カテゴリ:案内( 146 )
和食器の哲学
秋の行楽シーズン。
観光地に限らずそこかしこで、様々なイベントが催されていますが
こちらでも、展示会シーズン。

連日のお知らせになります。
今回はまた少し趣向を異にする展示会です。


かれこれ五年前の2013年、愛知県瀬戸市を拠点に立ち上げられた「うつわ」の研究会があります。

新道工房・宮本茂利を代表とし、陶磁器作家を中心に木漆、ガラスの作家も参画。
年齢、キャリア、活動地もそれぞれの者がひとところに集い、
「うつわの基本の『き』を改めて探る」ことを主眼に会合を重ねています。

僕安達も当初から参加。

時期により濃淡はあるものの、
ふた月に一度ほど、専門家のレクチャーや、資料収集と整理、作家間のディスカッション、料理屋での実使用体験会などなど
その折々にテーマを設定して、集まれる者で取り組んでいます。

その基が旗揚げ時から主だったテーマとして据えていたのが「懐石の器」、中でも「向付」です。

昨今の家庭での食事は、外食産業の影響や、食住の相対的軽視による過度な効率化によって大きく変容しています。
その中で脇に追いやられ、風前の灯となりつつあるのが和食”文化”。
世界遺産登録されるくらいに、しいて守るべき希少な対象となっています。

ひとことで和食文化といってもその表れは種々方々。
歴史的な積み重ねによって血肉化、身体化しているがゆえに
じゃあ、なにがどう?と訊ねられるとぼんやりしていて語りにくい。

それは、和食文化を下支えしているはずの我々うつわの作家にとっても同様でした。
おぼろげに、けれど確かなる危機感を覚えつつも、どうにも手に負えない大いなる課題。

その折、ひとつの方法論として「思想哲学はフォーマルな場において極まり、先鋭化する」との新道工房・宮本氏の持論でもって
日本の最もフォーマルな食事「懐石料理」を見直し、掘り進め、ひいては和食文化を掴み、言語化していこう
そうした蠢きが瀬戸で起こり、その試みが基(もとい)となり、主要テーマ「向付」を設定するに到ったわけです。


以降約五年、
いろいろなアングルから迫ってきた和食器のエース「向付」にギュッと焦点を絞った展示会を開催します。



b0156116_06115896.jpeg


初冬の向付 展 〜うつわ勉強会基(もとい)

2018.11/14wed-19mon (会期中無休)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
うつわshizen (東京都渋谷区)

安達健、片瀬和宏、新道工房、竹下努、中西申幸、橋村大作、松永真哉
賛助出品:名古路英介




懐石、向付と聞くと、高尚だとか、敷居が高いという印象を持つ方も多いかとは思います。
もちろん、今回は向付展ということなのでおそらく出品物の八割がたは「特殊」な器。
いつもどこでもだれにでも、という汎用性よりは専用性の強いものが多いでしょう。
用途幅が狭いゆえに、家庭では使いにくい。
ただ、そんな特殊な器に込められているのは、言わば普遍的な人の心。
誰もが当たり前に持つ、人を、自然を、そのひと時を想う心。
難しい理屈などではありません。

そういった柔らかな心は、食卓という現場にややもすると冷たい理ではなく、きっと温かな情をもたらしてくれるはずです。


八名が八様に表す心をぜひご堪能ください。

なお本展はその性質柄、出展作家の解説を聞きつつご覧いただくのがお勧めです。
在廊予定は以下。

14(水) 安達、橋村
17(土) 竹下、中西
18(日) 安達、宮本

よろしくお願いします。


この会期に先立ちまして、先月よりうつわ勉強会基の名義でInstagramも始めました。
motoi.utsuwa

合わせてお願いいたします。



b0156116_23345245.jpeg
      しらすと蕪の奈良漬和え
b0156116_23350828.jpeg
      かぼちゃと茸の醤油煮
[PR]
by aji-kyuu | 2018-11-08 23:40 | 案内 | Comments(0)
作り手 使い手 暮らし
クラトコ vol.10 2018

2018.11.10(土)-11(日)
am10:00-pm5:00 (二日目はpm4:00まで)

会場:大曽公園(愛知県常滑市大曽町6-3)
企画:クラトコ実行委員会
クラトコブログ



b0156116_22172946.jpg


2013年、僕がまだ岐阜本巣を拠点に活動している頃にクラトコへ初めてお誘いいただき、出展しました。

思えばそのずっと前、作家として自分の窯を持つそのずっと以前から、この地常滑には縁がありました。
師もなければ、先立つものも一切なかった僕は
まずここを頼り、細い繋がりを辿って沢山の先輩方のところに転がり込み、
あちこちで様々なことを教わり、様々な場面で助けられ、
表にも裏にも大変にお世話になってきたことが思い出されます。

