人気ブログランキング |
カテゴリ:案内( 161 )
形(かた)を呑み込む
みんなの向付 展
〜うつわ勉強会基

2019/11/20wed - 25mon
12:00 - 19:00(最終日17:00まで)
会期中無休

うつわshizen(東京都渋谷区)

参加作家
安達健(陶)、片瀬和宏(陶)、神永匡崇(木)、新道工房(磁)、竹下努(磁)、
名古路英介(木漆)、額賀円也(陶)、橋村大作(ガラス)、松永真哉(陶)



b0156116_15421086.jpg



昨年の今頃、ギャラリー企画として初めて開催した基(もとい)の展示会。
それに引き続き、今年も神宮前shizenさんでお目見えです。

うつわ勉強会基とは、2013年に立ち上がった「うつわ」のもといを探求する作家を主とした集まり。
それについての詳細は昨年の記事に譲りますが、
今回は先の展示からより家庭一般に意識を求めたうつわ展になります。

展示タイトルにもある「向付」とは狭義でいうと、懐石料理に使われる代表的な器のこと。
懐石料理とは、銘々に、順々に供される和食の中で最もフォーマルなコース料理。
そのコースの始めのひと品として、まず目の前に出されるお料理を「向付」と呼び、それに好んで使われる小鉢をまた「向付」と称します。
要はコースの皮切り、顔ともなることから、その後に連なるお料理、器の中でも一層に趣向を凝らしたものであることが多く
ゆえに器を使う双方にとって(作るひと、食べるひと)、一種コミュニケーションの鍵ともなります。

そんなフォーマルなうつわを、というよりはそこに秘められた意義を、
料理の専門家や、うつわ作りの専門家などの理解に止めるのではなく、
広く知っていただき、カジュアルな日々の中であれど少しでも意識してもらえたなら、
基の、ひいては僕自身の志す、文化を伝え残すことに繋がるのでは
そう考えております。

とはいえフォーマルに向けた器を日常にガシガシ使える家庭人はそうそういらっしゃらないだろうし
その一方、道具の意義を理解するためには、やはりどうしても使っていただく他ないのが実際なので
誰しもが少しでも生活に取り入れるイメージをしやすく、かつ向付の意義を失わないものを…
というのが本展に臨む流れです。
具体的に言いますと、
器の盛りどころのうち、余白を大きく取る傾向の向付に対し、
もう少しタイトに、省スペースに形どられる小向付(小向、豆向)がフィーチャーされます。
掲載画像のように、松花堂弁当にぴたり入るサイズであり、
下に掲げる画像のように、我が家では息子の膳にはまるサイズであり、
また日々の晩酌や、お茶っこにも使って、しまい込み易いサイズ。
そしてどこかミニアチュール的面白さをまとう、マメサイズ。

正規の向付サイズのものも、それぞれのシーンに伴う茶器、酒器、食器も少しずつ並ぶ展示会となりそうです。

とりわけ参加作家個々としても今活躍され、注目されてきている方々ばかり。
扱う素材、テイストはバラエティに富みますが、意義を同じくする、力あるうつわがぎっしり並ぶ様は
今から楽しみです。

僕自身の在廊は初日20日水曜、21日木曜の二日間のみ
うつわ勉強会基の代表、新道工房・宮本茂利さんは23日土曜に在廊されます。
会そのものにご興味ある方はこちらを目掛けてお越しになるのも一つかと。


ありそうで、実のところそうそうない、
単なる即売会とは一線を画す、
そんな深みと広さを含蓄した珍しい展示会となるはずです。
よろしくお願いします。


b0156116_16535159.jpeg

by aji-kyuu | 2019-11-11 16:56 | 案内 | Comments(0)
珈琲を肌で味わう候
b0156116_23222345.jpg
b0156116_23213353.jpg


珈琲をたのしむうつわ 展

2019.10.23wed - 29tue
会場:銀座三越7階 リミックススタイル/和食器
営業時間:午前10時 〜 午後8:00

企画:うつわ謙心

参加作家:安達健[陶]/岡崎慧佑[陶]/岳中爽果[陶磁]/中尾雅昭[陶磁]/萩原将之[陶]
前田直紀[磁]/加藤育子[木]/村上慶子 sabi-nuno[錆染]

