人気ブログランキング |
カテゴリ:案内( 170 )
食事の場の充実に捧ぐ
食事の場の充実に捧ぐ_b0156116_23051250.jpg


安達健 陶器展

2020.9.19(sat) − 28(mon)
11:00 − 19:00
knulpAA (東京都練馬区)

○23(wed)休み
○最終日は16:00終了



朝は洗いかごの片付けから始まる。

夜のうちに水の切れた器を一つずつ手に取り
棚に収めていく。

まだ清く柔らかで、静かな時間。

仕舞われていく器たちの
たてる寝息を聞き、
残るぬくみに触れる。

また慌ただしい今日という一日が滑り出す、
その、ほんの少し前の典礼。



食事の場の充実に捧ぐ_b0156116_23061858.jpg
長石釉 灰 高足五寸皿


ここに住み始めた頃、
裏山へと続く坂を上るたびに、道端に自生する特徴的な葉形を
ヨモギ?キク?ときに首傾げたままに摘んできて
庭のカエデのたもとに移植したものだった。

そんなヨモギはいつしか当たり前のようにその一角を埋めていて、
毎年妻がペーストにしてくれる。

息子のお昼寝の隙に白玉粉をそのペーストと練り合わせて、
湯に落として。
冷凍庫の底に眠る小豆を甘く煮て。

起きろー
おやつだ。



食事の場の充実に捧ぐ_b0156116_23060999.jpg
淡緑灰釉 坩形 五寸


陽も長くなってきた。

無類の芋好き坊にスーパーでせがまれたサツマイモ。
煮ても、焼いても、揚げても、の万能だけれど
我が家の定番は蜂蜜とマスタードで和えたもの。

そういえばこれを作り始めたのはいつだったろう、
どうにも記憶があやしい。
粒マスタードなんて以前は常備すらしていなかったはず。
どこかで美味しい出会いがあったのだったか?

なにはともあれ、薄暮にハニーマスタード。
翳りに浮かぶ淡黄色。




ひと所に、時を合わせて集い、同じ料理をいただく。
家族であれ、友人であれ、食事を共にすることの意義は計り知れない。
合理に背くこと、道理から逸れることも、ままあり、
科学には踏み込め得ない深淵がありもする。

健康美容、美食、交流と懇親、はたまた需要と供給、
食事を成す様々な側面は、便宜上分離されがちだけれど
一面のみで存立することは本来不可能で、
それぞれは分かち難く絡み合うもの。

今、ここに到ってあえて食事の場の充実を提案することの本懐を
この展示にて受け止めていただけたら幸いです。


僕らは何によっても隔てられたり引き離されたりするものではないのだから。


●在廊日 9/19,20,26,27
●作家在廊日には会場内で盛り付けのデモンストレーションを予定しています。


どうぞよろしくお願いします。


by aji-kyuu | 2020-09-10 23:30 | 案内 | Comments(0)
大きな物語と、もっと大きな物語について
大きな物語と、もっと大きな物語について_b0156116_23131153.jpg


安達健 個展
成りかたち


2020年7月18日(土)− 26日
12:00 − 18:00
会期中休みなし

Quwan (大阪市浪速区)



2020年も瞬く間に半分が過ぎました。
この期に及んでもなお、瞬く間に。

言わずもがな、この半年、社会状況にはそれはもう暗い暗い影が差しました。
新たに認知されたウィルスへの感染拡大が今もって収まりを見せず、
脅威を振り撒いています。

そんな現実を前に、誰しもが一度となく足をすくめ
自他を省みざるを得ない環境に閉ざされました。
否、現に追い込まれています。

幸か不幸か、社会的大義と膨大な時間を不意に手にした僕らは
そんな現代において掌中にあったインターネット環境により、
これまで以上に情報の広く深い海へ易々身を投じることとなり
結果、
ホームに居ながらにして、万人が
科学を、歴史を、社会を大きく物語るようになってきています。
一方で、
その物語の魔性に慄き、あるいは胡散臭いと忌み
個へと逃げ込み、小さな物語のみを紡ごうとする向きも加速しています。

