人気ブログランキング | 話題のタグを見る
素材考 >>
テクスチャとマチエール
安達健(灰〆)×フクオカタカヤ(komorebi) 二人展
2021.5.20 thu - 25 tue
11:00 - 20:00 
LastDay - 17:00 会期中無休
うつわ謙心(東京都渋谷)


テクスチャとマチエール_b0156116_23402710.jpg

テクスチャとマチエール_b0156116_23410443.jpg



渋谷のうつわ謙心さんによるフクオカさんとの二人展も早5回目となりました。

この、対極にあるような外観の両者のうつわは
けれどどこか素材や技法に対して似通ったスタンスをとっている、ということを以前に述べました。
ただ、ここ3回ほど「コラボ作品」の課題が与えられるようになってからというもの
僕の中でこの二人展の裏テーマに「テクスチャとマチエールはどう違うのか」と、その証明みたいなことがむくむく起き上がってきて
その比較、決定的な違いがより鮮明に見えてきた気がしています。
それはそのまま、僕とフクオカさんの立場の決定的な違いになっているように思うのです。

同じことについてを話していて、その場で問題なく通じて、互いに理解してはいるものの、
どこか共有とまでいけないような。
同じ方角へ進んでいるけれど、足元はにはけして交わらないレールが引かれているような。

これはネガティブな意味ではなくて、
だからこの展示は、本当の意味での多様性を受け入れる度量を試されている、とすら思えてきています。


この二者のうつわ を同じように受け止め、面白がれるかどうか。
そういう目でいた方が絶対的に面白い。
大袈裟かもしれないけれど、
この二人展にそんな見え方があることも、頭の片隅に置いていらしてくだされば幸いです。

安達の在廊は20(木)、22(土)二日間のみにて失礼します。


なお、本展は現況を鑑み、急遽初日を予約制としております。
詳しくはこちらにてご確認ください。

どうぞよろしくお願いします。

by aji-kyuu | 2021-05-12 00:14 | 案内 | Comments(0)
素材考 >>