一時期は通うように、ことあるごとに車を走らせて向かった常滑。
ここへの道がなければ、僕の今はないのでしょう。


そんな場所で作家さんたちが自ら起こしたイベントに、2013年以来、二度目の出展をさせていただけることとなりました。


出展者は僕を含め54組
飲食出店者も9組
詳細は公式ブログでチェックしていただきたいですが、
それぞれに常滑に縁を持ち、各地で活躍する作り手たち。
見た名前も多いかもしれません。
出展者としても、出展者が魅力的なのがこのイベントの楽しみなところ。

少し駅からは距離があり、けして便の良い会場ではありませんが
その分、喧騒から離れた、のんびりした公園。
海沿いの街の、秋ならではのロケーション。

木漏れ日の中、落ち葉踏み踏みぜひお越しください。


[PR]
by aji-kyuu | 2018-11-05 22:49 | 案内 | Comments(0)
暮らしの寸法
b0156116_12515974.jpg


五寸皿 展

2018年11月3日(土・祝)~10日(土)
午前11時〜午後6時 (初日7:00pmまで、最終日5:00pmまで)
会期中無休

うつわPARTY

安達健、馬野真吾、志村和晃、田谷直子、長谷川奈津、広川絵麻、古川桜、山野邊孝




和文化におけるものの長さの単位は尺貫法による「寸法」で示されます。
一寸はおよそ30.3mm。十寸が一尺(30.3cm)になります。
五寸といえば15cmほど。
今週末からはその五寸のお皿ばかりが並ぶ展示会です。

15cmは平均の人の「一アタ」。手の親指と人差し指で作ったL字の指先間の距離。
(一説に親指と中指の先の距離ともされ、その場合は18cm。六寸ですね。)
そのサイズは古来より様々な寸法の基本となっていました。
柱の太さ。ハガキの長辺。
多くの人にとって取り扱いやすく、身体に心地よいサイズ。
器でいえば、銘々の一品盛り皿にも、取り分け皿にも程よい直径となります。

出品者は会場となるうつわPARTYさんでも常連の方々。
キャリアも、得意とする仕事も、様々。
サイズでくくられているものの、これだけ幅も力もある作家さんが集えばかなりの見応えになることでしょう。

僕もDM画像のもの(中段真ん中と下段左端)の他に5種類ほどの五寸皿を持ち込む予定です。
形状も様々なので、大きさはおよそ一緒であっても、様々な食卓シーンで活躍するはずです。

在廊は初日土曜に予定しています。
どうぞよろしくお願いします。



[PR]
by aji-kyuu | 2018-10-29 20:07 | 案内 | Comments(0)
季節の愉しみ
すっかり朝明けが遅くなり、ともに日暮れは早くなり
ゆく足速い秋の深まりには毎年身体が戸惑いますが
食においてはまた違った深まりに心躍ります。

ホットコーヒー、熱い緑茶、ヴァンショー。
美味しくなるあたたかな飲み物に、気の利いた甘味。
昨年に引き続き、今年もデパートにてこの展示会の季節です。


甘味をたのしむうつわ展

2018.10.24(wed) - 30(tue)
全館営業時間 10:30 - 20:00

会場 : 銀座三越7階 リミックススタイル
企画 :
うつわ謙心
出展 : 安達健(陶)/岡崎慧佑(陶)/岳中爽果(磁)/前田直紀(磁)/加藤育子(木)
甘味 : 井上茶寮/和三盆恵菓