かく言う僕も、これを機に始めたインスタグラム投稿は
そうした一様態と見られかねないと自覚します。

けれど実のところ僕の感触としては
個別具体的な一人の暮らし、生は
つまるところもっともっと大きな、遥かなる文脈に依っているのだと。

粘土の内から芽吹く名も知らぬ双葉の姿に、
芝目から跳び交う子バッタの夥しさに、
眼前をうねる風の中の夏の香に、
2歳児の口走る音の連なりに、

取るに足らないほどにかそけき物語にも、根を手繰れば
深遠なる意味が見出せるし、
切り分けたはずの事物すべては、逃れ得ない同一面上に語り尽くせる。

Think globally, act locally.
こんな標語も数年周期にお出ましになるけれど、
今此処でこのしごととくらしを重ねる僕の実感からすると
「Think and act biologically.」

激化を辿る大小あらゆる対立も、
太らされた欲望や、煽られた恐怖も、
スマフォよりずっと肌身にあった生きものとしての感性の前では
ほとんど無力化する、と気付く。

僕らはもう何十億年も前から、大きな大きな物語の中に漂っていて
あまりの大きさと揺られる心地良さから、そのことをとんと忘れてきた。

作り込まれてきた世界のほころびに際して、
その足裏から地続きの、長大かつシンプルな物語の力強さに励まされるように
生きものであることを感得する。

この数ヶ月、
そんな経験なかっただろうか、と。


だいぶ逸れたように思われるかもしれませんが、
本展「成りかたち」開催に当たって、
その「かたち」は単純な意味での形=シェイプではなくて、
「成り」、由縁までをも包含した様態についてを表していて、
そこをこそ見たい捉えたいと願う僕のスタンスが、作る陶器に現れている
という、Quwanお二人の視座の設定に、あらためて感謝しています。


暮らしのうちでもとりわけ食事は
その大きな大きな物語への最大の接点、プラグインで
お料理はもちろん、器などの道具や、食べる行為そのものに向き合っていくと
自然、ページは繰られ、読み出せるはずです。

日々の食事を見つめる。
そのことの意義を今、あらためて胸に。



長くなりましたが、最後にDMにて構成いただいたテキストを引用させてください。



ほの暗い灰は
ちいさな隙間を抜け
一筋の光で像を映す



安達健は1983年生まれ、武蔵野美術大学で映像を専攻し、同時期にサークル活動として陶芸と出会う。
今展は昨年Quwanにて催した安達健個展「記憶媒体」に続く形での開催となり、
代表的な作風をいくつかピックアップした展示である。

安達が持つ灰〆と呼ぶ製法に着眼した前展は、一つの素材に究竟する安達自身を媒体と位置付け、
素材に蓄積された情報を引き出そうとする姿勢にフォーカスしたものであった。
続く今展は「成りかたち」というタイトルの通り、形のルーツや形状そのものに視点を移した展示となる。
安土・桃山時代の懐石の器を基軸にした形や、須恵器になぞらえた形状などがあり、
それらを手に取ると違った素材から作り出されながらも一本の線上で繋がるような感覚を覚える。
いわゆる写しと呼ばれるものとは異なり、安達はその形状に至った所以に重きを置き、様々な解釈で器の形を展開していく。

成るという言葉には、物事が変化しより良いものに変化していくという語意がある。
安達健の表現する器は私たちの今の生活においてどのように成り、あらたな形へと拡がりをみせてくれるのか。
安達健の器と向き合い、想像力を掻き立てて頂けると喜ばしい限りである。



在廊は初日二日目の18、19日。

どうぞよろしくお願いします。


by aji-kyuu | 2020-07-10 23:24 | 案内 | Comments(0)
下半期への向き合い方
本日、東京渋谷を拠点に「web展覧会」として開催しておりました二人展
会期終了いたしました。

