人気ブログランキング |
カテゴリ:案内( 155 )
記憶から記憶へ
b0156116_22213117.jpg

安達健
記憶媒体

2019/6/22 SAT - 6/30 SUN
12:00 - 18:00
会期中無休

Quwan (大阪市浪速区)



大阪で数年前に開かれたお店、Quwan
僕と同年代のご夫婦が営まれている「うつわや」です。

一昨年お会いした時から互いに共感し合える部分が多くあり、
また互いの活動や思考そのものに興味を抱きあい、幾らかのやりとりを重ねてきました。

そういった下地のうえで、この展示会を催します。


今回も先月の渋谷展と同じく「灰〆」というシリーズに絞った展示となります。

この灰〆、耐火度の高い陶土の表面を灰で焼き締めるというもの。
一見すると御影石のような特異な質感から、特殊なやきものと思われがちですが
僕の他の仕事と同様に、その工程は到ってシンプル。
土の性質を感じ、そこへ歩み寄るスタンスで造形を、焼成を選び取り、陶に結んでいく行為。
たまたまあの日出会った土が、灰〆になることを知っていた、それだけのこと。

ただその見慣れない印象ゆえ、多くの受け手の意識は表層にとどまりがちであったのも事実で、
それを避けたいがために極力簡素な、それでいて土の性を抑制しない造形を求めてきたのですが
Quwan三好さんは、始めからそのファサードを軽々と踏み越え、深みに潜って来てくださいました。

その先にこそ、本当の魅力がある、と。


以前にも述べましたが、正直灰〆に絞る展示はリスクも大きい。
誤解を生みやすいシリーズではあるのです。
この方々のお力をお借りできるのなら、との大阪灰〆初個展です。


せっかくですので、さらに長くなってしまいますが
店主達が編んでくださったイントロダクションがあるので、ここにも転載させていただきます。
自分以外の方が自身の言葉以外の言葉でもって自身を語ってくださるのは、
照れ臭いながらも、とても有難いこと。
以下是非ご一読ください。


脈々と受け継がれる記憶は
其の形を媒体とし在り続ける。
手の中、日々の生業、意識の先に。

安達健さんは1983年生まれ、武蔵野美術大学で映像メディアを専攻し同時期から陶芸を初めました。
懐石の器を研究し料理の盛りどころが意識された器は、料理が美しく見える食卓の器として定評があります。
そんな作品群の中に灰〆(はいしめ)と呼ばれる器があります。
灰〆はコンクリートや石のような外見であり、ただ存在することを是とするような佇まいの器です。
今展ではこの灰〆の器に焦点をあて彼の器の魅力に近づきます。

土を精製する中で様々な事象と出会うと語る安達さん。
それは土の中に紛れ込んだ草木や生き物、時には新たに芽吹こうとする種子であったりします。
一つ一つに意識を向け、土に記憶された情報を読み解く。
そうした膨大な情報、色形、性質はもちろん、癖や素材のエゴまでを抱え、違った形に映し変えようとする表現こそが
安達さんの器の魅力だと考えます。

灰〆の器には一般的には単体で使用しない陶土を使います。
癖のある土は熔けた釉薬を吸収し石の様な姿へ変容します。
灰〆は薄弱をよしとせず、実直でまっすぐ。私達が歩み寄る必要がある器なのかもしれません。
それは土が安達健を媒介し情報を具現化した形、多くの記憶を内包した確かな器の姿をしています。
食卓の器を含めすべての作品は同様のプロセスを経て形を与えられているはずです。
それが表層にまでより顕著に表れるのがこの灰〆なのです。

器という媒体に記憶された情報は私たちの感性を深く刺激してくれます。
安達健さんの器をぜひこの機会にご覧ください。



b0156116_22253599.jpg
b0156116_22254783.jpg

安達在廊日 22(SAT), 23(SUN)




by aji-kyuu | 2019-06-12 07:25 | 案内 | Comments(0)
下半期展示会等スケジュール
いよいよ夏を思い出させる、一足早い日々がここ横須賀にもやってきました。
なんだか毎年苦慮する梅雨のことなど忘れてしまいそうです。


