事の成り立ちが浮かび上がるような、面白いものにできたらと
今土に向かっています。


また、ご一緒するのは白石陽一さん。

この企画の発端は、一昨年白石さんのうつわにじっくりと触れたことに始まります。

一見すると白くきれいな型もの。
けれど僕はその奥底からかすかに聞こえる、複雑にして冗舌な作家の言葉に耳を奪われて
その言葉が語るところに自分の言葉がダブるような、不思議な感覚におそわれました。


通常こうした展示会の場合、
違う人が同じものを作っても違うものができる、との手法はよく用いられますが
違う人が違うものを作っても同じところを語れる、という様相にはそう容易く出会えないでしょう。
それが、おそらくは高度に具現されるのが今回です。


このために重ねた打ち合わせは数知れず。
呑みつ、時には録音しつつ。
踏み込んだ話も交わしました。

本来のごく自然な展示会の姿を、ここで一度問い直してみる。
そうした機会になれば、と二人で話しています。


予定調和的な場では得難い、純粋な意味での体験を提供できるような
そんな試行。

これを経たのち、世界の見え方がほんのちょっと変わって見える。
そうなれば本望です。


ぜひここにお立ち会いください。
よろしくお願いします。




b0156116_21204643.jpg
[PR]
# by aji-kyuu | 2015-01-31 01:00 | 案内 | Comments(0)