この状況下、初めてのweb限定展。
正直申しまして、けして良い結果が得られたわけではありませんが
搬出がてらに店主さんとじっくりお話させていただき
今後に向け、大きな糧となるようなヒントを得られた今展となりました。

それぞれの形で参加してくださいました皆様、ありがとうございました。

実はこの二人展、
web展だけでは勿体ないとのご判断をいただいて、
本年10月22日〜28日の会期で、
改めてリアルの展示会を企画していただきました。


今回得られたものを足掛かりに、さらなる高みの二人展をお観せしたいと意気込んでいます。
どうぞご期待くださいませ。


さて、もう幾つ寝ると6月。上半期が納まります。
令和2年、2020年下半期のスケジュールをアップしましたのでご確認ください。

ただし、このご時世です。
会期の延期や内容の変更など、相応の調整があるかもしれませんし、
現在未確定なものもございます。
その点ご承知おきください。


それでは、引き続きご健勝のほどを。

by aji-kyuu | 2020-05-26 23:38 | 案内 | Comments(0)
変わってもなお、変わらないこと
本来なら、初夏の爽やかな香を
胸いっぱいに満たしたいこの季節。

そんな気にはなれない、という方も少なくない
そんな状況となってしまいました。

もとより不要不急の外出は稀にしかなく、8割自粛のしようがない我が家では
さしたる変化のない毎日ですが(妻が常に在宅なことを除けば)、
それでも一日中流しているラジオからの情報や、身の回りの環境変化を見聞きするにつけ
さすがに平常では居られない春です。


僕らのような職種にとっても御多分にもれずイベントシーズン、最盛期なわけですので
数件の展示会、イベントが残念ならが中止となってしまいました。
楽しみにしてくださっていた方、とりわけ西日本、倉敷方面の方には申し訳ない思いです。

このまま、いつまでこの状況が続くのやら
誰も分からず、
どういった身振りが、自身の立場から正しいのか
それも掴み難く、
内心、不安というか憂いというのか、膨らむ一方だったのですが、
毎年展示をさせていただいているお店から、飛び込んできた朗報。
展覧会を「中止にしない」とのお報せ。

そこではたと気付く。

初めから、
この生き方を選んだ当初から、将来の見通しはきかないし
日毎手探りだったこれまでの道程。

そうか、その意味ではこれまでとなんら変わりないのだと。

こうじゃないか、ああじゃないか、と試行錯誤して
良かれ悪しかれ、その結果のすべてに責任を負う。

当然ながら、考慮すべき事柄は増えるし、
負うべき責任はより重くもなろうけれど
やることは一緒だと、ストンと落とせた。

そうすると、
手はよどまず動いた。


変則的ではありますが、5月恒例の二人展です。

変わってもなお、変わらないこと_b0156116_21542895.jpg
変わってもなお、変わらないこと_b0156116_21551985.jpg


★Web展覧会★

安達健(灰〆)
フクオカタカヤ(komorebi)
二人展


2019.5.21thu - 26tue
12:00 〜 20:00
Last Day - 17:00

うつわ謙心 (東京都渋谷)



新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言発令につき、
当初予定されていた展示会は、若干の規模縮小は避けられないものの
Web展覧会として、会期変わらず開催させていただけることになりました。

首都圏においては年に一度きりの、灰〆シリーズに特化した展示会。
これで四年目となりました。

食器としての灰〆を一歩先に進めることができたと自負する昨年(過去記事より)。
今年はさらに、うつわの枠を押し広げる意図から
蓋物など箱様のものを多く準備しています。