珈琲:Barista Base



またまた、季節外れとも言えなくなった大型台風がここ横須賀を直撃しています。
携帯ラジオをそばに置いて耳を立て、
その暴風音を雨戸の向こうに聞きながら、
時折、進路やレーダーを別タブで開きつつ、
このお知らせを書いています。

秋はもう深まった、はずなのです。

氷が恋しい季節は過ぎ去り、
ホットの温もりを欲する頃合いとなりました。


僕は毎朝起き抜けと午後休憩時にひとりコーヒーを淹れます。
スーパーの中ランクくらいの豆を基本に、時にいただいた手焙煎豆を、
最近では一人用ドリップポットで落とします。

夏でも冬でも、温かいコーヒーが硬い体をほぐしてくれるから、
時間にしたらけして長くはないけれど、僕にとって大切なひととき。

そんな時、僕の手の中にあるのはコーヒーカップではなくて、湯呑碗。
たいてい取っ手はありません。


今回の展示会、基本皆さん取っ手付きのコーヒーカップやマグを出されるのでしょうが、
僕は主催者のご了解を得て、取っ手なしの器ばかりを並べさせていただきます。

もちろんそうすることには、それなりの理由があります。

確かにハンドルがあれば、手には全く熱くはないわけですし、その手を滑らすこともないし、所作だってスマートかもしれません。
でもその際、うつわはツールになっています。

取っ手がなければ、当然ながら手肌で器の胎に触れ、器の肌合いを通して満たされたコーヒーの温度湿度を感じ、
傾ければその液体の動きを一枚向こうにはっきりと感じます。
取っ手がなければ、うつわは身体の延長としての一種アイテムになり得ます。

これは和食器特有の器観・身体観。
そう理解しています。


手で直に持つこと、口を直に付けること、そうした飲食物との関わりを原始の頃から重ねてきた我々は
実は自覚以上に触覚的生物なのかもしれません。

そうした考えから、
本展では、コーヒーを味わうための碗や猪口、高足などを中心に、取っ手を持たない飲用器と
その時間を楽しむためのお供、ケーキや豆菓子に合わせるいくらかの器を出品します。


また今回展示に合わせ自家焙煎するコーヒーブリュワーズBarista Baseさんが珈琲を販売してくださいます。
試飲用にいただいたコーヒーは精製方法にこだわる浅煎りのもの。
深煎りばかり好んでいた僕にとって、このコーヒーはある種のカルチャーショック。
しかも「washed」「natural」って、それ土の精製方法じゃないですか!

コーヒーを、さらにいっそう美味しく飲むには?との試行錯誤は当初から大転換して
我ながら楽しみなラインナップになりそうです。


安達の在廊は初日23wedと26satの二日間限りではありますが、
本気で珈琲をたのしむために注ぎ込んだ心意気を受け止めていただけると大変嬉しいです。

ぜひ百貨店でのお買い回りついでに、覗いてください。
よろしくお願いします。



by aji-kyuu | 2019-10-13 07:21 | 案内 | Comments(0)
物語る器
b0156116_05460175.jpg


安達 健 陶器展

2019.9.21(sat) - 30(mon)
11:00 - 19:00
knulpAA gallery (東京都練馬区)


* 25(wed)休
* 最終日16:00終了




今もまだ千葉県を中心に停電や断水の不自由を強いている台風15号は
僕の住む横須賀にも直撃をしていて、
避難が必要なくらいに、烈しい風雨で風景を一変させたままに過ぎて行きました。

それが呼び水となったのか、昨日から空気が秋の爽やかさを帯びてきました。
寒い、そんな言葉すら口をついてくる朝です。

こうなってくると、この季節。
毎年の石神井個展です。


ここ数年の大テーマになっている「器の演出性」に力点を置きつつも
何も特別ばかりでない、日常をより丁寧に見つめる意識を
今年は大切にしたい。
そう考えたラインナップを携えての、年一東京展です。

以下、DMからの抜粋。



b0156116_05465060.jpg

あっちからもこっちからも
段ボール箱がいっぱいになるくらい
いただいてきた新じゃが。
底が見えてきたら途端、寂しさ。
冷凍庫の隅に眠るいつかの揚げ物と合わせて
まだためしていなかったひと鉢。
ほら、また違った顔。

淡緑灰釉 七寸鉢  小海老とじゃが芋




b0156116_05465958.jpg

お隣さんはお料理上手。
今日は手製の羊羹をお裾分けくださったので、
新茶をいつもより深めに淹れる。
こうしてゆっくりおやつをいただくことも
めっきり減った。
たっぷりとは言わない。
ささやかで良いからこのひと時。

