カテゴリ:案内( 137 )
石化
安達 健(灰〆)・フクオカ タカヤ(komorebi)
二人展


2018.5.17THU - 5.27TUE
11:00 - 20:00 LAST DAY - 17:00


うつわ謙心(東京都渋谷区)


b0156116_05361915.jpgb0156116_05360826.jpg


一昨日、松本展についてをアップしたばかりですが、
来週にはもう一本展示会が始まります。

おなじみ、うつわ謙心さんでの二度目の灰〆展。
再び、フクオカさんとのマッチンングです。

ここであらためて「灰〆」と呼ぶシリーズについて少しだけ解説します。

もうそれこそデビュー当時から続けている定番の石目調は
一見すると無釉焼締陶のようですが、実は表面にはいわゆる灰釉が施されています。

一般的に陶器は、粘土質の胎をガラス質の釉薬が覆うように形成されています。
一方灰〆は、非常に粗い粘土と灰を主成分にした薬が溶け合って表面を作っています。

そもそも粘土あるいは土というものは、火山活動や地殻変動によって表出した石、岩盤が
風雨にさらされ、流出や有機物の混入を受け入れることで生成されていきます。
その過程によって様々な性質の土が存在するわけで、日本のように狭い中で変化に富んだ国土においては
それこそ多様な粘土が掘り出されてきました。

灰〆シリーズに使っている粘土はそういった中にあって、「陶芸用粘土」としてはとても特殊な性質をしています。
簡単に言えば、”粘土になりきっていない粘土”。

まだ石の成分純度が高く、粒度も細かく揃っていない、陶芸に適した粘土とはおよそ言い難いもの。
作る段での扱いにくさはもちろんのこと、耐火性が極端に強く、なかなか焼き締まらない厄介もの。
そんなこの土と向き合う中で、とある配合の釉薬が浸透しやすい性質を見つけ、
それを利用して「やきもの」に昇華させたのが、このシリーズです。

灰〆の断面を見てみると、一般に見られる粘土と釉薬の二層構造ではなく
粘土のベージュ部と釉反応したグレーの混在部がグラデーションになっていて、そこに明確な境目はありません。
言うなれば表面だけ再度”石化”させたといったところでしょうか。

石化といっても、膨大な圧力エネルギーと、悠遠な時間がまったくに足りていないため、その形成は表面にとどまっているのですが
こういったいきさつから、御影石や大谷石のような風姿をしている理由が分かるはずです。


さて、そんな”やきもの”をどう”うつわ”に結んでいこうかと身体を用いて考えることが、作家の任であります。
相手が相手ですので、まだまだ道半ば、解答不十分ではありますが
今現在のその地点を、共有できましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

私安達の在廊は、17(木)、19(土)、20(日)、22(火) の四日間。
お待ちしています。



[PR]
by aji-kyuu | 2018-05-12 06:52 | 案内 | Comments(0)
此の地、彼の地
b0156116_21153776.jpg


安達 健 陶器展

2018.5.14mon - 5.27sun
11am - 5pm


温石 tadokorogaro(長野県松本市)





僕安達健は、陶器を作り始めるそのずっと以前から
料理をすることが好きでした。
小学生の時分、共働きの我が家では土曜の昼飯は僕の担当だったし
月に一度は家族の夕飯を用意していたものでした。
今や毎食台所に立ちます。

何故そんなに料理していたのか、何に惹かれて続けていたのか
今となっては分かりませんが、
ともあれ食について考えることは至極当たり前の振る舞いとなりました。


一方でこの業界で仕事を重ねていると、時に見過ごせない違和感にぶつかることがあります。
「器に対する無意識」。
自身の「やきもの」について冗舌に語る者は多いけれど、
「うつわ」についてはさっぱり無関心。
知識もなければ、意図も弱い。

曲がりなりにもひとりの作家として、それで良いのだろうか、と。



松本に、それはそれはとても素敵な料理屋があります。

希少だったり、美味と評判な素材を扱うわけでなく、
特殊な技術や、新しい調理法を駆使するわけでなく、
ただ、普通のことを真摯に丁寧に重ねているだけ。
いや、だけというよりか、その贅沢。