先日まで渋谷で開催していました二人展も無事終了。
お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

自分なりに挑戦ができ、その反響も良しにつけ悪しにつけいただけた今回。
次に、来年に繋がるヒントとモチベーションを育むことができました。


この仕事のハイシーズンとなる今月を過ごすと、一般的には多少の落ち着きを見せる時期になるはずではありますが
お陰様で今年はこの先に初めての地域での展示会が続き、
また秋の慌ただしいシーズンへと雪崩れ込みます。

2019年下半期のスケジュールを更新しましたので、ご確認ください。

2019年下半期 展覧会予定


気付けば今年も折り返し。
これまで続けてきたこと、新しく始めたこと、
幸いにして折り重ねることができています。
有難いこと。

弛まず一糸一糸編み上げていきますので
どうぞご注目のほど、よろしくお願いします。



by aji-kyuu | 2019-05-25 23:29 | 案内 | Comments(0)
卓上に空間を立ち上げる
明日、いよいよ倉敷入り。
安達健の陶器の世界をぐるり一周お見せするつもりで参じます。
ぜひ覗きにいらしてください。


倉敷からとって帰って翌週木曜からは、ここ数年力を入れている灰〆展。

b0156116_12052332.jpg
b0156116_12060592.jpg


安達健(灰〆)
フクオカタカヤ(komorebi)
二人展


2019.5.16THU - 21TUE
11:00 〜 20:00
LAST DAY - 17:00

うつわ謙心 (東京都渋谷)



先日十周年を迎えた渋谷のうつわ謙心さんにて
3年目となる二人展です。

毎度書いておりますが、
「灰〆」と呼んでいるやきものがお客様の食卓で、料理屋の厨房で活躍の場をいただいているのは
ひとえにうつわ謙心さんのお力があってのこと。
直接に間接に、この少し変わった器を作り続ける機会と勇気をいただいております。

そんな器屋で、今回また新たな挑戦をさせていただきます。

灰〆というシリーズは、他の陶器とさしたる違いのない工程を踏んでいながら
利用する素材が(土が)若干変わった性質を持っており、
それを最大限に前面化するための取り合わせを僕自身が選んでいることから
現在巷で目にしやすい陶器の中では、あまり見られなかった質感を実現しているものです。

そういった特徴は翻って見れば、陶器としての、食器としての多少の制限を受けるということ。
そのため、これまで作る器の形状の多くは板状、箱状のものでした。

灰〆以外にも多様な食器を自覚的に作っている僕としては
この制約は正直とても苦しいもの。

そんな今回、事前に謙心さんからいただいた課題に向き合う中で
このシリーズの最適解のようなもの、考え方を見出せた気がしています。

普段から述べている盛りどころ、器の空(うろ)の部分。
そこをどう形取ろうか、と。


まだまだ途上ではありますが、灰〆に新しい光が差してきたように
我ながら思っています。


灰〆シリーズに絞った今展。
お相手してくださるフクオカさんもまた、振り切った造作を見せてくれます。

僕安達の在廊は初日16(木)、18(土)、19(日)の三日間

うつわについて、やきものについて、
知りうる限りを解説します。

よろしくお願いします。



by aji-kyuu | 2019-05-10 17:03 | 案内 | Comments(2)
山瑞々しく、海碧々と
b0156116_16162131.jpeg

Hayama・
北欧・
暮らすもの 展


5月2日(Thu) - 5日(Sun)
5月16日(Thu) - 19日(Sun)
11:00 〜 17:00 Open
at plus eitch (神奈川県葉山町)

[作家・ブランド]
カリン・カーランダー (デンマーク)
インゲヤード・ローマン (スウェーデン)
Hirahara Aiko
安達 健
神永 匡崇
コスタボダ (スウェーデン)


+Hは葉山一色の高台にある小さなスペースです。
北欧の素材からこだわったリネン・ガラス。
葉山近郊で活躍する作家の陶芸・木工・モビールなど、
普段の暮らしにまつわるこだわりのものを揃えました。
日本の工芸品は今回のために丁寧な手仕事で作られています。