長石釉 汲出碗  川根茶




b0156116_05464025.jpg

忙しない日々の中、
スーパーに並ぶ野菜で時節を知る。
ちょっと早いのは分かっているのだけれど、
黄色い輝きに目がくらんで。
来たる夏に寄せる期待と、仄かな愁いをかじれば
口の中にはまあるい甘み。

緑灰釉 葉形浅鉢、三葉形浅鉢  とうもろこし





写真と添えたテキストは、我が家で日頃本当に営まれている
小さな小さな物語、そのほんの一片。

こうした食事を日々、あるいは時々に重ねていくことが
豊かな暮らしを支えるのだと信じて、本展でも陶器を並べてまいります。


◯ 安達在廊日 9/21,22,23,28,29,30
◯ 在廊日には場内で盛り付けのデモンストレーションを予定しています。
◯ 会期中、内山史さんのお菓子を数量限定で販売します。



その他特別企画 「先行観覧会&盛付についての食話会」 も開催します。
詳細、ご予約はknulpAAから。


美味しい秋がやってきています。
そのお供に、どうぞよろしくお願いします。


by aji-kyuu | 2019-09-14 00:01 | 案内 | Comments(0)
衣食と住まう
b0156116_18232539.jpg

b0156116_18233939.jpg

BYOKA ジュエリー
竹俣 勇壱 金属
安達 健 陶芸
you ozeki 服

2019.9.6(fri) - 9.8(sun)
12:00 - 19:00
OZstudio(渋谷区東1-25-5 フィルパーク渋谷東3F)

渋谷にnew openするギャラリースタジオOZstudio渋谷東にて
ジャンルの異なる作家とデザイナーが集まり、展示・販売を致します。




HPへの掲載はなかったのですが、今月になって急遽決まった展示会です。

僕は大学在学中、学内サークルにてやきものに取り組んでいたのですが、
専攻は映像科。
実はその以前から、学外の仲間達と映像制作団体なるものを組んで、いわゆる自主制作映画を数本作っていました。

その当時の同郷の友人、今は映像業界で着々とキャリアを重ねているわけですが
彼の奥様が自身のブランドで服を作っていまして、
この度、自社スタジオを新たにオープンするということで展示会を開催するという運びに。

そこでかねてから僕の展示会に顔を出してくださっていたご縁で、お誘いくださったのが本展。

普段僕のものが並ぶうつわ屋やギャラリーとは趣が異なる空間で、
しかもうつわに限った取り合わせではない展示会。

とはいえそもそもが、
共に「住」という箱の中の内容物である「衣食」の間を分かつことに無理があるというもの。
いつも以上に、日々の暮らしの中にあるうつわ、あるいはうつわが醸す暮らしが見えるのかもなあ
と思っております。

残念ながら僕安達は会場に詰めることができませんが、
渋谷駅や代官山駅から十分徒歩圏内。
ぜひ覗いてみてください。

会期短いので、お見逃しなきよう。


by aji-kyuu | 2019-09-02 17:01 | 案内 | Comments(0)
酒を嗜む
b0156116_16493037.jpg
b0156116_16491399.jpg


お酒をたのしむうつわ 展

2019.8.21 wed - 27 tue
会場:銀座三越7階 リミックススタイル/和食器
営業時間:午前10時 〜 午後8:00

企画:うつわ謙心
参加作家:
安達健[陶]/井倉幸太郎[磁]/伊藤由紀子[磁]/岡崎慧佑[陶]
片瀬和宏[陶]/鈴木努[硝]/岳中爽果[陶磁]/中野知昭[漆]/村上慶子(Sabi-nuno)[錆染]



毎年末から年始にかけて参加させていただいていた酒器テーマの展示会。
今年は真夏の銀座にて企画されています。


良い酒のうつわとはどんなものだろうか。
日本酒に絞っても、その呑み方、楽しみ方は人それぞれで
趣向の凝らし方まで持ち出せば際限無し。

そんな特異な酒器の世界に、作家としてうつわを提案するというのはなかなかに難しい。

今回、作家仲間との勉強会においても取り組んできた酒器について、
「旧くはもっと多様だった」という観点で、そのほんの一部ともいうべき器たち、
イコールそれはたしなみ方の多様性をも映している器たちを改めてお伝えしたいと思っています。