けして分かりやすいわけではないけれど、確かに五感へ伝わってくる想いある仕事。

こういった地方都市でも、こんなまっすぐな仕事をされている方がちゃんといらっしゃる。
その嬉しさと相まって、
3年ほど前、ここ温石でいただいたことが、僕の食の経験の中でとても大きなものとなっています。


そんな料理人とイラストレーターの奥様によるギャラリーが、隣接する「tadkorogaro」
今回思いがけずお声掛けいただき、念願叶って展示会を催させていただくこととなりました。


松本では実質初個展ですので、シリーズ全般を持ち込み
素材の文脈から並べ、料理へと結んでいく予定。
もちろん昨今の軸である「やきもの」と「うつわ」の高次の両立を目指した食器、花器。

また料理屋さんですから、僕の器を絡めたコースもお食事いただけます。
こちら詳細は温石HPにて。

会期は長いですし、最終の二日間は全国的に有名なフェア、クラフトフェアまつもとも程近い公園で開催されます。

初夏。梅雨を目前にした旅の季節。
お近くの方だけでなく、遠方から足を運ぶ価値は十分にあるかと思います。


ぜひ、お出掛けください。
安達の在廊は、14(月)、25(金)、26(土)、27(日)となっております。

どうぞよろしくお願いします。




土から器へ。

上流から下流へ下る土。
その土を砕き、触れる手の感覚を頼りに土の性質を探り、それぞれに適した形、釉、焼を決めていく。
上流の灰〆、中流の灰釉、下流の長石釉。
一方で料理を想う。
土と釉の特性や焼成温度による熱の伝導性や香りの立ち具合、盛られる料理の姿をも考慮に入れ、
その土の向かうべく必然的な形(器)へと導く。 
                                       ーーー(DMより抜粋)

[PR]
by aji-kyuu | 2018-05-09 23:56 | 案内 | Comments(0)
訪れるこの季節
b0156116_21212827.jpg

b0156116_21222368.jpg


織りと器と盆栽と +金属 展

平成30年4月11日(水)〜14日(土)
午前10時〜午後6時
(最終日午後4時まで)

8KギャラリーA(神奈川県横浜市)



ここ数年この季節に開催させていただいているグループ展。
年齢もキャリアも、扱う素材も様々なメンバーが偶然にも一堂に会する本展。
草木染めと手織りをされる古田土照子さん
盆栽や寄せ植えをされる三村寛さん
そして僕の3名レギュラーに加え、今年は様々な金属を加工するささきりえさんが出展します。


共有、通底するテーマがあるわけではないし、貫かれたセレクションがなされているわけでもないけれど
どこか響き合う域にあるように思うのは、本人達だけではないはずです。

先の二年ではなかった硬質な素材の立体作家さんが加わることによって、
その響きがどう広がり、どう深まるか。
楽しみです。


景勝地も近隣に多い金沢八景駅降りてすぐ。
ぜひ春を覗きに来てみてください。




[PR]
by aji-kyuu | 2018-03-26 22:45 | 案内 | Comments(0)
器をうつわとして
平成30年が刻々進んでいます。

間も無く大寒。
冬も着実に極まってきました。


岐阜から移ってきて早二年。
現在の地である神奈川県下での初個展です。



b0156116_21111480.jpg


安達 健 陶展
ー「盛る」を愉しむうつわ ー

2018.2.3 sat - 12 mon
11:00 - 19:00
(最終日17:00まで)

sumica 栖(神奈川県横浜市)



やきものであることと、うつわであること。
どちらか一方ではなく、その高次の両立を目指して十年になります。

やきもので云えば、自然の摂理と我が心身の作為。
うつわであれば、道具としての機能性とオブジェクトとしての演出性。
どこにこの一点を穿つことができるか、と。


すべてはより良く食べ、より良く暮らすため。生きるため。

仰々しいようでありますが、言ってしまえば「美味しい」のためです。


そんな陶器を、小ぶりなサイズ中心に、
黄、緑、茶、淡緑など灰釉で仕立てたシリーズ
灰や紫がかった長石釉のシリーズ、全般並べます。


私安達は、2/3、4、10、11、12の五日間在廊予定です。

中華街や横浜ドーム、山下公園そばの会場です。
どうぞよろしくお願いします。



伊賀地方の原土を精製しながら、
葉形、舟形、角形など、
盛りどころを考えた様々な形のうつわをつくる安達さん。
懐石料理の考え方を、食卓に持ち込むことで、
「盛る」愉しさを新しく感じさせてくれます。
是非ご覧ください。