葉山の最も葉山らしい一色に新しいスペースがオープンします。

ここのオーナーさんと初めてお会いしたのは、もうかれこれ5年近く前のこと。
人づてにご紹介いただき、時に展示会などでお顔を合わせお話を重ねてきました。
長く温めていらっしゃった場所がいよいよ開かれるということで、お誘いいただいた今回。
僕自身とても楽しみにしています。

これまでお付き合いしてきたお店や店主さん方とはまたちょっと違った背景を持っていらっしゃり
思い描いておられるビジョンもまた、違った像を映しているように感じられ
僕の作るものの中の新たな側面をライトアップしてくれるのではないか、と期待しています。

今回、この季節の葉山を巡る一大イベント「葉山芸術祭」に合わせ企画された展示会では
オーナーさんの縁深い北欧ものと、数名の近隣作家のものとがコーディネートされるとのこと。


器好きでなくとも、暮らしを丁寧に紡いでいきたい、と思う方は
ぜひこの新緑眩しく、海風柔らかい季節に葉山へおいでください。

なお安達は3日夕方までの時間のみ会場にてご説明などさせていただきますので、
どうぞよろしくお願いします。



そしてもう一件。


b0156116_06510654.jpg

フィールドオブクラフト倉敷2019

2019年5月11日[土] - 12日[日]
10:00 〜 17:00 二日目は16:30
倉敷市芸文館前広場(岡山県倉敷市)
公式HP



もの作り文化のまち倉敷の美観地区に隣接する公園にて開催されるイベントに出展します。

こういった大きなクラフトフェアに出展するのは久しぶり。
そもそも四国を除く関西以西で展示することすらかつてないこと。
貴重なご縁をいただきました。

屋外にテントを並べ、様々な作家が自身の仕事を自身のプロデュースしたブースでアピールする。
素材もとりどり、およそ80組の作り手が集うので、もちろん見応えは相当なもの。
かつ、フィールドオブクラフト倉敷では各作家が作品ディスプレイにとどまらず
素材や道具の資料展示のほか、ワークショップや制作実演など、
ものの少し先、少し深みをお見せする工夫を準備しています。

安達のブースでは、「作る」以前の土の展示や、
「作る」以降の「使う」提案としての盛付デモンストレーションを予定。
器をうつわに昇華する方法をお教えします。

二日間限定のイベント。
遠方からお越しいただく価値十分な場となるはずですので
是非是非足を伸ばしていただけますよう。

よろしくお願いします。



by aji-kyuu | 2019-05-01 06:55 | 案内 | Comments(0)
春の報せ
はや4月。
寒い寒いと重ね着していたら、昼には汗ばむくらいになってきました。
春爛漫。花木や虫も勢いづいてきました。展示会も続々始まっていきます。


直前も直前になってしまいましたが、2件のお知らせです。


こちら春の恒例となっている、妻の実家のご近所さんたちとの展示会。


b0156116_22475281.jpg

織りと器と盆栽と +木のしごと 展
平成31年4月11日(木) 〜 14日(日)
午前10時 〜 午後6時 (最終日午後4時まで)
8KギャラリーA (神奈川県横浜市金沢区)

安達 健(陶器)
神永 匡崇(木工)
古田土 照子(織り)
三村 寛(盆栽)


5年目となる今年は、横須賀の木工藝家神永匡崇さんを招いての開催です。

家具やインテリアを中心に作られる同世代の神永さん。
箱物・指物や盆トレイなどもすっきりとしたデザインで見せてくれます。

僕安達はというと、定番の釉ものを中心に
今年から発表している形、
そして今回は盆栽、山野草で参加の三村寛さんのご指導を受けて
初めて植物器、植木鉢を制作しました。
こちらでも面白い提案ができそうです。

最寄りの金沢八景駅は、昨月末からリニューアルして
駅前の雰囲気もぐっと変わっています。
利用もしやすくなっているので、お近くの方はぜひ。
明日から4日間です!