当展の中だけでも様々な素材を用いた酒器等、バラエティに富み、力ある作家たちのものが並びますし
何より百貨店。
真夏の避暑にもなることでしょう。

安達の在店は初日の21(水)と24(土)の二日間となっています。
何かのついでで構いません。
どうぞお越しくださいませ。



by aji-kyuu | 2019-08-14 21:48 | 案内 | Comments(0)
夏の向こう
日毎増していたまとわりつくような湿気。一昨日から急激に高まってきた気温。
ジリリとした日差し。
遠くに聞こえる蝉。

ようやく訪れた夏です。


この数年、イベント出展などでご縁を育んできた西の地で
初めて個展をさせていただきます。


b0156116_06122135.jpg
b0156116_06121109.jpg
b0156116_06123121.jpg

「安達健」陶展

2019.7.30 tue → 8.25 SUN
10:00 〜 18:00
定休日 毎月曜日

うつわ楓 (香川県丸亀市)



瀬戸内海に面する中讃地域の要所丸亀にて、四国における初個展です。

やはり香川でのイベント時に出会ったのがご縁で、数年を経て繋がりました今回。

四国らしい平らな見通しに、ぽこっぽこっと小山が目に入る幹線道路沿いに
ガラス張りの平屋にて美容室と空間を共有するかたちで構えるうつわ屋さんです。

なかなか機会のない西方での展示ですので
現在取り組むいくらかのシリーズを、定番化している変形のアイテム中心に並べる予定。

ただ、画像で気づく方もいらっしゃるかもしれませんが
緑灰釉としているものの焼きを、これからの季節に合わせ茶系に寄せていまして
それが今回の取り組みの一番のポイント。

夏の向こう側。
まだ見える気配はしようもないですが、
やがて訪れる秋に想いを馳せ、窯と遣り取りしてみました。


安達は8月3、4日の二日間横須賀より在店に駆け付けます。
この両日とも、僕の器にて「極上煎茶」を体験していただくイベントを企画していただいています。
美味しいお茶の淹れ方はもちろん、器の性質によって変わる茶味をお伝えできれば幸いです。


この時期瀬戸内では芸術祭も開催中。
ぜひぜひお出掛けください。


by aji-kyuu | 2019-07-26 06:47 | 案内 | Comments(0)
記憶から記憶へ
b0156116_22213117.jpg

安達健
記憶媒体

2019/6/22 SAT - 6/30 SUN
12:00 - 18:00
会期中無休

Quwan (大阪市浪速区)



大阪で数年前に開かれたお店、Quwan
僕と同年代のご夫婦が営まれている「うつわや」です。

一昨年お会いした時から互いに共感し合える部分が多くあり、
また互いの活動や思考そのものに興味を抱きあい、幾らかのやりとりを重ねてきました。

そういった下地のうえで、この展示会を催します。


今回も先月の渋谷展と同じく「灰〆」というシリーズに絞った展示となります。

この灰〆、耐火度の高い陶土の表面を灰で焼き締めるというもの。
一見すると御影石のような特異な質感から、特殊なやきものと思われがちですが
僕の他の仕事と同様に、その工程は到ってシンプル。
土の性質を感じ、そこへ歩み寄るスタンスで造形を、焼成を選び取り、陶に結んでいく行為。
たまたまあの日出会った土が、灰〆になることを知っていた、それだけのこと。

ただその見慣れない印象ゆえ、多くの受け手の意識は表層にとどまりがちであったのも事実で、
それを避けたいがために極力簡素な、それでいて土の性を抑制しない造形を求めてきたのですが
Quwan三好さんは、始めからそのファサードを軽々と踏み越え、深みに潜って来てくださいました。

その先にこそ、本当の魅力がある、と。


以前にも述べましたが、正直灰〆に絞る展示はリスクも大きい。
誤解を生みやすいシリーズではあるのです。
この方々のお力をお借りできるのなら、との大阪灰〆初個展です。


せっかくですので、さらに長くなってしまいますが
店主達が編んでくださったイントロダクションがあるので、ここにも転載させていただきます。
自分以外の方が自身の言葉以外の言葉でもって自身を語ってくださるのは、
照れ臭いながらも、とても有難いこと。
以下是非ご一読ください。