[PR]
by aji-kyuu | 2018-01-18 21:48 | 案内 | Comments(0)
ホームページに内容追加しました。
怒涛のごとく過ぎていった十日間。

平成30年もこうして、びゅんびゅん暮れてゆくのでしょうか。


年末年始の休みを利用して、久々にホームページを更新しました。

「もくじ」に二つ、項目を追加しています。


「予定」
今後出品を予定している主な展覧会を半期ずつご紹介しています。
まだ未定なところ、変更なども出てくるかもしれませんが、どうぞご参考くださいませ。

「取扱」
また、問い合わせの多い陶器の扱い方について、可能なかぎり詳しく記してみました。
実際個体差もあれば、使用感覚には個人差がつきまとうわけですが、
自身の器を毎食のように使用している作家僕なりの感性と解釈で、説明しました。
最終的には使用者様ご本人の感覚でお付き合いしていただくのが最良には違いないので
その手助けになればという項です。


いずれも、都度更新していくことになりますので
時折チェックしておいていただけますと幸いです。



よろしくお願いします!


[PR]
by aji-kyuu | 2018-01-10 21:14 | 案内 | Comments(0)
差しつ差されつ
b0156116_22015654.jpg


にっぽんの暮らし 展
お酒をたのしむうつわ

2017.12.27(wed.) - 2018.1.8(mon)
11:00 - 19:00
  *12/31,1/1のみ18:00まで

代官山T-SITE GARDEN GALLERY(東京都代官山)

安達健 岡崎慧佑 奥絢子 片瀬和宏 岳中爽果 松永圭太 森本仁 ヨシノヒトシ



足に手に霜焼けのうずきが出始めました。
眠る前のハンドクリームが欠かせない空気となってきました。

なんだかんだと慌ただしい季節です。

そんな2017年、平成29年の締めくくりにして
2018年、平成30年の幕開けに際し、
一年ぶりにまた、代官山の蔦屋さんでのイベントに参加させていただきます。

「にっぽんの暮らし」と題されたT-SITEの催しに
普段からお世話になっているうつわ謙心さんの計らいで出品します。

今回のテーマは「お酒」
この時節、様々にいただく機会の多いお酒を、より楽しむためのうつわが8名作家の解釈で並びます。

安達は、日本の暮らしに馴染む普段使いの酒器はもちろん、こういった機会だからこそ使いたい酒器、
それから、この季節の酒肴に用いたい食器を持ち込む予定です。


僕自身、うつわの研究会にて「酒器」についても掘り下げようと取り組んでいる昨今。

文学や音楽ばかりでなく、様々な文化を発信する代官山T-SITEにて、
酒を呑むという日本の聖俗極まれる文化に対し、僕なりの提案ができたらと
土にまみれる師走です。


初日27(wed),30(sat),1/7(sun),8(mon)の四日間在廊します。
押し迫っている頃とは思いますが、うつわの他に様々な年賀ものが並ぶようです。
ぜひお使いものついでにでもお立ち寄りください。


b0156116_22014426.jpg




[PR]
by aji-kyuu | 2017-12-11 18:32 | 案内 | Comments(0)
香港に和食器を
冬が深まるのを感じます。
何かが押し迫ってくるようなひと月が今年も始まってしまいました。