b0156116_06343925.jpg
b0156116_06342174.jpg


企画主と作家側参加メンバーは毎年恒例。
すでに5年以上のお付き合いですが
甘味のお二方とは初めてご一緒します。

井上茶寮さんはカヌレ羊羹、和三盆恵菓さんは和三盆糖のらくがんなどを出品くださいます。
我々はそれらに見合う器を、それぞれの色でもって今年も用意します。

小皿、豆皿はもちろん、ボウル、プレート、そして携帯用の小さな菓子入れ「振出(ふりだし)」。
ご期待ください。


会場は僕にしては珍しいデパート。
しかも銀座ですので、諸々のご用事と合わせて、ぜひお立ち寄りください。

なお、安達は24(水)、27(土)、28(日)三日間のみ在店しています。
どうぞよろしくお願いします。



[PR]
by aji-kyuu | 2018-10-16 22:50 | 案内 | Comments(0)
年の移りにめがけて
秋が深まってきました。

海や森は夏の色から一気に秋を帯びてきています。
谷では日暮れも早くなり、虫の音も遠く少し寂しさが漂います。

気付けば2018年も残すところ3ヶ月と。
恐ろしいですね。

そんなこんなで年末にかけてのスケジュールにいくらか加わっています。
HPの 予定 からご覧ください。

夏は夏なりに、秋は秋なりに、
そして冬は冬なりに、その楽しみ方がありますね。
その傍らに陶器をぜひ。


よろしくお願いします。




[PR]
by aji-kyuu | 2018-10-12 10:39 | 案内 | Comments(0)
仕舞われたその姿
b0156116_21062718.jpg


安達 健 陶器展

2018.9.15(sat) - 24(mon)
11:00 - 19:00
knulpAA gallery(東京都練馬区)

*19(wed)休み
*最終日は16:00終了




 これほどに長く濃密な一年があったでしょうか。
僕の身体に著しい変化はなかったものの、僕を取り巻く生活環境には
全く異なる状況が生まれ、新しい種々様々が到来しました。
 そんな中、思いのほか転換なく調整程度に刻んできた制作のリズムと
相も変わらない工程、仕上がってくる陶器の一見してなんらの違いも見当たらない有様に
幾分ギャップを感じつつ、本展に向かいます。

 ともあれ間違いなくターニングポイントとなる本年knulp展。
ここ数年力を入れてきた「ちょっといい日」の器たちに加え
7年前にここで発表し始めた頃の心持ちを思い返しながら、
日々に親しい器たちを意識して揃えようと考えています。

 ここに何かが映るのだろうか。
knulpに並んだ時、進化でも退化でもない、微かな変化が
見えてくるのかもしれません。


安達在廊日
9/15,16,17,21,22,23,24


b0156116_21122804.jpg

 気のおけない友人たちと我が家での食事。
棚に重なるすがたのまま真ん中に積んで、「すきにとってー」。
方々手が伸びて取り分ければ、テーブルは途端華やぎ
場に和やかな団欒が始まる。


b0156116_21130999.jpg

 大切なあなたと今日も向かう食事。
箱から持ち出してきて二人の間に銘々すえると、「今日は何の日?」。
今日はね、で始まる会話に、わずかばかりの緊張感。
いつもと違う、ただそれだけで運びだす快い時間。





cooked by ITOHEN photographed by TAKEHANA Yasushi written by ADACHI Takeshi



★9/3 追記★
下記事『盛る楽しさを伝えるお話とお食事の会』、ご予約にキャンセルが出ました。
数席空きましたので、この機会にぜひ!

[PR]
by aji-kyuu | 2018-09-03 01:02 | 案内 | Comments(0)
食を楽しむために
ようやく、ようやくにして夏の終わりが、
暑さの底が見えてきました。

蝉から虫へと宵に受け渡される、そんな初秋の音。
一方で秋といえば、食の楽しい季節。
夏の青臭く張り詰めたものとは違った、しっとりたわみと甘みを含んだ野菜たちが顔を見せ始めました。

そうした、これからの実りの季節をさらに楽しむために、今年もイベントを企画しました。



盛る楽しさをつたえるお話とお食事の会

日時:2018年9月8日(土) 17時〜19時

会場:たべものやITOHEN(練馬区石神井町2-13-5)


【参加費】
4,500円

【お申込先】
knulpAA
URL:www.knulp-a1.com/knulpgg/
メール:info@knulp-a1.com
電話:03-3996-8533
*参加者のお名前、人数、ご連絡先を明記してください。 
 ←席数残りわずかです!


第一部 《お話会》
二人の陶芸家 安達健さんと田中大喜さんによる普段の食卓が少し楽しくなるトークイベント。
作家ものの器の扱い方や楽しみ方。向付という器をテーマにうつわ作家から見る「盛ること」についてお話します。