続いて、
b0156116_23171426.jpg
b0156116_23163234.jpg

和菓子とうつわ 展
2019.4.18thu - 23tue  LastDay - 17:00
うつわ謙心 (東京都渋谷区)

[参加作家]
安達 健・池田 麻人・伊藤 剛俊・大中 和典・岡崎 慧佑・片瀬 和宏・加藤 育子
glass atelier えむに・小西 光裕・小林 千恵・萩原 将之・橋本 忍
フクオカ タカヤ・田巻 奈菜・中野 知昭
[和菓子]
島田 省吾・wagashi asobi・和三盆 恵菓



毎度お世話になっている青山のうつわ謙心さんがいよいよ10周年を迎えられます。

オープン間もない頃、僕自身も駆け出しも駆け出しの頃
益子のイベントで出会い、その後毎シーズンの益子陶器市のみならず
あちこちでお会いする機会をいただき、
その都度僕の器に対して丁寧に目を向けてくださり
力不足のためにご要望に応えられないことも多かった当時の僕を、辛抱強く待ってくださった謙心さん。
これほどたくさんのお仕事をさせていただけるとは正直思っておりませんでした。

作家業、販売業というものを身をもって示してくださり、
この業界で生きる術を沢山学ばせていただきました。
作家を育て、作家と共に歩もうとされている今や稀有なギャラリストです。

それでも、まだたった10年。
これからも長く、太く、作家もののうつわを世に問うていくであろうお店、お人だと確信しています。

まだ訪れていらっしゃらない方は、この機会にぜひ覗いてみてください。
イロモノ、イロモノ、と思われがちな謙心ラインナップではありますが、
その後ろにいる作家ぞれぞれが、とてもとても魅力的なのがここの最大の特長です。
在廊が少ない企画ですので、ものに表れ出るその作家たちに、ぜひ会いにいらしてください。
僕自身は初日のみお店に立たせていただきます。



うつわ謙心さん、本当におめでとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。



by aji-kyuu | 2019-04-10 23:04 | 案内 | Comments(0)
上半期スケジュール追加
上がったり、下がったりしながら
それでも空気は確実に暖かなものに入れ替わってきていて
今年も手足のしもやけが疼く春の入り口。
もう三月でしたね。

今年最初の個展を終えて、
お料理屋やホテルからのご注文品を作りつつ、
4月から控える展示ラッシュに向け、準備に結局慌ただしくなりそうなこの年度末です。

上半期の展覧会スケジュールに追加や変更が少々ありましたので
ページ更新しました。
こちら からご確認ください。



b0156116_22492334.jpg

緑灰釉 七葉形皿
お隣からの大根と親戚からの文旦サラダ

by aji-kyuu | 2019-03-02 22:52 | 案内 | Comments(0)
暮らしの容れ物
小さな家族が増え、早一年が経とうとしています。

ここ数年、勉強会などで「向付」について研究していたこともあり、
僕の器の展開は、銘々使いの皿鉢へ大きく傾いていたと思うのですが
三人で食卓を囲めるようになってくると、
さすがに毎食銘々に盛り分け、ゆるり落ち着いて、というようにいくはずもなく
必然、慌ただしく口に運ぶその真ん中で中皿鉢がどっしり受け止めるという光景も
度々となってきました。

そんな我が家の食べごとの変化に気付く今日この頃。
今や地元ともいうべき横浜にて、今年も個展をさせていただきます。



b0156116_21561217.jpg
b0156116_21544337.jpg


安達 健 陶展

2019年2月2日(土) - 11日(月) *定休日6日
11:00 〜 19:00 (最終日17:00まで)
sumica栖 (神奈川県横浜市中区)

毎日使いたくなるうつわ…。
伊賀地方の原土をていねいに精製して作られた、
土の味わいが感じられるシンプルなうつわです。
和も洋も受け止めてくれる
新鮮な感覚をお楽しみください。




いわゆる和食器としてフレーミングされがちな僕のうつわ群に
「和も洋も」というニュートラルな感覚を見出してくださった店主さん。
そのご期待にも応えるべく、
今回は中くらいで、盛りどころがやや広い、汎用性の高い器をいつも以上に充実させて、
緑、淡緑、黄や茶など、灰釉ものの定番から、新作もいくつか発表予定。