何かを入れる
何かをしまう
何かを込める
時に、何かを隠す。

そんな箱、函、匣、ケース。

ひとつの閉じた空間。
それでいて、実のところどう使うかの自由度が高い、蓋物。

うつわを使うということは、とりもなおさず、この閉じられた空間をいかに占めるか
ということに尽きる。
うつわとうつわ使いの原風景が、ここにあるのかもしれない。


うつわ謙心さんのインターネットショップのみで観覧、購入可能な展覧会です。
僕の在廊などはもちろんなく、普段とは大きく異なった変則的な会とはなりますが、
この機にあえてこだわって発信することの意味は、きっと理解してもらえるものと
「今」を目一杯に注ぎ込んで臨みます。

どうぞよろしくお願いします。

また、店主さんの計らいで
本年秋10月にあらためてフクオカさんとの二人展を開催させていただく予定でもおります。
ネット上では表現され切らない、量感質感を実際に体感していただく、これも良い機会になるはずです。
そもそもが、イメージやテキストで表しがたい灰〆シリーズ。
触覚でもってじっくり理解していただくこともひとつとして、
ご期待くださいましたら幸いです。

合わせて、よろしくお願いします。
by aji-kyuu | 2020-05-10 21:58 | 案内 | Comments(0)
一日一鉢
令和2年卯月の候。さすがに想像の及ばない状況となってきました。


こんな社会情勢にあって、思うところあり
Instagramから記していくこととしました。


一日一鉢
@hitohi_hitohachi



現在ご覧いただいているブログでは
これまでと変わらず、展示情報などお知らせしていきます。

よろしくお願いします。
by aji-kyuu | 2020-04-18 23:02 | 案内 | Comments(0)
鍋_b0156116_23395871.jpg


取り鉢展
2020年2月22日(土)− 29日(土)
11:00 am 〜 6:00 pm(最終日5:00pmまで) 会期中無休
PARTY(東京都駒場)
安達健、阿部春弥、志村和晃、田谷直子、長谷川奈津、山野邊孝

一口に取り鉢といっても種類いろいろ。
しゃぶしゃぶ、すきやき、豆乳鍋、キムチ鍋、おでん。
そして、お鍋以外のお料理の取り鉢も。
小ぶりから大きめ、浅いものに深いもの。
さまざまのシーンを考えた取り鉢を
6人の作り手にお願いしました。




毎年テーマを変え、参加させていただいているお店での今年2020年の企画。
今回は「取り鉢」。

暖冬暖冬と言われ、春の芽さえ吹いてきている気配のこの頃。
それでも晩に鍋を囲みたくなるのは自然なことのようで
我が家でも週に一回程度その種の料理がテーブルに上ります。

うちでは豚しゃぶ、つみれ鍋、おでん、湯豆腐、無水キャベツ鍋…
こんなところでしょうか。
鍋に合わせ、気分に合わせ、家族3人の取り鉢を選びます。

学生時代の古びたアパートでは小丼ともいうべきたっぷりとした碗なりを多用していたけれど、
最近妻との間では、底に向かってすぼんだアサガオ形の浅い鉢が使えるね、となっていて
登場回数も多い。

出汁ごとごそっとよそうもの、さっと具材だけ引き上げるもの、
逆を言えば、
取り鉢を替えると、その味わい方も変わるものです。


技法、テイストの異なる作家各々が、数種の取り鉢を寄せるこの企画。
かなりのバラエティに富んだテーマ展になることは間違いなさそうです。

安達は初日22(土)のみの在店になります。

なんだか春めいてきてしまってはいますが、
お出掛けはしやすくなってきたということで、
どうぞよろしくお願いします。


by aji-kyuu | 2020-02-15 09:54 | 案内 | Comments(0)
料理のカタチ
料理のカタチ_b0156116_01111680.jpg


安達 健 陶展
2月8日(土)− 17日(月)
11:00 〜 19:00(最終日17:00まで)
sumica 栖(横浜市中区)

