<   2019年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
暮らしの容れ物
小さな家族が増え、早一年が経とうとしています。

ここ数年、勉強会などで「向付」について研究していたこともあり、
僕の器の展開は、銘々使いの皿鉢へ大きく傾いていたと思うのですが
三人で食卓を囲めるようになってくると、
さすがに毎食銘々に盛り分け、ゆるり落ち着いて、というようにいくはずもなく
必然、慌ただしく口に運ぶその真ん中で中皿鉢がどっしり受け止めるという光景も
度々となってきました。

そんな我が家の食べごとの変化に気付く今日この頃。
今や地元ともいうべき横浜にて、今年も個展をさせていただきます。



b0156116_21561217.jpg
b0156116_21544337.jpg


安達 健 陶展

2019年2月2日(土) - 11日(月) *定休日6日
11:00 〜 19:00 (最終日17:00まで)
sumica栖 (神奈川県横浜市中区)

毎日使いたくなるうつわ…。
伊賀地方の原土をていねいに精製して作られた、
土の味わいが感じられるシンプルなうつわです。
和も洋も受け止めてくれる
新鮮な感覚をお楽しみください。




いわゆる和食器としてフレーミングされがちな僕のうつわ群に
「和も洋も」というニュートラルな感覚を見出してくださった店主さん。
そのご期待にも応えるべく、
今回は中くらいで、盛りどころがやや広い、汎用性の高い器をいつも以上に充実させて、
緑、淡緑、黄や茶など、灰釉ものの定番から、新作もいくつか発表予定。

なお今回の装花は久しぶりに小林真夕さんにお願いしました。
きっとsumicaでも素敵な空気を形作ってくれるはずです。
それも大きな見どころ。


さて僕の在廊は
息子の誕生日にして展示会初日の2日、そして3日、9日、10日、11日、の五日間。

山下公園に中華街、KAAT(神奈川芸術劇場)に赤レンガ倉庫 etc.
ギャラリーは冬のお出掛けに最適な街にあります。
ぜひぜひお出掛けください。


よろしくお願いします。
by aji-kyuu | 2019-01-25 22:44 | 案内 | Comments(0)