<< 作り手 使い手 暮らし 季節の愉しみ >>
暮らしの寸法
b0156116_12515974.jpg


五寸皿 展

2018年11月3日(土・祝)~10日(土)
午前11時〜午後6時 (初日7:00pmまで、最終日5:00pmまで)
会期中無休

うつわPARTY

安達健、馬野真吾、志村和晃、田谷直子、長谷川奈津、広川絵麻、古川桜、山野邊孝




和文化におけるものの長さの単位は尺貫法による「寸法」で示されます。
一寸はおよそ30.3mm。十寸が一尺(30.3cm)になります。
五寸といえば15cmほど。
今週末からはその五寸のお皿ばかりが並ぶ展示会です。

15cmは平均の人の「一アタ」。手の親指と人差し指で作ったL字の指先間の距離。
(一説に親指と中指の先の距離ともされ、その場合は18cm。六寸ですね。)
そのサイズは古来より様々な寸法の基本となっていました。
柱の太さ。ハガキの長辺。
多くの人にとって取り扱いやすく、身体に心地よいサイズ。
器でいえば、銘々の一品盛り皿にも、取り分け皿にも程よい直径となります。

出品者は会場となるうつわPARTYさんでも常連の方々。
キャリアも、得意とする仕事も、様々。
サイズでくくられているものの、これだけ幅も力もある作家さんが集えばかなりの見応えになることでしょう。

僕もDM画像のもの(中段真ん中と下段左端)の他に5種類ほどの五寸皿を持ち込む予定です。
形状も様々なので、大きさはおよそ一緒であっても、様々な食卓シーンで活躍するはずです。

在廊は初日土曜に予定しています。
どうぞよろしくお願いします。



[PR]
by aji-kyuu | 2018-10-29 20:07 | 案内 | Comments(0)
<< 作り手 使い手 暮らし 季節の愉しみ >>