美味しいカタチ…。
舟形、葉形、角形など、
懐石料理の考え方を取り入れたカタチは、
いつもの食卓を新鮮に見せてくれます。
是非ご覧ください。


なんだか季節の判然としない日和が続き、
年が改まってから幾ら経ったのか、感覚が鈍るように覚えるこのところですが
弛むことなく着実に二月がやってきました。
横浜にて個展の季節です。

今年で3年目となる山下町sumica栖展。
やきものとしての視座はもとより高く、定評があり、その一方で食器への眼差しも厚いここでは
今回も「いかに盛るか」を丈夫な縦糸に引いた個展を編み上げます。

本来は空気の冷めも底の冷えも一層極まるこの時節ですので、
定番のシリーズにも新たな冬らしいカタチ(この場合は「盛りどころ」と解釈したい)を多く作り、
食器としての使い方を提案したいと考えています。

また、最近取り組んでいてようやく手応えが得られるようになってきたと自負する
花器も大小様々に並べることができそうです。


安達の在廊は初日8(土)、9(日)、15(土)を予定しています。


昨年は会期中に雪も舞うような候でしたが、
今年はまったくの暖冬。
とはいえ食したい物、囲みたい人、作りたい風景はさほど変わらぬ冬。
そのためのうつわをぜひ探しにいらしてください。

よろしくお願いします。

by aji-kyuu | 2020-01-31 23:17 | 案内 | Comments(0)
おいしいの意味
皆様、明けましておめでとうございます。

というより、もはや
寒中見舞い申し上げます
の方がしっくりくる時期となりました。

「行く」月、一月。

令和二年、2020年最初の展示会をご案内です。


おいしいの意味_b0156116_23082719.jpeg


第六回 おいしい器 〜おやつの時間です。編

2020年1月18日(土) 〜 2月2日(日)
12時 〜 18時(最終日17時まで) *月休廊

gallery rin(東京都江東区)

六回目となる今回は、和・洋のおやつを盛りつける器と、
コーヒーやお茶など飲み物の器を展示販売します。
ストーリーのある器のネーミングと写真で、
作家の個性的な器をどう使うか提案します。


〈参加作家〉
安達健/伊藤千穂/久保田健司/西丸太郎/野田里美/穂高隆児


愛知や岐阜を拠点にしていた頃、お世話になり
ともにギャラリーやイベントを企画したりもしていた方々のオーガナイズする企画が
第六回にもなっていたそうで、ここにきて僕もお誘いいただきました本展。

テーマは「おやつ」


まる一日を自宅兼住居で過ごす僕は、余程のことがない限り間食、おやつを欠かせません。
一人きりで仕事をする身、そうでもしないと休憩を区切ることが難しかったりもして、
いただきもののまんじゅうや、買い置いたクッキー、たまに揚げたてのドーナツなど
主にコーヒーと合わせて、
もちろん、朝昼晩の食事と同様にして器を選び、
おいしくいただきます。


「おいしい」とは、単に味が良いというだけにあらず。
見た目にも、出された分量、空間、もっと言えば用意してくれた方の思い
それらが絡まり合って、「おいしい」が成り立つのです。

そんなおいしい器を六者が六様に作ります。


僕安達は、緑灰釉シリーズの葉形系やグレーの長石釉系の新作などを中心に
おやつのイメージとともに並べます。


在廊は18(土)の一日のみで失礼させていただきますが
どうぞよろしくお願いします。



by aji-kyuu | 2020-01-12 22:42 | 案内 | Comments(0)
新年に向けて
本日より師走。
令和元年、2019年も終いが見えてきました。

正直ながら、まだその自覚はないですが
まず間違いなくひと月後には年が改まるのです。


すでに遠く彼方、思い出になりつつあるこの一年を省みて
真っさらに訪れる未知の一年を思い遣る意味も込めて

更新が滞っておりました2019年展示会等の記録 
先々に控えている2020年展示会等の予定 

あらためました。

どうぞご確認くださいませ。


小さくとも、目立たなくとも、丁寧に、じっくり向き合って、それゆえにドキドキワクワクするような
そんな仕事を重ねてまいります。

引き続きよろしくお願いします。


by aji-kyuu | 2019-12-01 22:26 | 案内 | Comments(0)
形(かた)を呑み込む
みんなの向付 展
〜うつわ勉強会基

2019/11/20wed - 25mon
12:00 - 19:00(最終日17:00まで)
会期中無休

うつわshizen(東京都渋谷区)

