人気ブログランキング | 話題のタグを見る
丁寧にファストに
丁寧にファストに_b0156116_21550925.jpg


どんぶり展
2021年2月20日(土)− 27日(土)
11:00 am 〜 6:00 pm(最終日5:00pmまで) 会期中無休
PARTY(東京都駒場)
安達健、阿部春弥、稲村真耶、田谷直子、長谷川奈津

あつあつふーふーが嬉しい季節。
どんぶり、小どんぶり、ちょっとラーメンどんぶり。
個性もサイズもさまざまなどんぶりたちが揃います。




三寒四温。
暖かくなってきたような、まだまだ寒いような。
お向かいの梅はポツポツその白い小花を咲かせ始めたけれど、
ストーブの灯油は切らすことができない。

この時期の毎昼食は、和のファストフード、温かなうどんが専ら。
安価で、早くて、バリエーションを作りやすくて、それでもって幼児が好む。
ついでに片付けも容易いのだから、仕事の合間にはもってこい。

そうしたわけで、我が家のうどん鉢、丼の食卓にのぼる頻度は
きわめて多い。

そんな「どんぶり」にぐっとフォーカスした展示が開催されます。


どこまで多様な丼が作れるか、丼だけで展示が成立するのか、
いささかの不安も否めませんが、
ご一緒する方々は定評と実力のある方ばかり。
きっとPARTYさんでしか為し得ない貴重な機会となるでしょう。


安達は初日のみ在廊しますので、ぜひ覗いてみてください。

もちろんご時世に沿ったご準備と対応はお願いします。


お待ちしています。


# by aji-kyuu | 2021-02-12 22:31 | 案内 | Comments(0)
明日にこそ
寒中お見舞い申し上げます。

松の内が過ぎ、ご挨拶が遅くなってしまいました。


明日にこそ_b0156116_18444896.jpg
明日にこそ_b0156116_18445961.jpg


うつわ 勉強会基 定期展示会00 「向付と酒器〜心をつなぐうつわ展」

2021.1.15 fri 〜 17 sun
10:00 〜 20:00  最終日17:00まで
OZ studio (東京都渋谷区)

アサ佳・安達健・安藤友紀・石黒剛一郎・江口智己・神永匡崇・木村元・新道工房・竹下努
中西申幸・名古路英介・前田薫・松永真哉・貫井美保子・渡辺信史




この度、立ち上げに携わり、以降数年来活動を続けてきた「うつわ」の研究会 基(もとい)の
東京における初のセルフプロデュース展示会を開催させていただく運びとなりました。

器のもともとの意味、存在意義、忘れ、失われつつある潜在的な力と、与えられてきた役目。
そうした、暮らしを当たり前に支えてきた器の質を丁寧に見つめ、今あらためて問い直すために
時に歴史を遡ったり、議論を重ねたり、また作り手として使い手として、自らの身体で考えてきました。
その成果とまでは結べなくとも、ひとまずの経過報告をと、本展を企画しました。

これまでになく、内側に、茶飯なことに目の向く日々。
一過性の出来事に終わりそうもない現在を鑑みるに、
暮らしの真ん中である食べごとは、そしてその受容器であり発信地である食器は、未来を拓くと信じています。
ぜひこの場に身を浸して、共に明日を想像していただきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。


* 1月7日緊急事態宣言発令となりましたが、様々な情勢を鑑み、現状の我々に可能な限りを尽くした形で決行することとしました。
ご理解のうえ、ご無理ない範囲でお越しいただけましたら幸いです。




うつわ勉強会基(もとい)
オフィシャルサイト https://utsuwabenkyoukai.wixsite.com/motoi
オフィシャルインスタグラム https://www.instagram.com/motoi.utsuwa/
# by aji-kyuu | 2021-01-08 23:40 | 案内 | Comments(0)
もう見えてきました。
なんだかんだと、時は着々過ぎるわけで
新しい年の足音が聞こえてきました。


令和3年、2021年の上半期スケジュールが出ましたので
お知らせです。



積み上げてきた場所での新たな挑戦と
初めましても。


来年もまた充実した年になりそうです。

引き続きご注目のほど、よろしくお願いします。


# by aji-kyuu | 2020-11-29 22:56 | 案内 | Comments(0)
器便り
器便り_b0156116_22505205.png


基 向付展

2020年11月7日/14日/21日/28日
10時-16時
Oogi (福岡市中央区)