脈々と受け継がれる記憶は
其の形を媒体とし在り続ける。
手の中、日々の生業、意識の先に。

安達健さんは1983年生まれ、武蔵野美術大学で映像メディアを専攻し同時期から陶芸を初めました。
懐石の器を研究し料理の盛りどころが意識された器は、料理が美しく見える食卓の器として定評があります。
そんな作品群の中に灰〆(はいしめ)と呼ばれる器があります。
灰〆はコンクリートや石のような外見であり、ただ存在することを是とするような佇まいの器です。
今展ではこの灰〆の器に焦点をあて彼の器の魅力に近づきます。

土を精製する中で様々な事象と出会うと語る安達さん。
それは土の中に紛れ込んだ草木や生き物、時には新たに芽吹こうとする種子であったりします。
一つ一つに意識を向け、土に記憶された情報を読み解く。
そうした膨大な情報、色形、性質はもちろん、癖や素材のエゴまでを抱え、違った形に映し変えようとする表現こそが
安達さんの器の魅力だと考えます。

灰〆の器には一般的には単体で使用しない陶土を使います。
癖のある土は熔けた釉薬を吸収し石の様な姿へ変容します。
灰〆は薄弱をよしとせず、実直でまっすぐ。私達が歩み寄る必要がある器なのかもしれません。
それは土が安達健を媒介し情報を具現化した形、多くの記憶を内包した確かな器の姿をしています。
食卓の器を含めすべての作品は同様のプロセスを経て形を与えられているはずです。
それが表層にまでより顕著に表れるのがこの灰〆なのです。

器という媒体に記憶された情報は私たちの感性を深く刺激してくれます。
安達健さんの器をぜひこの機会にご覧ください。



b0156116_22253599.jpg
b0156116_22254783.jpg

安達在廊日 22(SAT), 23(SUN)




by aji-kyuu | 2019-06-12 07:25 | 案内 | Comments(0)
下半期展示会等スケジュール
いよいよ夏を思い出させる、一足早い日々がここ横須賀にもやってきました。
なんだか毎年苦慮する梅雨のことなど忘れてしまいそうです。


先日まで渋谷で開催していました二人展も無事終了。
お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

自分なりに挑戦ができ、その反響も良しにつけ悪しにつけいただけた今回。
次に、来年に繋がるヒントとモチベーションを育むことができました。


この仕事のハイシーズンとなる今月を過ごすと、一般的には多少の落ち着きを見せる時期になるはずではありますが
お陰様で今年はこの先に初めての地域での展示会が続き、
また秋の慌ただしいシーズンへと雪崩れ込みます。

2019年下半期のスケジュールを更新しましたので、ご確認ください。

2019年下半期 展覧会予定


気付けば今年も折り返し。
これまで続けてきたこと、新しく始めたこと、
幸いにして折り重ねることができています。
有難いこと。

弛まず一糸一糸編み上げていきますので
どうぞご注目のほど、よろしくお願いします。



by aji-kyuu | 2019-05-25 23:29 | 案内 | Comments(0)
卓上に空間を立ち上げる
明日、いよいよ倉敷入り。
安達健の陶器の世界をぐるり一周お見せするつもりで参じます。
ぜひ覗きにいらしてください。


倉敷からとって帰って翌週木曜からは、ここ数年力を入れている灰〆展。

b0156116_12052332.jpg
b0156116_12060592.jpg


安達健(灰〆)
フクオカタカヤ(komorebi)
二人展


2019.5.16THU - 21TUE
11:00 〜 20:00
LAST DAY - 17:00

うつわ謙心 (東京都渋谷)



先日十周年を迎えた渋谷のうつわ謙心さんにて
3年目となる二人展です。

毎度書いておりますが、
「灰〆」と呼んでいるやきものがお客様の食卓で、料理屋の厨房で活躍の場をいただいているのは
ひとえにうつわ謙心さんのお力があってのこと。
直接に間接に、この少し変わった器を作り続ける機会と勇気をいただいております。

そんな器屋で、今回また新たな挑戦をさせていただきます。

灰〆というシリーズは、他の陶器とさしたる違いのない工程を踏んでいながら
利用する素材が(土が)若干変わった性質を持っており、
それを最大限に前面化するための取り合わせを僕自身が選んでいることから
現在巷で目にしやすい陶器の中では、あまり見られなかった質感を実現しているものです。

