人気ブログランキング |
形(かた)を呑み込む
みんなの向付 展
〜うつわ勉強会基

2019/11/20wed - 25mon
12:00 - 19:00(最終日17:00まで)
会期中無休

うつわshizen(東京都渋谷区)

参加作家
安達健(陶)、片瀬和宏(陶)、神永匡崇(木)、新道工房(磁)、竹下努(磁)、
名古路英介(木漆)、額賀円也(陶)、橋村大作(ガラス)、松永真哉(陶)



b0156116_15421086.jpg



昨年の今頃、ギャラリー企画として初めて開催した基(もとい)の展示会。
それに引き続き、今年も神宮前shizenさんでお目見えです。

うつわ勉強会基とは、2013年に立ち上がった「うつわ」のもといを探求する作家を主とした集まり。
それについての詳細は昨年の記事に譲りますが、
今回は先の展示からより家庭一般に意識を求めたうつわ展になります。

展示タイトルにもある「向付」とは狭義でいうと、懐石料理に使われる代表的な器のこと。
懐石料理とは、銘々に、順々に供される和食の中で最もフォーマルなコース料理。
そのコースの始めのひと品として、まず目の前に出されるお料理を「向付」と呼び、それに好んで使われる小鉢をまた「向付」と称します。
要はコースの皮切り、顔ともなることから、その後に連なるお料理、器の中でも一層に趣向を凝らしたものであることが多く
ゆえに器を使う双方にとって(作るひと、食べるひと)、一種コミュニケーションの鍵ともなります。

そんなフォーマルなうつわを、というよりはそこに秘められた意義を、
料理の専門家や、うつわ作りの専門家などの理解に止めるのではなく、
広く知っていただき、カジュアルな日々の中であれど少しでも意識してもらえたなら、
基の、ひいては僕自身の志す、文化を伝え残すことに繋がるのでは
そう考えております。

とはいえフォーマルに向けた器を日常にガシガシ使える家庭人はそうそういらっしゃらないだろうし
その一方、道具の意義を理解するためには、やはりどうしても使っていただく他ないのが実際なので
誰しもが少しでも生活に取り入れるイメージをしやすく、かつ向付の意義を失わないものを…
というのが本展に臨む流れです。
具体的に言いますと、
器の盛りどころのうち、余白を大きく取る傾向の向付に対し、
もう少しタイトに、省スペースに形どられる小向付(小向、豆向)がフィーチャーされます。
掲載画像のように、松花堂弁当にぴたり入るサイズであり、
下に掲げる画像のように、我が家では息子の膳にはまるサイズであり、
また日々の晩酌や、お茶っこにも使って、しまい込み易いサイズ。
そしてどこかミニアチュール的面白さをまとう、マメサイズ。

正規の向付サイズのものも、それぞれのシーンに伴う茶器、酒器、食器も少しずつ並ぶ展示会となりそうです。

とりわけ参加作家個々としても今活躍され、注目されてきている方々ばかり。
扱う素材、テイストはバラエティに富みますが、意義を同じくする、力あるうつわがぎっしり並ぶ様は
今から楽しみです。

僕自身の在廊は初日20日水曜、21日木曜の二日間のみ
うつわ勉強会基の代表、新道工房・宮本茂利さんは23日土曜に在廊されます。
会そのものにご興味ある方はこちらを目掛けてお越しになるのも一つかと。


ありそうで、実のところそうそうない、
単なる即売会とは一線を画す、
そんな深みと広さを含蓄した珍しい展示会となるはずです。
よろしくお願いします。


b0156116_16535159.jpeg

# by aji-kyuu | 2019-11-11 16:56 | 案内 | Comments(0)
珈琲を肌で味わう候
b0156116_23222345.jpg
b0156116_23213353.jpg


珈琲をたのしむうつわ 展

2019.10.23wed - 29tue
会場:銀座三越7階 リミックススタイル/和食器
営業時間:午前10時 〜 午後8:00

企画:うつわ謙心

参加作家:安達健[陶]/岡崎慧佑[陶]/岳中爽果[陶磁]/中尾雅昭[陶磁]/萩原将之[陶]
前田直紀[磁]/加藤育子[木]/村上慶子 sabi-nuno[錆染]

珈琲:Barista Base



またまた、季節外れとも言えなくなった大型台風がここ横須賀を直撃しています。
携帯ラジオをそばに置いて耳を立て、
その暴風音を雨戸の向こうに聞きながら、
時折、進路やレーダーを別タブで開きつつ、
このお知らせを書いています。