安達健・江口智己・片瀬和宏・新道工房・竹下努・中西申幸・松永真哉




ご存知、僕も立ち上げ当初から参加しているうつわ勉強会基(もとい)のメンバーの展示会。

なんと会場が九州は福岡。

ひょんなことから実現したこの企画。
実は店主井出さんとはなかなかに古くからの知り合いでして。(過去記事)
大阪の堺で営んでいたクラフトとカフェの名店にて、
僕自身デビュー間もない頃に個展をさせていただいたご縁。

それも調べると2012年だから、かれこれ10年になりますか。

曲折経て、井出さんは福岡で新たな展開を、
僕はというと、横須賀にて相も変わらない日々を、
互いに重ねてきたわけで
その歩みが今になってまた、こうして交差すること
本当に嬉しく、感慨ひとしお。

僕はどうなりましたか?
成長していますでしょうか?

今回に限っては、作った器が便りのひとつ。

そんな心持ちです。


九州は初展示になります。
向付という少々小難しく思われがちな陶器ばかりを少量ですが、
安達のエッセンスを多様な器形に存分に込めて、
日常にも平気で入れられる素朴さを大切に象っています。

また安達以外の作家陣も、実力ある方々。
見応えある展示会となるはずです。

お近くの皆様、どうぞよろしくお願いします。

# by aji-kyuu | 2020-11-04 23:26 | 案内 | Comments(0)
リアル

安達健(灰〆)× フクオカタカヤ(komorebi)
二人展


2020.10.22thu - 27tue
11:00 〜 20:00
Last Day - 17:00

うつわ謙心 (東京都渋谷)


リアル_b0156116_05394153.jpg

リアル_b0156116_05395640.jpg


ここ数年、五月に開催させていただいているフクオカさんとの二人展。
今年も、困難な状況下にもかかわらず
店主の尽力で「WEB展」として実現していただきました。

ただ、いかなる工夫をしたとしてもやはりそこはうつわ展。
イロカタチにとどまらず、触感への意識を強くする食器文化を背景に
オンライン上の情報のみでは思うように伝わらないことも多く、
とりわけ僕の器などは一層の分かり難さも手伝って、正直申しまして厳しい結果でした。

そんな中、店主さんの「どうしても手に取って見ていただきたい」との計らいで
実店舗でのオフライン、あえて言うなら「リアルな」展示会を企画し直していただきました。


五月の情勢を思い返せば、大きく異なってきているとはいえ
未だ新型コロナ禍。
もしかするとこの先、終わることのないコロナ下を生きていくこととすれば、
生活様式はもちろんとして、こうした発信の様態も最適解を編み出していく必要があるわけで
まだまだ模索は続きます。

ともあれ作り手としては、
だからといって生活における良き器が変容するわけでもなく
作るもの、作るスタンスに大きな手入れはないのですから
展示会として、発信の場として
これまで同様、僕なりのチャレンジをさせていただきます。

この「灰〆」というシリーズ、その稀な質感から数年来
板、球、といった抽象性を伴うプリミティブな造形を意識して展開してきました。
そこで前回は少し飛躍させ
蓋ものという機能的な制約はありつつも、オブジェクト要素の強いものを、
そして今回はその対極に置けそうな、用途の見える器を中心に構成することにしました。

こうした社会状況下において自分が提案できるとするなら
それを特別なものごとの中には見つけ難く打ち難く、
むしろ日常の中に差し込む非日常、
当たり前を細やかながらに揺さぶる、これも一つのリアル。
そういうことなのだろうと、半年過ぎた今改めて予感しています。

また前回からトライしているフクオカさんとの共作、コラボも新作を出品予定。
「コラボレーション」というよりは、越前と横須賀
往復書簡のようなやり取りで仕上がってきています。


安達の在廊は22(木)、24(土)、25(日)の三日間。
土曜はフクオカさんも揃います。

よろしくお願いします。

# by aji-kyuu | 2020-10-15 07:30 | 案内 | Comments(0)