参加作家
安達健(陶)、片瀬和宏(陶)、神永匡崇(木)、新道工房(磁)、竹下努(磁)、
名古路英介(木漆)、額賀円也(陶)、橋村大作(ガラス)、松永真哉(陶)



形(かた)を呑み込む_b0156116_15421086.jpg



昨年の今頃、ギャラリー企画として初めて開催した基(もとい)の展示会。
それに引き続き、今年も神宮前shizenさんでお目見えです。

うつわ勉強会基とは、2013年に立ち上がった「うつわ」のもといを探求する作家を主とした集まり。
それについての詳細は昨年の記事に譲りますが、
今回は先の展示からより家庭一般に意識を求めたうつわ展になります。

展示タイトルにもある「向付」とは狭義でいうと、懐石料理に使われる代表的な器のこと。
懐石料理とは、銘々に、順々に供される和食の中で最もフォーマルなコース料理。
そのコースの始めのひと品として、まず目の前に出されるお料理を「向付」と呼び、それに好んで使われる小鉢をまた「向付」と称します。
要はコースの皮切り、顔ともなることから、その後に連なるお料理、器の中でも一層に趣向を凝らしたものであることが多く
ゆえに器を使う双方にとって(作るひと、食べるひと)、一種コミュニケーションの鍵ともなります。

そんなフォーマルなうつわを、というよりはそこに秘められた意義を、
料理の専門家や、うつわ作りの専門家などの理解に止めるのではなく、
広く知っていただき、カジュアルな日々の中であれど少しでも意識してもらえたなら、
基の、ひいては僕自身の志す、文化を伝え残すことに繋がるのでは
そう考えております。

とはいえフォーマルに向けた器を日常にガシガシ使える家庭人はそうそういらっしゃらないだろうし
その一方、道具の意義を理解するためには、やはりどうしても使っていただく他ないのが実際なので
誰しもが少しでも生活に取り入れるイメージをしやすく、かつ向付の意義を失わないものを…
というのが本展に臨む流れです。
具体的に言いますと、
器の盛りどころのうち、余白を大きく取る傾向の向付に対し、
もう少しタイトに、省スペースに形どられる小向付(小向、豆向)がフィーチャーされます。
掲載画像のように、松花堂弁当にぴたり入るサイズであり、
下に掲げる画像のように、我が家では息子の膳にはまるサイズであり、
また日々の晩酌や、お茶っこにも使って、しまい込み易いサイズ。
そしてどこかミニアチュール的面白さをまとう、マメサイズ。

正規の向付サイズのものも、それぞれのシーンに伴う茶器、酒器、食器も少しずつ並ぶ展示会となりそうです。

とりわけ参加作家個々としても今活躍され、注目されてきている方々ばかり。
扱う素材、テイストはバラエティに富みますが、意義を同じくする、力あるうつわがぎっしり並ぶ様は
今から楽しみです。

僕自身の在廊は初日20日水曜、21日木曜の二日間のみ
うつわ勉強会基の代表、新道工房・宮本茂利さんは23日土曜に在廊されます。
会そのものにご興味ある方はこちらを目掛けてお越しになるのも一つかと。


ありそうで、実のところそうそうない、
単なる即売会とは一線を画す、
そんな深みと広さを含蓄した珍しい展示会となるはずです。
よろしくお願いします。


形(かた)を呑み込む_b0156116_16535159.jpeg

by aji-kyuu | 2019-11-11 16:56 | 案内 | Comments(0)