そんな本日から参加している展示プロジェクトのお知らせ。


日日和器 HibiWaki

2017.12.1(sat.) -2018.2.28(wed.)
香港藝穗會 FringeClub(香港中環下亞厘畢道2號)
日日和器FB

[冬季出展者] 
安達 健 岩下宗晶



海を越えて、香港での企画です。

一年を春夏秋冬4期に分け、それぞれ二人ずつの日本人作家が作品を展示販売するこの企画。
その最終組、冬季に出品しています。

会場はカフェや劇場、イベントスペースなど複合的な文化施設、香港フリンジクラブ。

私安達は、香港での初めての出展ということで
普段の仕事が総覧できるような内容の食器を並べていただいています。

全く想像もできない、有るともしれない香港の文化の地平に
安達の食器を投げ込みました。

この「和器」が、和食器文化の文脈をどっさり背負っている我が器が、どう受け取られるか。
怖いようでいて、少し楽しみです。


覗くことのできる方は限られているかと思いますが、万一タイミングが合うような方は、ぜひ。
会期長いです。
よろしくお願いします。

ちなみに僕安達はお店に立てませんので、悪しからず。


b0156116_21252522.jpg
photo by YumikoMiyahama



[PR]
by aji-kyuu | 2017-12-01 21:45 | 案内 | Comments(0)
まち並みに佇む
b0156116_21470210.jpg



FIELD MUSEUM SA.NU.KI 2017

2017.11.10(fri.) ,11(sat), 12(sun.)
10:00 - 16:00
  
引田の町並み(香川県東かがわ市引田)
フィールドミュージアムSA.NU.KI実行委員会


出展者(会場並順)
さとうゆき 宮内知子 服部竜也 蠣崎マコト 富山孝一 冨本七絵 竹内紘三
松本光太 森岡英世 井倉幸太郎 落合芝地 安藤由紀 安達健 佐藤玲朗



四国は香川県。
その東端に位置する引田という地域は古くから醤油や手袋、和三盆糖などの製造で栄え
今もその趣を残す建物、路地が程よい距離感で集まっているところ。
その町並みを活かして、様々な作家の展覧会を構成しているのがこのフィールドミュージアム。

地元で活躍する作家たちが実行委員会を組み、企画、出展作家選考、運営までをされていて、
今年で10回目の開催とのこと。
僕安達は、昨年一回の休みを挟んでこれで3回目の出展。

この展覧会の最も大きな特長は、とにかく各展示の質が高いこと。
各地で乱立してきたクラフトフェアや町おこしイベントとは一線を画し、
質を求める強い意志が実行委員から感じられ、そこに応える力のある作家が顔を揃えます。

特別な観光地でもなければ、いわゆるスター作家が結集するわけではないですが
ひっそりと風情を漂わす旧家お屋敷に、密度の高い作品が並び
きっと豊穣な経験を得られるはずです。


安達健は駅に近い側の会場吉原邸を使わせていただき、
関東以西でなかなかお見せする機会を作れなくなってしまっている陶器、
今取り組んでいるものを全般的に展示し、
僕の考える美味しい食の場をあらためて提案します。


近辺の方はもちろん、遠方の方も秋のご旅行として不足無い文化を感じる土地ですので
ぜひお出掛けの上、吉原邸へお立ち寄りください。

よろしくお願いします。



b0156116_21480621.jpg

[PR]
by aji-kyuu | 2017-10-28 20:13 | 案内 | Comments(0)
甘い季節
b0156116_21501305.jpg

b0156116_21502306.jpg



甘味をたのしむうつわ 展

2017.10.11(wed.) - 17(tue.)
10:30 - 20:00
  

会場:銀座三越7階 リミックススタイル
企画:うつわ謙心
甘味:sasuga琳 和菓子薫風

参加作家●●●
安達健 岡崎慧佑 岳中爽果 前田直紀 加藤育子



すっかり秋です。
朝晩「冷えるな」と腕をさすることも少なく無く、水に温みを感じる日も出てきました。

べたべたする夏を過ぎ、微細な音や香りに気付くようになると
にわかに果物や根菜が売り場へと溢れてきます。
コーヒーやお茶も温かいものが嬉しくなり、
それらをゆっくり愉しむ時間も自然増えていきます。
素材が充実して、心身調ってくれば
食事はもちろん、おやつだって断然美味しい季節。
そこに来てこういった企画をいただきました。