秋はもう深まった、はずなのです。

氷が恋しい季節は過ぎ去り、
ホットの温もりを欲する頃合いとなりました。


僕は毎朝起き抜けと午後休憩時にひとりコーヒーを淹れます。
スーパーの中ランクくらいの豆を基本に、時にいただいた手焙煎豆を、
最近では一人用ドリップポットで落とします。

夏でも冬でも、温かいコーヒーが硬い体をほぐしてくれるから、
時間にしたらけして長くはないけれど、僕にとって大切なひととき。

そんな時、僕の手の中にあるのはコーヒーカップではなくて、湯呑碗。
たいてい取っ手はありません。


今回の展示会、基本皆さん取っ手付きのコーヒーカップやマグを出されるのでしょうが、
僕は主催者のご了解を得て、取っ手なしの器ばかりを並べさせていただきます。

もちろんそうすることには、それなりの理由があります。

確かにハンドルがあれば、手には全く熱くはないわけですし、その手を滑らすこともないし、所作だってスマートかもしれません。
でもその際、うつわはツールになっています。

取っ手がなければ、当然ながら手肌で器の胎に触れ、器の肌合いを通して満たされたコーヒーの温度湿度を感じ、
傾ければその液体の動きを一枚向こうにはっきりと感じます。
取っ手がなければ、うつわは身体の延長としての一種アイテムになり得ます。

これは和食器特有の器観・身体観。
そう理解しています。


手で直に持つこと、口を直に付けること、そうした飲食物との関わりを原始の頃から重ねてきた我々は
実は自覚以上に触覚的生物なのかもしれません。

そうした考えから、
本展では、コーヒーを味わうための碗や猪口、高足などを中心に、取っ手を持たない飲用器と
その時間を楽しむためのお供、ケーキや豆菓子に合わせるいくらかの器を出品します。


また今回展示に合わせ自家焙煎するコーヒーブリュワーズBarista Baseさんが珈琲を販売してくださいます。
試飲用にいただいたコーヒーは精製方法にこだわる浅煎りのもの。
深煎りばかり好んでいた僕にとって、このコーヒーはある種のカルチャーショック。
しかも「washed」「natural」って、それ土の精製方法じゃないですか!

コーヒーを、さらにいっそう美味しく飲むには?との試行錯誤は当初から大転換して
我ながら楽しみなラインナップになりそうです。


安達の在廊は初日23wedと26satの二日間限りではありますが、
本気で珈琲をたのしむために注ぎ込んだ心意気を受け止めていただけると大変嬉しいです。

ぜひ百貨店でのお買い回りついでに、覗いてください。
よろしくお願いします。



# by aji-kyuu | 2019-10-13 07:21 | 案内 | Comments(0)
物語る器
b0156116_05460175.jpg


安達 健 陶器展

2019.9.21(sat) - 30(mon)
11:00 - 19:00
knulpAA gallery (東京都練馬区)


* 25(wed)休
* 最終日16:00終了




今もまだ千葉県を中心に停電や断水の不自由を強いている台風15号は
僕の住む横須賀にも直撃をしていて、
避難が必要なくらいに、烈しい風雨で風景を一変させたままに過ぎて行きました。

それが呼び水となったのか、昨日から空気が秋の爽やかさを帯びてきました。
寒い、そんな言葉すら口をついてくる朝です。

こうなってくると、この季節。
毎年の石神井個展です。


ここ数年の大テーマになっている「器の演出性」に力点を置きつつも
何も特別ばかりでない、日常をより丁寧に見つめる意識を
今年は大切にしたい。
そう考えたラインナップを携えての、年一東京展です。

以下、DMからの抜粋。



b0156116_05465060.jpg

あっちからもこっちからも
段ボール箱がいっぱいになるくらい
いただいてきた新じゃが。
底が見えてきたら途端、寂しさ。
冷凍庫の隅に眠るいつかの揚げ物と合わせて
まだためしていなかったひと鉢。
ほら、また違った顔。

淡緑灰釉 七寸鉢  小海老とじゃが芋




b0156116_05465958.jpg

お隣さんはお料理上手。
今日は手製の羊羹をお裾分けくださったので、
新茶をいつもより深めに淹れる。
こうしてゆっくりおやつをいただくことも
めっきり減った。
たっぷりとは言わない。
ささやかで良いからこのひと時。