なお今回の装花は久しぶりに小林真夕さんにお願いしました。
きっとsumicaでも素敵な空気を形作ってくれるはずです。
それも大きな見どころ。


さて僕の在廊は
息子の誕生日にして展示会初日の2日、そして3日、9日、10日、11日、の五日間。

山下公園に中華街、KAAT(神奈川芸術劇場)に赤レンガ倉庫 etc.
ギャラリーは冬のお出掛けに最適な街にあります。
ぜひぜひお出掛けください。


よろしくお願いします。
by aji-kyuu | 2019-01-25 22:44 | 案内 | Comments(0)
酒を愉しむ
b0156116_19144851.jpg
b0156116_19150949.jpg


にっぽんの暮らし 展 2019 〜お酒をたのしむうつわ〜

2018.12.27thu - 2019.1.6sun (会期中無休)
11:00-19:00 (12/31,1/1-2は18:00迄)

◆会場 代官山T-SITE GARDEN GALLERY (東京都渋谷区)
◆企画協力 うつわ謙心

安達健(陶)/安西淳(漆)/池田麻人(磁)/岡崎慧佑(陶)
片瀬和宏(陶)/岳中爽果(陶磁)/森本仁(陶)/望月万里(陶)




今年も残すところひと月切りました。
毎年恐ろしく増すスピードではありますが、実のところ全く同じ間隔で刻まれるこの年の変わり目。
ここ数年はこの企画と共に過ごさせていただいています。
昨年企画に引き続き、テーマは「酒器」


世界中に数ある酒の中でも、日本のお酒「日本酒」はその周縁のものごと含め、
とても特異なもののような気がしています。

一言に日本酒と言えど、千差万別。その幅はともするとどこまでも。
味わい、香り、舌ざわり、アルコールの度数などはもちろん、
どう飲むか、いやどう注ぐか、
温度は?器は?
正直面倒なくらいに、気になる要素が細かに多過ぎて
それゆえいつまで経っても不定形。常につかみきることができない、
そんな、酒。

だからこそ古来より人は日本酒に神を見、夢を見、それで遊び、それに溺れた。

一方で、その日本酒をいただくことそのものも、
儀式の場では神とのコミュニケーションであったり
宴会の場では仲間とのコミュニケーションであったり
はたしてきたツールとしての役割もまた、唯一無二な特殊性を負っていたわけで
結果、今もって和文化の到るところにそのにおいを嗅ぎとることができるのです。

そんな深遠で、また濃密なお酒の文化の一端を、器の立場から担いたくて
この数年、時に自身で、時に勉強会の中で、少しずつ少しずつ学びを得、積んできました。

その成果をどこまで発信できるかは分かりませんが、
少なくともこの気概だけはご覧いただけるものとなりそうです。

日本酒のための器。
そこに特化した展示会です。


会場となる代官山T-SITEさんGARDEN GALLERYでは我々のほか、プロダクトもの雑貨や食品などを集め
「にっぽんの暮らし」と題された催事が大々的に開催されます。
年末年始という気忙しい頃ではありながら、
もちろんマニアックな雑誌や専門書も揃う蔦屋さんでもありますので
一日をゆったり過ごすにはむしろもってこいな場所だと思います。


安達は初日27(木)、年明け5(土)、6(日)の三日間在店して、
その場でもって酒器のあれこれをお話ししたいと思っています。


どうぞよろしくお願いします。



by aji-kyuu | 2018-12-11 21:00 | 案内 | Comments(0)
猪駆けず
いつもより少し遅く、外水道で手を洗う時の水の冷たさが際立ってきました。
足指の霜焼け第一陣もやってきました。

そうそう気づけば明日から12月。
師が走り始めます。

いろいろと思うところも多く、またなんやかんやと差し迫ってくる気のするこの季節。
今年を振り返り、来年を見遣る。

平成最後の31年。
2019年。
上半期の予定が出てきていますので、お知らせしておきます。

ホームページ 展覧会予定 をご覧ください。


新たな年は何が終わり、何が始まり、
我が身、社会にどのようなことが起こるのでしょうか。
期待を胸に、
そのうねりに時に身を任せ、時に抗い
慌てて駆け出すことなく、
一足一足、踏みしめてまいりたいと思っています。