秋に恒例となっているメンバーで、銀座にて。

今回は陶磁、木工のうつわのほか、甘味の出品もあります。
蕎麦屋のプリンや特製どら焼きなどなど。

うつわ謙心さん企画ではお馴染みの石目調灰〆シリーズの新作や、
灰釉系のシリーズの銘々器、
共に並ぶプリンにはもちろん、羊羹や焼き菓子に合わせたうつわも提案していきます。


私安達は初日11日と14日のみ在店します。
デパートですので営業時間は長いですが、作家在店は基本12:00-18:00ということです。
お気をつけください。


よろしくお願いします。




[PR]
by aji-kyuu | 2017-10-02 17:24 | 案内 | Comments(0)
重ねる食事に向き合う
b0156116_11193528.jpg


安達 健 陶器展

2017.9.8(fri.) - 17(sun.)
11:00 - 19:00
  

* 13(wed.)休み。
* 最終日16:00まで。


knulpAA gallery(東京都練馬区石神井町1-21-16)



港町に住み始めて一年が経とうとしています。

器を作るという仕事も、夫婦二人での生活も
落ち着くには十分と思われる時間を過ごしながら、
しかしそれぞれに、嬉しき事も、悩める事も、さざ波のように休みなく打ち寄せ
凪いだ一日は一向に見当たらないまま、また、秋の石神井個展を迎えようとしています。

そんな慌ただしき日々を送っているのは、なにも僕だけではないでしょう。
皆、それぞれの場所でそれぞれの時を、右に左に揺られ揺られつやり過ごしていることと思います。

その中でも、我が家について唯一自信を持って言えることは
「食事の充足」。
もちろんさして特別凝った料理を食べているわけでもないし、
強いこだわりを持った食材を使っているわけでもない。
ただ、ささやかに、つつましやかに、ちょっと時間を掛けて、ほんのちょっと手間を掛けて
飯と汁と菜を二、三品。
そして、日毎、品毎に取り合わせる贅沢な器たち。


冷蔵庫が心許なくて質素に済ます日もある。
帰りが遅くてスーパーの惣菜に頼る日だってたまにある。
でも、器でもって「食事の充足」は支えられる。


少なくとも僕はそれを信じていますし、本展はそれをお伝えする機会と捉えて臨もうと思っています。



b0156116_14205087.jpg

いつもの食事。当たり前の食卓にて。
冷蔵庫に残る煮ものでも、昨夜とは少し違った姿に盛り付けたい。
道すがら買って帰った揚げものでも、それに合わせて盛り替えたい。

日々を重ねる器づかい。


b0156116_14265011.jpg

ちょっといい日の食事。少しばかりしつらえた食卓にて。
季節の変わり目を慶んで受け入れるために、旬のものを品良く盛り付けたい。
あの人の生まれた日をささやかに祝うために、好物を丁寧に盛り合わせたい。

その日を持ち上げる器づかい。




なお今回、展示会の開催に際し特別企画を用意しました。


ーーーーーーーーーー

「盛る楽しさを伝える食事会」

9/9(sat.)17:00-
たべものやITOHEN(石神井町2-13-5)
参加費 ¥3,240
10席限定 完全予約制

本展のテーマ「盛ること」に着目してDELICATESSENとEAT-INのお店ITOHENのお料理を
私安達が展示しているものと同じ器に盛って、ささやかにもてなす重陽の食事会。

*ご予約方法、イベント詳細はknulpAAのHPにて。

ーーーーーーーーーー



さて、本展示会の中身ですが
最近注力している小さめの銘々皿鉢を中心に、緑、茶、黄の定番の灰釉ものや
今回新たに淡緑と名付けたすっきりした灰釉、
昨年までのグレイッシュな長石釉に加え、紫がかった粗土の長石釉ものも準備しています。

相変わらず食器を軸に据えて、酒器や花器もいくらか。

安達の在廊日は、9/8,9,10,11,12,15,16,17の八日間。


どうぞよろしくお願いします。



cooked by ITOHEN photographed by TAKEHANA Yasushi
[PR]
by aji-kyuu | 2017-08-16 23:11 | 案内 | Comments(0)