酒を愉しむ
b0156116_19144851.jpg
b0156116_19150949.jpg


にっぽんの暮らし 展 2019 〜お酒をたのしむうつわ〜

2018.12.27thu - 2019.1.6sun (会期中無休)
11:00-19:00 (12/31,1/1-2は18:00迄)

◆会場 代官山T-SITE GARDEN GALLERY (東京都渋谷区)
◆企画協力 うつわ謙心

安達健(陶)/安西淳(漆)/池田麻人(磁)/岡崎慧佑(陶)
片瀬和宏(陶)/岳中爽果(陶磁)/森本仁(陶)/望月万里(陶)




今年も残すところひと月切りました。
毎年恐ろしく増すスピードではありますが、実のところ全く同じ間隔で刻まれるこの年の変わり目。
ここ数年はこの企画と共に過ごさせていただいています。
昨年企画に引き続き、テーマは「酒器」


世界中に数ある酒の中でも、日本のお酒「日本酒」はその周縁のものごと含め、
とても特異なもののような気がしています。

一言に日本酒と言えど、千差万別。その幅はともするとどこまでも。
味わい、香り、舌ざわり、アルコールの度数などはもちろん、
どう飲むか、いやどう注ぐか、
温度は?器は?
正直面倒なくらいに、気になる要素が細かに多過ぎて
それゆえいつまで経っても不定形。常につかみきることができない、
そんな、酒。

だからこそ古来より人は日本酒に神を見、夢を見、それで遊び、それに溺れた。

一方で、その日本酒をいただくことそのものも、
儀式の場では神とのコミュニケーションであったり
宴会の場では仲間とのコミュニケーションであったり
はたしてきたツールとしての役割もまた、唯一無二な特殊性を負っていたわけで
結果、今もって和文化の到るところにそのにおいを嗅ぎとることができるのです。

そんな深遠で、また濃密なお酒の文化の一端を、器の立場から担いたくて
この数年、時に自身で、時に勉強会の中で、少しずつ少しずつ学びを得、積んできました。

その成果をどこまで発信できるかは分かりませんが、
少なくともこの気概だけはご覧いただけるものとなりそうです。

日本酒のための器。
そこに特化した展示会です。


会場となる代官山T-SITEさんGARDEN GALLERYでは我々のほか、プロダクトもの雑貨や食品などを集め
「にっぽんの暮らし」と題された催事が大々的に開催されます。
年末年始という気忙しい頃ではありながら、
もちろんマニアックな雑誌や専門書も揃う蔦屋さんでもありますので
一日をゆったり過ごすにはむしろもってこいな場所だと思います。


安達は初日27(木)、年明け5(土)、6(日)の三日間在店して、
その場でもって酒器のあれこれをお話ししたいと思っています。


どうぞよろしくお願いします。



[PR]
# by aji-kyuu | 2018-12-11 21:00 | 案内 | Comments(0)
猪駆けず
いつもより少し遅く、外水道で手を洗う時の水の冷たさが際立ってきました。
足指の霜焼け第一陣もやってきました。

そうそう気づけば明日から12月。
師が走り始めます。

いろいろと思うところも多く、またなんやかんやと差し迫ってくる気のするこの季節。
今年を振り返り、来年を見遣る。

平成最後の31年。
2019年。
上半期の予定が出てきていますので、お知らせしておきます。

ホームページ 展覧会予定 をご覧ください。


新たな年は何が終わり、何が始まり、
我が身、社会にどのようなことが起こるのでしょうか。
期待を胸に、
そのうねりに時に身を任せ、時に抗い
慌てて駆け出すことなく、
一足一足、踏みしめてまいりたいと思っています。


よろしくお願いします。




[PR]
# by aji-kyuu | 2018-11-30 19:53 | 案内 | Comments(0)
和食器の哲学
秋の行楽シーズン。
観光地に限らずそこかしこで、様々なイベントが催されていますが
こちらでも、展示会シーズン。

連日のお知らせになります。
今回はまた少し趣向を異にする展示会です。


かれこれ五年前の2013年、愛知県瀬戸市を拠点に立ち上げられた「うつわ」の研究会があります。

新道工房・宮本茂利を代表とし、陶磁器作家を中心に木漆、ガラスの作家も参画。
年齢、キャリア、活動地もそれぞれの者がひとところに集い、
「うつわの基本の『き』を改めて探る」ことを主眼に会合を重ねています。

僕安達も当初から参加。

時期により濃淡はあるものの、
ふた月に一度ほど、専門家のレクチャーや、資料収集と整理、作家間のディスカッション、料理屋での実使用体験会などなど
その折々にテーマを設定して、集まれる者で取り組んでいます。

その基が旗揚げ時から主だったテーマとして据えていたのが「懐石の器」、中でも「向付」です。

昨今の家庭での食事は、外食産業の影響や、食住の相対的軽視による過度な効率化によって大きく変容しています。
その中で脇に追いやられ、風前の灯となりつつあるのが和食”文化”。
世界遺産登録されるくらいに、しいて守るべき希少な対象となっています。

ひとことで和食文化といってもその表れは種々方々。
歴史的な積み重ねによって血肉化、身体化しているがゆえに
じゃあ、なにがどう?と訊ねられるとぼんやりしていて語りにくい。

それは、和食文化を下支えしているはずの我々うつわの作家にとっても同様でした。
おぼろげに、けれど確かなる危機感を覚えつつも、どうにも手に負えない大いなる課題。

その折、ひとつの方法論として「思想哲学はフォーマルな場において極まり、先鋭化する」との新道工房・宮本氏の持論でもって
日本の最もフォーマルな食事「懐石料理」を見直し、掘り進め、ひいては和食文化を掴み、言語化していこう
そうした蠢きが瀬戸で起こり、その試みが基(もとい)となり、主要テーマ「向付」を設定するに到ったわけです。