よろしくお願いします。




by aji-kyuu | 2018-11-30 19:53 | 案内 | Comments(0)
和食器の哲学
秋の行楽シーズン。
観光地に限らずそこかしこで、様々なイベントが催されていますが
こちらでも、展示会シーズン。

連日のお知らせになります。
今回はまた少し趣向を異にする展示会です。


かれこれ五年前の2013年、愛知県瀬戸市を拠点に立ち上げられた「うつわ」の研究会があります。

新道工房・宮本茂利を代表とし、陶磁器作家を中心に木漆、ガラスの作家も参画。
年齢、キャリア、活動地もそれぞれの者がひとところに集い、
「うつわの基本の『き』を改めて探る」ことを主眼に会合を重ねています。

僕安達も当初から参加。

時期により濃淡はあるものの、
ふた月に一度ほど、専門家のレクチャーや、資料収集と整理、作家間のディスカッション、料理屋での実使用体験会などなど
その折々にテーマを設定して、集まれる者で取り組んでいます。

その基が旗揚げ時から主だったテーマとして据えていたのが「懐石の器」、中でも「向付」です。

昨今の家庭での食事は、外食産業の影響や、食住の相対的軽視による過度な効率化によって大きく変容しています。
その中で脇に追いやられ、風前の灯となりつつあるのが和食”文化”。
世界遺産登録されるくらいに、しいて守るべき希少な対象となっています。

ひとことで和食文化といってもその表れは種々方々。
歴史的な積み重ねによって血肉化、身体化しているがゆえに
じゃあ、なにがどう?と訊ねられるとぼんやりしていて語りにくい。

それは、和食文化を下支えしているはずの我々うつわの作家にとっても同様でした。
おぼろげに、けれど確かなる危機感を覚えつつも、どうにも手に負えない大いなる課題。

その折、ひとつの方法論として「思想哲学はフォーマルな場において極まり、先鋭化する」との新道工房・宮本氏の持論でもって
日本の最もフォーマルな食事「懐石料理」を見直し、掘り進め、ひいては和食文化を掴み、言語化していこう
そうした蠢きが瀬戸で起こり、その試みが基(もとい)となり、主要テーマ「向付」を設定するに到ったわけです。


以降約五年、
いろいろなアングルから迫ってきた和食器のエース「向付」にギュッと焦点を絞った展示会を開催します。



b0156116_06115896.jpeg


初冬の向付 展 〜うつわ勉強会基(もとい)

2018.11/14wed-19mon (会期中無休)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
うつわshizen (東京都渋谷区)

安達健、片瀬和宏、新道工房、竹下努、中西申幸、橋村大作、松永真哉
賛助出品:名古路英介




懐石、向付と聞くと、高尚だとか、敷居が高いという印象を持つ方も多いかとは思います。
もちろん、今回は向付展ということなのでおそらく出品物の八割がたは「特殊」な器。
いつもどこでもだれにでも、という汎用性よりは専用性の強いものが多いでしょう。
用途幅が狭いゆえに、家庭では使いにくい。
ただ、そんな特殊な器に込められているのは、言わば普遍的な人の心。
誰もが当たり前に持つ、人を、自然を、そのひと時を想う心。
難しい理屈などではありません。

そういった柔らかな心は、食卓という現場にややもすると冷たい理ではなく、きっと温かな情をもたらしてくれるはずです。


八名が八様に表す心をぜひご堪能ください。

なお本展はその性質柄、出展作家の解説を聞きつつご覧いただくのがお勧めです。
在廊予定は以下。

14(水) 安達、橋村
17(土) 竹下、中西
18(日) 安達、宮本

よろしくお願いします。


この会期に先立ちまして、先月よりうつわ勉強会基の名義でInstagramも始めました。
motoi.utsuwa

合わせてお願いいたします。



b0156116_23345245.jpeg
      しらすと蕪の奈良漬和え
b0156116_23350828.jpeg
      かぼちゃと茸の醤油煮
by aji-kyuu | 2018-11-08 23:40 | 案内 | Comments(0)