第二部 《お食事会》
普段ワンプレートランチを提供しているITOHENが、安達健さんと田中大喜さんのうつわに合わせて仕立て直した易しい懐石膳をご提供します。



企画主である僕安達が、このイベントに際して寄せた言葉です。


 食器はお料理をつつがなくいただくための道具ではあるけれど、
その実、当の空間や時間を彩る大切な役回りをも果たします。
日頃代わり映えのしないお料理を、時節、場所、相手に合わせいかようにも変じその場を演出してくれます。
そうした器の演出性に着目すると、食卓がさらに豊かな舞台となるはず。
 「暮らすこと」とはなにも生活を理に沿わすだけに向かうものではありません。
日々の中にあるゆらぎ、生活の機微をこそ慈しむ。
するといっそう「暮らすこと」は「生きること」になるように思うのです。
 本会では、そういった食器の在り方を、食器の作家であるとともに器づかいでもある二人の意識から掘り出し、
そこへ”いつものおかず”ITOHENのお料理をトレースすることで
食の場の明日、日常のまた一つ向こうを指し示したいと思っています。




b0156116_22465999.png

[PR]
by aji-kyuu | 2018-08-29 22:50 | 案内 | Comments(0)
現象と光景
僕安達が十数年来、なりわいとして作る陶器は
卓上の道具でありながら、どうやらそこに留まらない力を有しているようです。
積み重ねられた膨大な生きものの時間がもととなり、
食べることから、より良く生きることへとひろがり、つながっていく。

「やきもの」であり「うつわ」であるということ。
本企画では、三つの異なるアプローチから陶器の始まりと行く末を見つめます。


b0156116_07313589.jpg


安達 健 × 庭禾
「やきもの」と「うつわ」について
noon dinner, work shop, and exhibition

2018.7.21sat - 27fri


山水ラボラトリー(愛知県瀬戸市)



この梅雨が明けると、今年も夏がやってきます。

滔々とした川音を耳に、
その流れにかかる細く赤い橋、
木々のアーチを抜け、
かつての薪窯を横目に、
山小屋風の古民家に入る。

以前ギャラリー運営やイベント主催などで関わりの深かった愛知県瀬戸市の山手に、
物語の匂いに満ちた、素晴らしいロケーションの食堂があります。

当時から仲良くしていただいていたその食堂、庭禾さんとこの度三本立ての企画を催します。


phase1としてまず、『庭禾の昼食会』

普段食堂で提供する、豆雑穀を中心としたオーガニックプレートランチを
この日限りの献立にてコースランチに仕立て直し、
安達健の器に盛り込んでお楽しみいただきます。

◼︎ 7/22sun 11:30 - 13:30
◼︎ 7/23smon 11:30 - 13:30

各回限定10席 ★ 7/11 まだ若干のお席の余裕があるようです。この機会にぜひ。
完全予約制 ¥4,000

昼食会に関するご予約、お問い合わせはinfoアットniwakalife.com(庭禾)まで。


phase2『山水ラボラトリー焼ワークショップ』

やきものの始まりは野焼きの土器でした。
身の周りに、ごく当たり前にある、素材と言うのもはばかられるような材を
山水ラボラトリー敷地内から採取して、それらを様々に利用して土器を作ります。
いちから始めて、仕上がりまで通す、三日間に及ぶワークショップです。

[一日目] 7/24tue 10:00 - 15:00 土掘り・道具探し・成形  *軽い昼食付き
[二日目] 7/26thu 10:00 - 15:00 窯作り・焼成 *軽い昼食付き
[一日目] 7/27fri 10:00 - 11:00 窯出し・作品引き渡し *この日のみ不参加でも可
全日山水ラボラトリー内にて

定員10名 小学生以上に限る ★ 7/6 定員に達しましたので、募集を〆切ました。ありがとうございました。
完全予約制 ¥4,500(自作品お持ち帰り、昼食代込み)

ワークショップに関するご予約とお問い合わせはajikyuuアットgmail.com(安達)まで。


phase3『安達健 陶器展』

東海圏での展示会としては2016年以来、4年ぶりとなりました。
定番の灰釉、長石釉ものを中心に、今回昼食会で使用するような形変わりのものも取り揃えて
ここ数年の器作りを俯瞰していただけるようなつくりにするつもりです。

7/21sat - 27fri 全日11:00 - 16:00
山水ラボラトリー内 庭禾



このブログ内でこれまで幾度も述べていますが、
ここ数年は「やきもの」であることと「うつわ」であることを高次で両立させたい、と強く思い、取り組んできました。
その意味は、単に作品としてのハイレベル、高みを目指すということではなく、
陶器がそもそもに内在している価値を、ヒストリー的なところから盛り効果に到るまで、器の作家としてきちんと担保したいということ。
ひとを含めた自然を出発点に、食卓を介して、ひとの生を支えていく。
いまに立脚し、あしたを見遣る時、その営為の重要性は日毎増すばかりな気がします。
本企画はこういった意味で、僕安達にとってはもちろん、皆様にとってもきっと大きな契機になるはずです。