長石釉 汲出碗  川根茶




b0156116_05464025.jpg

忙しない日々の中、
スーパーに並ぶ野菜で時節を知る。
ちょっと早いのは分かっているのだけれど、
黄色い輝きに目がくらんで。
来たる夏に寄せる期待と、仄かな愁いをかじれば
口の中にはまあるい甘み。

緑灰釉 葉形浅鉢、三葉形浅鉢  とうもろこし





写真と添えたテキストは、我が家で日頃本当に営まれている
小さな小さな物語、そのほんの一片。

こうした食事を日々、あるいは時々に重ねていくことが
豊かな暮らしを支えるのだと信じて、本展でも陶器を並べてまいります。


◯ 安達在廊日 9/21,22,23,28,29,30
◯ 在廊日には場内で盛り付けのデモンストレーションを予定しています。
◯ 会期中、内山史さんのお菓子を数量限定で販売します。



その他特別企画 「先行観覧会&盛付についての食話会」 も開催します。
詳細、ご予約はknulpAAから。


美味しい秋がやってきています。
そのお供に、どうぞよろしくお願いします。


# by aji-kyuu | 2019-09-14 00:01 | 案内 | Comments(0)
衣食と住まう
b0156116_18232539.jpg

b0156116_18233939.jpg

BYOKA ジュエリー
竹俣 勇壱 金属
安達 健 陶芸
you ozeki 服

2019.9.6(fri) - 9.8(sun)
12:00 - 19:00
OZstudio(渋谷区東1-25-5 フィルパーク渋谷東3F)

渋谷にnew openするギャラリースタジオOZstudio渋谷東にて
ジャンルの異なる作家とデザイナーが集まり、展示・販売を致します。




HPへの掲載はなかったのですが、今月になって急遽決まった展示会です。

僕は大学在学中、学内サークルにてやきものに取り組んでいたのですが、
専攻は映像科。
実はその以前から、学外の仲間達と映像制作団体なるものを組んで、いわゆる自主制作映画を数本作っていました。

その当時の同郷の友人、今は映像業界で着々とキャリアを重ねているわけですが
彼の奥様が自身のブランドで服を作っていまして、
この度、自社スタジオを新たにオープンするということで展示会を開催するという運びに。

そこでかねてから僕の展示会に顔を出してくださっていたご縁で、お誘いくださったのが本展。

普段僕のものが並ぶうつわ屋やギャラリーとは趣が異なる空間で、
しかもうつわに限った取り合わせではない展示会。

とはいえそもそもが、
共に「住」という箱の中の内容物である「衣食」の間を分かつことに無理があるというもの。
いつも以上に、日々の暮らしの中にあるうつわ、あるいはうつわが醸す暮らしが見えるのかもなあ
と思っております。

残念ながら僕安達は会場に詰めることができませんが、
渋谷駅や代官山駅から十分徒歩圏内。
ぜひ覗いてみてください。

会期短いので、お見逃しなきよう。


# by aji-kyuu | 2019-09-02 17:01 | 案内 | Comments(0)
酒を嗜む
b0156116_16493037.jpg
b0156116_16491399.jpg


お酒をたのしむうつわ 展

2019.8.21 wed - 27 tue
会場:銀座三越7階 リミックススタイル/和食器
営業時間:午前10時 〜 午後8:00

企画:うつわ謙心
参加作家:
安達健[陶]/井倉幸太郎[磁]/伊藤由紀子[磁]/岡崎慧佑[陶]
片瀬和宏[陶]/鈴木努[硝]/岳中爽果[陶磁]/中野知昭[漆]/村上慶子(Sabi-nuno)[錆染]



毎年末から年始にかけて参加させていただいていた酒器テーマの展示会。
今年は真夏の銀座にて企画されています。


良い酒のうつわとはどんなものだろうか。
日本酒に絞っても、その呑み方、楽しみ方は人それぞれで
趣向の凝らし方まで持ち出せば際限無し。

そんな特異な酒器の世界に、作家としてうつわを提案するというのはなかなかに難しい。

今回、作家仲間との勉強会においても取り組んできた酒器について、
「旧くはもっと多様だった」という観点で、そのほんの一部ともいうべき器たち、
イコールそれはたしなみ方の多様性をも映している器たちを改めてお伝えしたいと思っています。


当展の中だけでも様々な素材を用いた酒器等、バラエティに富み、力ある作家たちのものが並びますし
何より百貨店。
真夏の避暑にもなることでしょう。

安達の在店は初日の21(水)と24(土)の二日間となっています。
何かのついでで構いません。
どうぞお越しくださいませ。



# by aji-kyuu | 2019-08-14 21:48 | 案内 | Comments(0)