そういった特徴は翻って見れば、陶器としての、食器としての多少の制限を受けるということ。
そのため、これまで作る器の形状の多くは板状、箱状のものでした。

灰〆以外にも多様な食器を自覚的に作っている僕としては
この制約は正直とても苦しいもの。

そんな今回、事前に謙心さんからいただいた課題に向き合う中で
このシリーズの最適解のようなもの、考え方を見出せた気がしています。

普段から述べている盛りどころ、器の空(うろ)の部分。
そこをどう形取ろうか、と。


まだまだ途上ではありますが、灰〆に新しい光が差してきたように
我ながら思っています。


灰〆シリーズに絞った今展。
お相手してくださるフクオカさんもまた、振り切った造作を見せてくれます。

僕安達の在廊は初日16(木)、18(土)、19(日)の三日間

うつわについて、やきものについて、
知りうる限りを解説します。

よろしくお願いします。



by aji-kyuu | 2019-05-10 17:03 | 案内 | Comments(2)
山瑞々しく、海碧々と
b0156116_16162131.jpeg

Hayama・
北欧・
暮らすもの 展


5月2日(Thu) - 5日(Sun)
5月16日(Thu) - 19日(Sun)
11:00 〜 17:00 Open
at plus eitch (神奈川県葉山町)

[作家・ブランド]
カリン・カーランダー (デンマーク)
インゲヤード・ローマン (スウェーデン)
Hirahara Aiko
安達 健
神永 匡崇
コスタボダ (スウェーデン)


+Hは葉山一色の高台にある小さなスペースです。
北欧の素材からこだわったリネン・ガラス。
葉山近郊で活躍する作家の陶芸・木工・モビールなど、
普段の暮らしにまつわるこだわりのものを揃えました。
日本の工芸品は今回のために丁寧な手仕事で作られています。



葉山の最も葉山らしい一色に新しいスペースがオープンします。

ここのオーナーさんと初めてお会いしたのは、もうかれこれ5年近く前のこと。
人づてにご紹介いただき、時に展示会などでお顔を合わせお話を重ねてきました。
長く温めていらっしゃった場所がいよいよ開かれるということで、お誘いいただいた今回。
僕自身とても楽しみにしています。

これまでお付き合いしてきたお店や店主さん方とはまたちょっと違った背景を持っていらっしゃり
思い描いておられるビジョンもまた、違った像を映しているように感じられ
僕の作るものの中の新たな側面をライトアップしてくれるのではないか、と期待しています。

今回、この季節の葉山を巡る一大イベント「葉山芸術祭」に合わせ企画された展示会では
オーナーさんの縁深い北欧ものと、数名の近隣作家のものとがコーディネートされるとのこと。


器好きでなくとも、暮らしを丁寧に紡いでいきたい、と思う方は
ぜひこの新緑眩しく、海風柔らかい季節に葉山へおいでください。

なお安達は3日夕方までの時間のみ会場にてご説明などさせていただきますので、
どうぞよろしくお願いします。



そしてもう一件。


b0156116_06510654.jpg

フィールドオブクラフト倉敷2019

2019年5月11日[土] - 12日[日]
10:00 〜 17:00 二日目は16:30
倉敷市芸文館前広場(岡山県倉敷市)
公式HP



もの作り文化のまち倉敷の美観地区に隣接する公園にて開催されるイベントに出展します。

こういった大きなクラフトフェアに出展するのは久しぶり。
そもそも四国を除く関西以西で展示することすらかつてないこと。
貴重なご縁をいただきました。

屋外にテントを並べ、様々な作家が自身の仕事を自身のプロデュースしたブースでアピールする。
素材もとりどり、およそ80組の作り手が集うので、もちろん見応えは相当なもの。
かつ、フィールドオブクラフト倉敷では各作家が作品ディスプレイにとどまらず
素材や道具の資料展示のほか、ワークショップや制作実演など、
ものの少し先、少し深みをお見せする工夫を準備しています。

安達のブースでは、「作る」以前の土の展示や、
「作る」以降の「使う」提案としての盛付デモンストレーションを予定。
器をうつわに昇華する方法をお教えします。

二日間限定のイベント。
遠方からお越しいただく価値十分な場となるはずですので
是非是非足を伸ばしていただけますよう。

よろしくお願いします。



by aji-kyuu | 2019-05-01 06:55 | 案内 | Comments(0)