以降約五年、
いろいろなアングルから迫ってきた和食器のエース「向付」にギュッと焦点を絞った展示会を開催します。



b0156116_06115896.jpeg


初冬の向付 展 〜うつわ勉強会基(もとい)

2018.11/14wed-19mon (会期中無休)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
うつわshizen (東京都渋谷区)

安達健、片瀬和宏、新道工房、竹下努、中西申幸、橋村大作、松永真哉
賛助出品:名古路英介




懐石、向付と聞くと、高尚だとか、敷居が高いという印象を持つ方も多いかとは思います。
もちろん、今回は向付展ということなのでおそらく出品物の八割がたは「特殊」な器。
いつもどこでもだれにでも、という汎用性よりは専用性の強いものが多いでしょう。
用途幅が狭いゆえに、家庭では使いにくい。
ただ、そんな特殊な器に込められているのは、言わば普遍的な人の心。
誰もが当たり前に持つ、人を、自然を、そのひと時を想う心。
難しい理屈などではありません。

そういった柔らかな心は、食卓という現場にややもすると冷たい理ではなく、きっと温かな情をもたらしてくれるはずです。


八名が八様に表す心をぜひご堪能ください。

なお本展はその性質柄、出展作家の解説を聞きつつご覧いただくのがお勧めです。
在廊予定は以下。

14(水) 安達、橋村
17(土) 竹下、中西
18(日) 安達、宮本

よろしくお願いします。


この会期に先立ちまして、先月よりうつわ勉強会基の名義でInstagramも始めました。
motoi.utsuwa

合わせてお願いいたします。



b0156116_23345245.jpeg
      しらすと蕪の奈良漬和え
b0156116_23350828.jpeg
      かぼちゃと茸の醤油煮
[PR]
# by aji-kyuu | 2018-11-08 23:40 | 案内 | Comments(0)
作り手 使い手 暮らし
クラトコ vol.10 2018

2018.11.10(土)-11(日)
am10:00-pm5:00 (二日目はpm4:00まで)

会場:大曽公園(愛知県常滑市大曽町6-3)
企画:クラトコ実行委員会
クラトコブログ



b0156116_22172946.jpg


2013年、僕がまだ岐阜本巣を拠点に活動している頃にクラトコへ初めてお誘いいただき、出展しました。

思えばそのずっと前、作家として自分の窯を持つそのずっと以前から、この地常滑には縁がありました。
師もなければ、先立つものも一切なかった僕は
まずここを頼り、細い繋がりを辿って沢山の先輩方のところに転がり込み、
あちこちで様々なことを教わり、様々な場面で助けられ、
表にも裏にも大変にお世話になってきたことが思い出されます。

一時期は通うように、ことあるごとに車を走らせて向かった常滑。
ここへの道がなければ、僕の今はないのでしょう。


そんな場所で作家さんたちが自ら起こしたイベントに、2013年以来、二度目の出展をさせていただけることとなりました。


出展者は僕を含め54組
飲食出店者も9組
詳細は公式ブログでチェックしていただきたいですが、
それぞれに常滑に縁を持ち、各地で活躍する作り手たち。
見た名前も多いかもしれません。
出展者としても、出展者が魅力的なのがこのイベントの楽しみなところ。

少し駅からは距離があり、けして便の良い会場ではありませんが
その分、喧騒から離れた、のんびりした公園。
海沿いの街の、秋ならではのロケーション。

木漏れ日の中、落ち葉踏み踏みぜひお越しください。


[PR]
# by aji-kyuu | 2018-11-05 22:49 | 案内 | Comments(0)
暮らしの寸法
b0156116_12515974.jpg


五寸皿 展

2018年11月3日(土・祝)~10日(土)
午前11時〜午後6時 (初日7:00pmまで、最終日5:00pmまで)
会期中無休

うつわPARTY

安達健、馬野真吾、志村和晃、田谷直子、長谷川奈津、広川絵麻、古川桜、山野邊孝




和文化におけるものの長さの単位は尺貫法による「寸法」で示されます。
一寸はおよそ30.3mm。十寸が一尺(30.3cm)になります。
五寸といえば15cmほど。
今週末からはその五寸のお皿ばかりが並ぶ展示会です。

15cmは平均の人の「一アタ」。手の親指と人差し指で作ったL字の指先間の距離。
(一説に親指と中指の先の距離ともされ、その場合は18cm。六寸ですね。)
そのサイズは古来より様々な寸法の基本となっていました。
柱の太さ。ハガキの長辺。
多くの人にとって取り扱いやすく、身体に心地よいサイズ。
器でいえば、銘々の一品盛り皿にも、取り分け皿にも程よい直径となります。

出品者は会場となるうつわPARTYさんでも常連の方々。
キャリアも、得意とする仕事も、様々。
サイズでくくられているものの、これだけ幅も力もある作家さんが集えばかなりの見応えになることでしょう。

僕もDM画像のもの(中段真ん中と下段左端)の他に5種類ほどの五寸皿を持ち込む予定です。
形状も様々なので、大きさはおよそ一緒であっても、様々な食卓シーンで活躍するはずです。

在廊は初日土曜に予定しています。
どうぞよろしくお願いします。



[PR]
# by aji-kyuu | 2018-10-29 20:07 | 案内 | Comments(0)