期間中、庭禾は臨時のカフェ営業(昼食会二日間は除く)してくださいますし、
鎌倉の内山史さんより美味しいお菓子も並ぶ予定。
もちろん安達は全日在店します。

夏も盛りの頃となるわけですが、この機会にぜひ瀬戸の避暑地、山水ラボラトリーへ。

よろしくお願いします。



b0156116_23292828.jpg

b0156116_23305790.jpg

]

[PR]
by aji-kyuu | 2018-06-25 23:39 | 案内 | Comments(0)
下半期スケジュール
初夏の爽やかさは陰りを見せ、
いくらか梅雨の気配が濃くなってきています、今日。


昨日まで東京都渋谷区で開催しておりました二人展へお越しくださいました皆様、
ありがとうございました。
今回も挑戦に次ぐ挑戦の展示会でしたが、よく受け止めていただけたように思います。
来年同時期にまたこうしてチャレンジする機会を活かせるよう、灰〆の一年、充実させてまいります。
よろしくお願いします。


また、長野県松本市で開催中の個展は、この週末を残すのみとなりました。
とても清々しい空間にて、灰釉、長石釉など僕の仕事全般を展示させていただいています。
そもそもが僕の敬愛する日本料理屋さん。
僕の器と絡ませたコース料理もご予約できます。
この機会にぜひとも。



さて、平成30年も半期が過ぎようとしています。
下半期に予定されている展示会等のスケジュールをアップしました。
HPの「予定」項をご覧ください。

下期も様々に趣向を凝らして、食にプラスにプラスに関わっていきたいと意気込んでいます。

どうぞよろしくお願いします。



[PR]
by aji-kyuu | 2018-05-23 18:52 | 案内 | Comments(0)
石化
安達 健(灰〆)・フクオカ タカヤ(komorebi)
二人展


2018.5.17THU - 5.27TUE
11:00 - 20:00 LAST DAY - 17:00


うつわ謙心(東京都渋谷区)


b0156116_05361915.jpgb0156116_05360826.jpg


一昨日、松本展についてをアップしたばかりですが、
来週にはもう一本展示会が始まります。

おなじみ、うつわ謙心さんでの二度目の灰〆展。
再び、フクオカさんとのマッチンングです。

ここであらためて「灰〆」と呼ぶシリーズについて少しだけ解説します。

もうそれこそデビュー当時から続けている定番の石目調は
一見すると無釉焼締陶のようですが、実は表面にはいわゆる灰釉が施されています。

一般的に陶器は、粘土質の胎をガラス質の釉薬が覆うように形成されています。
一方灰〆は、非常に粗い粘土と灰を主成分にした薬が溶け合って表面を作っています。

そもそも粘土あるいは土というものは、火山活動や地殻変動によって表出した石、岩盤が
風雨にさらされ、流出や有機物の混入を受け入れることで生成されていきます。
その過程によって様々な性質の土が存在するわけで、日本のように狭い中で変化に富んだ国土においては
それこそ多様な粘土が掘り出されてきました。

灰〆シリーズに使っている粘土はそういった中にあって、「陶芸用粘土」としてはとても特殊な性質をしています。
簡単に言えば、”粘土になりきっていない粘土”。

まだ石の成分純度が高く、粒度も細かく揃っていない、陶芸に適した粘土とはおよそ言い難いもの。
作る段での扱いにくさはもちろんのこと、耐火性が極端に強く、なかなか焼き締まらない厄介もの。
そんなこの土と向き合う中で、とある配合の釉薬が浸透しやすい性質を見つけ、
それを利用して「やきもの」に昇華させたのが、このシリーズです。

灰〆の断面を見てみると、一般に見られる粘土と釉薬の二層構造ではなく
粘土のベージュ部と釉反応したグレーの混在部がグラデーションになっていて、そこに明確な境目はありません。
言うなれば表面だけ再度”石化”させたといったところでしょうか。

石化といっても、膨大な圧力エネルギーと、悠遠な時間がまったくに足りていないため、その形成は表面にとどまっているのですが
こういったいきさつから、御影石や大谷石のような風姿をしている理由が分かるはずです。


さて、そんな”やきもの”をどう”うつわ”に結んでいこうかと身体を用いて考えることが、作家の任であります。
相手が相手ですので、まだまだ道半ば、解答不十分ではありますが
今現在のその地点を、共有できましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

私安達の在廊は、17(木)、19(土)、20(日)、22(火) の四日間。
お待ちしています。



[PR]
by aji-kyuu | 2018-05-12 06:52 | 案内 | Comments(0)